« Cステージ大会 第3節 | トップページ | TWINS »

いつまにか少女は

長女が髪を切りました。
背中の中程まであった長さをばっさりと
ショートカットにしました。

年頃の娘が髪を切ったと聞くと =失恋 とひらめいた殿方たち。
そんな考えは本当に古いですよ。


実は・・・
先日おこなわれたおだっくいまつりのために伸ばしていたのです。
彼女の髪は密度が濃く、
長くするとボサボサになってしまい、
収拾がつかなくなってしまうのです。

学校では当然そのままでは
×なので
毎朝30分くらいかけて髪の毛を手入れして
しばってから出かけます。

美容院から帰ってきた彼女を見て
髪型のせいかもしれないけど、
“ 堀北真希 ”に似ている・・・そう思ったのです。



これは決して親バカではなく家族全員が思ったのです。
でも、学校では言われなかったみたいだから
いや、やっぱり家族バカと呼ぶべきなのか・・・
正確に言うと
ほんの少しだけ間延びした堀北真希かな?


でも、そんな姿の彼女を見てなんか



あ~、彼女も少女から大人の階段を登り始めたんだなsign03



と、



センチメンタルな気持ちになって



初めて   少し   ドキッheart02と   感じました。




君は静かに音も立てずに大人になった・・・


君は季節が変わるみたいに大人になった・・・



いつのまにか少女は    by 井上陽水

|

« Cステージ大会 第3節 | トップページ | TWINS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/24116562

この記事へのトラックバック一覧です: いつまにか少女は:

« Cステージ大会 第3節 | トップページ | TWINS »