« 引退 | トップページ | 親切連鎖 Vol.2 »

2008年11月 3日 (月)

親切連鎖 Vol.1

それはまだ私が結婚する前の
そう、近所で私が【 若 君 】と呼ばれていた頃の話です。
つかみはこれでOK?

当時付き合っていた彼女(今の奥様)の家に
遊びに行った時の出来事でした。

彼女のうちに行くにはちょっとした山道を通ると
近道になるのでしょっちゅう利用していました。
事件は彼女の家から帰るときにおこりました。

やはり浮かれていたのでしょうか?
下り坂の右カーブをスピードを出しすぎて曲がりきれず、
側溝に車の左側が“ガガガガガ”と当たってしまいました。
幸いに車自体には大きな損傷はありませんでしたが、
タイヤが当たってしまったためパンクしてしまいました。

早速ジャッキを出してスペアタイヤに交換しようとしましたが・・・
あれっ  ジャッキがない???

しまった  そうだ 

日曜日にタイヤのローテーションを自分でやって
ジャッキをしまうのを忘れていたんだ
がび~~~ん

深夜の山道に私はポツンと取り残されてしまいました。
今みたいに携帯電話はまだ普及されていない頃のことです。
途方に暮れて一人ポツンと座り込んでしまいました。
遠くに見える街の明かりが私の気持ちを
一層落ち込ませてしまいました。



さあ、このピンチをOsugiはどうやって克服したのでしょうか?
長編になるので今回はここで終了とさせて頂きます。
お楽しみは明日にとっておきましょう。



|

« 引退 | トップページ | 親切連鎖 Vol.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親切連鎖 Vol.1:

« 引退 | トップページ | 親切連鎖 Vol.2 »