最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 体育祭報告書 | トップページ | 雑誌 »

2008年9月23日 (火)

恩師

Jr.Ⅰはまだ中学1年生ですが、
すでに恩師と呼ばれる人が3人もいます。

尊敬する人の一番は両親と言っていた。
“ 当然じゃん ”と言った言葉には
重みは感じなかったけどなぁ~

この場は彼の言葉を信じよう!



まずは当然のごとくミニバスの監督であったN監督とHコーチ。
N監督は周囲の人から見ると、とても怖い監督の印象が強いらしいけど、
全く勘違いで、こんな人間味のある人はなかなかいないと思う。
もちろん試合中は勝敗をかけているので
強い語気で叱ったり、時には手を出す時があります。

もちろん今はそんなことできませんが、
Jr.Ⅰも全国大会の練習の時に思いっきり叩かれた。
その後、自分が悪かったと猛省しました。


けど、コートや体育館を離れるとなぜか
子供たちはN監督の周りに集まる。
以前、練習試合に行った時、
試合の間に寝そべって
N監督が中学バスケットボールを読んでいたら
次々と子供たちが同じように寝そべって
一緒に読んだこともありました。

そんなN監督を本当に上手に補佐したのがHコーチ。
N監督の言ってる事をやさしく、噛み砕いて
子供に助言してくれました。
時にはN監督の相談相手にもなっていました。


あともう一人います。3、4年生の時の監督だったコーチJさんです。
Jr.Ⅰは4年生にBest Memberを
残り2つのイスを3人で争っていました。
最初は順調にBest Memberに入っていましたが、
夏頃から彼ははずされるようになってしまいました。
スランプもあったけど、
当時の彼は大きな壁にぶつかっていました。



「 こわい sign03 」


そう、ミニバスはサッカーのように
年齢でカテゴリーが分かれず、
体の大きな6年生とも対等に戦わなければなりません。

体が小さい彼にとってはドリブルで突っ込んでくる basketball
体の大きな6年生に対して恐怖感を持つことは 
w(゚o゚)w
至極、当然だったと思います。
ミドルシュートが彼の持ち味だったのが
次第にそれさえも打てなくなって逃げのバスケしか
やらなくなってしまいました。sweat01


そんなときにもコーチJさんは暖かい目で
Jr.Ⅰに指導してくれました。
そう、彼は技術が足りなくて
Best Memberを落とされたわけじゃなくて
ただ自信を失っただけだから・・・


おかげさまで彼は復活して
浜松アリーナでの県大会の決勝で優勝したコートに
Best Memberとして立つことができました。 scissors 
ヤッタネ!
あの感激は今でも忘れません。

子供は普通だったが親が号泣してしまって
回りから笑われてしまった。happy01



年齢が私より2~3才下で
どうも監督という感覚より友達(失礼)に近い存在ですが・・・

そんな周囲の強い支えがあって
今日のJr.Ⅰの存在があります。

一言忠告です。
お酒の飲みすぎにはもっと注意しましょう。

バスケバカの誕生です。

そういえばコーチJさんの息子もバスケバカで
さしずめうちの息子はバスケバカ2世ということか・・・!?


« 体育祭報告書 | トップページ | 雑誌 »

バスケットボール」カテゴリの記事

コメント

ちょっとガラガラ声のHコーチ ・・・
昨年など良く海で会いました ・・・
そう、サーファーなんです。
KTのOBの息子さんと良く来てまして ・・・ 笑
海で、これからのオヤジサーファーの正しい有り方など
話したものです ・・・
ただ、招待大会の当日の朝、波情報を聞かれると、
緊張感が一気に吹っ飛んで、ただの波乗りオヤジに戻されて
しまうのが、困ったものですが ・・・ 爆

canさん>ご来店ありがとうございます。
確か昨年秋の志太榛原招待試合で私とcanさんとHコーチの3人で話をしたような気がします。しかも試合前のコートアップの真最中だったような気がします。
私からもいつまでもいい波乗り仲間でいて頂けるようにお願いします。
学生時代にバイト先のサーフィンが好きだった社員の人もそう言っていましたけど、なぜサーフィンをする人はサーフィンと呼ばずに波乗りと言うんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/23945898

この記事へのトラックバック一覧です: 恩師:

« 体育祭報告書 | トップページ | 雑誌 »