2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 恐ろしい事件 その後 | トップページ | 地震 その後 »

2009年9月11日 (金)

クリニック

バスケットボールbasketballのあるイベントに参加した時のことです。
そのイベントの最大の目的はチャリティーです。

その時はミニの試合の後、
bjリーグの選手による小学生用のクリニックがありました。
参加して頂いたのは浜松・東三河フェニックスの
太田敦也選手と藤田弘輝選手でした。

太田選手は206cmもあるセンターです。いやぁ~、ホント大きいですね。
顔がはるか上にあります。
昔アンドレ・ザ・ジャイアントというプロレスラーのあだ名が“人間山脈”でしたが、
太田選手は山のように大きかった。とても同じ人間には見えなかったです。(失礼)



選手とともに楽しい時間が過ぎていき、司会の方がこう言いました。
「クリニックは以上でおしまいです。ご苦労様でした。」note
1時間半に及ぶクリニックは終わりました。
「それから皆さん、これから楽しみにしていたサイン会を行います。dog
ではみなさん、サインをして欲しいものを持って集まってください。」up

パッと散った子供たち。dash

あちこちの方向ですから、ぶつかったり転んだりしている子もいます。impact

子供はボールにサインがほしくて自分のボールを取りに行っているのです。


一瞬でキャーキャー騒いでいて一種のパニック状態になってしまいました。bearing



しかし・・・
次男Sは戻ってきません。enter
奥さまと長男Mは「あいつはいらないんじゃないのsign02
と話をしていました。

パニックはあらかた終わり、順番待ちの長い行列ができ終わった頃
次男Sは戻ってきました。

「選手のサインはいらないの?」
こう聞きました。

すると次男Sはこう言いました。
「選手のサインならもらったよ。」

でも彼は何も持っていません。

「何にサインをしてもらったの?」
と聞くと「ここだよ。」
指したのはTシャツの背中でした。


彼は・・・

サイン会の話になったとたん他の子はボールを取りに行ったけど、
次男Sは一人だけ選手に向かって走って行きdash
Tシャツt-shirtにサインをもらったのです。
そのサインが終わってからボールを取りに行ったのです。
ですからボールを持って並んでいる時には既に二人の選手から
Tシャツにサインをもらっていたのです。

そしてこんなアナウンスが・・・
「時間に限りがあります。これ以上並ばないようにお願いします。」

たぶん、素直にボールを取りに行った子供の中には
一人の選手しかサインをもらっていない子供もいたと思います。

でも次男SはTシャツに二人分、ボールにもう一度藤田選手・・・
延べ三回も選手のサインをもらったのです。



最後に次男Sの言葉。



「ぼくね、


三回も


サインもらっちゃったsign03


しかも二人とも一番だよscissorshappy01




さすがに奥さまと長男Mと私の三人は大苦笑してしまいました。

要領がいいと言おうか、悪知恵が働くと言おうか・・・・

一瞬でこの判断をしたのだから、末恐ろしい大人になること間違いないsign02

« 恐ろしい事件 その後 | トップページ | 地震 その後 »

バスケットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/31175423

この記事へのトラックバック一覧です: クリニック:

« 恐ろしい事件 その後 | トップページ | 地震 その後 »