2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 8月の終わりに向けて | トップページ | サーカスの思い出 »

2009年8月26日 (水)

過去が彼らを強くした?

ウサイン・ボルト選手すごいですね。bearing
世界陸上で世界新記録を出して優勝しましたね。run
100m走で北京オリンピックで出した従来の世界記録を一気に0秒11縮めて
9秒58の世界新記録でした。crown
0秒11の世界って一般素人には何もわからない世界ですが、
100m走の世界ではかなりすごいことらしいのです。
わかりやすく言うと体ひとつ分早いことらしいのです。
200mでも驚異的な記録を出しました。
今度はあのカール。ルイス選手と同様に走り幅跳びに挑戦するようです。

ちなみにウサイン・ボルト選手は
身長196cm、体重86kgたぶん体脂肪率は5,6%くらいじゃあないでしょうか?
比較のしようがありませんが、私の体脂肪率は22%くらいだったと思います。


短距離走などに限らず最近はスポーツ選手の活躍は
黒人の選手で占められていますよね。

NBAの選手だってほとんどが黒人ですよね。

何故黒人の選手がこんなに活躍するようになったのでしょうか?

黒人の選手は基本的に運動能力が高いそうです。
基本的というのは遺伝子学的という意味です。

それに加えて暗い過去が彼らの能力をより高めたとも言われています。
それは彼らは長い間人種差別と闘ってきました。
奴隷政策やアパルトヘイトなどで極端な差別を受け、
筆舌に尽くしがたい強制労働を受けてきました。

表現の仕方が良くないのですが、
そんな扱いを受けていって弱い人は死んでいき、強い人が生き残ったのです。
つまりただでさえ素質がある人種なのに
その中から強靭な肉体と精神力を持った人だけが生き残ったのです。
そして今、生き残った強い人たちの子孫が
オリンピックや各スポーツで活躍しているわけなのです。

あくまでも一説ですから。

ただでさえ遺伝学的に運動能力が高い人種が
より強いものだけが生き残って子孫を残したことです。

人種差別が次第に見直されてきて
黒人の選手にもいろいろな機会が与えられるようになってきました。
スポーツ界は黒人選手ですべての種目の上位を
占められてしまうことは時間の問題かもしれませんね。


人間以外の生き物の世界って弱肉強食の世界ですから、
強いものが生き残って自分の子孫を残すことができるのです。
そうして強い種をつくっていくんですね。

カブトムシは普通に飼うと子孫が次第に小さくなっていくそうです。
黒人の暗い過去がそれに該当したのでしょうか?

バスケット界でも本当かどうかわかりませんが、
中国が身長の高いもの同士を結婚させて
身長の高い子孫を作っていったなんてことを聞いたことがあります。



ウチの場合はトンビが鷹を産んだ・・・でしょうか?
いや鷹ではなくてまだまだ闘鶏のチャボ程度じゃあないでしょうか?
鷹になる日は来るのでしょうか?
気持ちだけはNBAの選手には負けていません。bearing

« 8月の終わりに向けて | トップページ | サーカスの思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/31015371

この記事へのトラックバック一覧です: 過去が彼らを強くした?:

« 8月の終わりに向けて | トップページ | サーカスの思い出 »