2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Cステージ大会 第1節 | トップページ | パンクロックの先駆者 »

2009年5月 5日 (火)

製作者の意図

清水の湾岸道路を車で走っていた時のことです。rvcardash
この道は片側2車線の割に道幅が広く、
かえって気持ちよく走りすぎて
アクセルを踏みすぎてオーバースピードになるくらいの道なのです。upwardright

朝、早い時間に走っていたので余計に気持ちよく走っていました。sun
そうしたら私の車を一瞬で抜き去った黒い車がありました。
私の車が制限速度の60km/h+αでしたから
おそらく80km/hかそれ以上出ていたと思います。
その車は抜き去った後もスピードを緩めず、
右へ左へカーレースの車のように車線変更をして走っていきました。

今回は私が問題視するのはその車の車種なのです。


トヨタのプリウス。


トヨタが満を持して造ったハイブリッドカーなのです。
ハイブリッドカーとはエンジンとモーターで走り、
燃費も軽自動車並みの20km/ℓ以上走る車なのです。
つまり環境に配慮した車なのです。
そんな車がレースカーのようにスピードを出し、
危険と思われる車線変更を繰り返す・・・。
なんか製作者の意図が全くわかっていないと思うし、
オーナーも環境を配慮した車とわかって購入していると思うんだけど。
何か急ぎの用事があって急いでいたかもしれないけど
あの運転ではいつ事故を起こしてもおかしくないと思います。

そんな運転をしても次の信号待ちで追いついてしまったし・・・


あわてる乞食はもらいが少ない。
子供のころよく言った言葉です。

PS
5月5日は○○回目の結婚記念日です。
私たち夫婦はゴールデンウィークに式を挙げました。
いろいろな意味で仙人の域に達した感のある私たちです。
こんな夫婦ですがよろしくお願いします。

« Cステージ大会 第1節 | トップページ | パンクロックの先駆者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/29336587

この記事へのトラックバック一覧です: 製作者の意図:

« Cステージ大会 第1節 | トップページ | パンクロックの先駆者 »