最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ブービー賞 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2009年12月31日 (木)

ウィンターカップ

し、しまったぁ~sign03

前日は10時には布団に入って熟睡したOsugi。
ハッと飛び起きたのが3:50。
4時に出る予定だったので寝坊してしまいました。
あわてて長男Mをたたき起して荷物を車に入れて出発しました。
こんな時には忘れ物をすることが多いけど、
結果何もなくてよかった。
もちろん前日の支度が良かったからで
寝坊対策(?)が功を奏した?
もちろん準備8割が原則ですから。

前日にまとめられるものは一つにまとめておいたのです。

東名で行って東京体育館に着いたのが7時。
昨年よりも1時間ほど早く着いたのですが
並んでいる列の長さはすでに昨年並みとなっていました(驚)

今回はアリーナ席に。
オフィシャルの後ろの席です。

まずは3位決定戦。
福岡のチームには長男Mが4年生の時に
ミニバスの時のキャプテンだったM君がいます。

試合は立ち上がり福岡大濠の一方的な流れで34-21。
長男Mが“このままいけば120点ペースだね。”と言ったのです。
確かに前半を終わって60-39.

でもそうは問屋がおろさないのがバスケットボールの面白さ。
後半に入ってそれまでほとんど取れなかった
リバウンドが取れるようになって

特にOFリバウンドは全く取れなかったかもしれません。
オールコートプレスの北陸がドリブルやパスをカットしたりして
次第にペースをつかんでいき、
ついに同点で第3ピリオドを終了。
前半と後半が入れ替わったような展開でした。
最後には福岡大濠が逃げ切って3位になりました。
1年生ながらベンチに入ったM君。
片づけをしている時長男Mとほんの少し話をすることができました。

彼も頑張っているようです。
来年にはレギュラーとしてこの舞台に戻ってきてほしいものです。


決勝は昨年洛南に負けて惜しくも準優勝となった福岡第一と宮城の明成。
序盤明成が連続得点で優位に立ちます。
しかし昨年の雪辱を果たしたい福岡第一は奮起して
1点差に追いついて1Pを終了。
2Pの序盤に福岡第一が逆転したものの明成はあわてず、
確実のシュートを決めて36-28で前半を終了。
後半も一進一退の攻防が続きましたが、
終始リードした明成が4Pで突き放して初優勝を決めました。

TAKEさんのレポートにもありましたが、
明成のDF,OFはミニバスや中バスにも通じる感じがしました。
トラジションの速さ、ボールに対する執念は気持ちのいいものがありました。

プロ野球より夏の甲子園大会に夢中になる人がいるように
ウィンターカップに夢中になってしまったOsugiです。
あのひたむきなプレーが感動を呼びますよね。
来年も都合がつけば行きたいと思います。


これで今年のOsugiの一日一歩の記事は終わりです。
一年間皆様の温かい声援によって
支えれられてここまで来ることができました。
本当にありがとうございました。
心から深くお礼を申し上げます。



今まではタイトルどおり一日一回、
一日一歩を目標にして記事を書いてきました。
来年は少々気の向くままに書きたいと思っています。
無理やり毎日書いていると記事のレベルが
下がってしまうような気がしてきたのです。
自分自身もつらくなってきたのは事実なのです。
でもまあ、ボキャブラリーが乏しい私ですから
ここまで来たのが奇跡だったよう気がします。
年が変わるにあたってそんなことを思っています。

Osugiの一日一歩の愛読者のみなさま、
来年は今年以上の良き年になるように
陰ながら応援しています。
よいお正月をお過ごしください。

« ブービー賞 | トップページ | あけましておめでとうございます »

バスケットボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/32787810

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンターカップ:

« ブービー賞 | トップページ | あけましておめでとうございます »