2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« Unhappy birthday | トップページ | 現実は »

2009年1月 8日 (木)

亀田三兄弟 Ⅱ

改めましてあみさん、コメントをありがとうございました。
私は亀田三兄弟を批判したり、非難する目的で書いた訳
ではありません。
まず、そこのところをご了承ください。

私が子供の頃に夢中になったものの一つに格闘技があります。
私が子供の頃の格闘技といえばプロレス、相撲、柔道、
そしてボクシング(キックを含む)でした。
特にプロレスには夢中になって“あれはショーだ、インチキだ!”
なんて家族にバカにされてもテレビに釘付けになって見ていました。
ですから格闘技全般に対して思い入れは他の人より多いと思っています。

前置きが長くなりましたが、
そのスポーツがメジャーになるためにはスーパースターの存在は不可欠です。
北京オリンピックのソフトボールの上野選手、
フィギア・スケートの浅田選手などを見て感動し、あこがれを感じ、
そのスポーツをやってみようと思う人が増えて徐々に盛んになっていきます。
私が携わっているバスケットボールは・・・残念ながら田臥選手しかいません。

だから亀田三兄弟はボクシング界にとってお客さんを呼べる、
お客さんに夢を与えてくれるボクシング界を盛り上げてくれる
一枚の切り札だと私は思っています。

ですから私は彼らを“タレント”と思わないで“選手”として捉えています。
タレントでは彼らに失礼でしょう?
そんな選手だから社会人として模範的な行動を取るべきだと考えます。
傍若無人に振舞って強ければ何をやってもいい、何を言ってもいいでは
世間一般としては絶対に通用しません。
むしろ強いからこそ人の範となって行動するべきだと思います。

以前の記者会見の態度や内藤選手と大毅選手の試合など。

彼らはマスコミの注目度、露出度が多いのですから青少年に与える影響が
他の選手より大きいと思います。
その点は三人の子供を持つ親として一番気になるところです。
そういう意味で修正してほしい気持ちを書いた訳です。

だから
三人にはみんなの夢であってほしいのです。
三人にはみんなの宝物となってほしいのです。
三人にはみんなのあこがれとなってほしいのです。
三人にはみんなの希望となってほしいのです。
具志堅選手(古い?)のように何回も防衛してほしいのです。
彼らはその素質を持っていると思います。
あのモチベーションは格闘家として絶対に必要なものだと思います。


長男の興毅選手でさえ20歳そこそこ、
まだまだこれからが長いし、伸びしろは充分にあります。



がんばれsign01  亀田三兄弟sign03

« Unhappy birthday | トップページ | 現実は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/26926557

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田三兄弟 Ⅱ:

« Unhappy birthday | トップページ | 現実は »