最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« バックギア | トップページ | 言葉 »

2009年12月 9日 (水)

肉じゃが

年齢を重ねるごとに、年月が過ぎていくたびに
特に40歳を過ぎてからは食事の好みが変わってきました。
肉から魚へ、そしてこってりからあっさりへ嗜好が変わっていきました。
焼き魚が食べたいのですが・・・特にさんまやあじ・・・
奥様の気が向かないのとさんまのあの脂がいやだって言って・・・


季節が日一日と確実に冬に、寒くなっていく今日この頃ですが、
やはり時期的にこれからのおかずは鍋物や煮物でしょう。
正確には鍋物とは言いませんが
静岡といえばやっぱりおでんで決まりでしょうgood

さて前置きがとりとめがないし長くなりましたが、
煮物の代表格の一つに肉じゃががあります。
肉と野菜が一つの鍋でコラボして栄養的にも
バランスが取れたおかずだと思います。
問題はこの肉じゃがの肉ですが
牛肉taurusを使いますか?豚肉pigを使いますか?
じゃがいもはメークイーンですか?男爵ですか?


私は基本的にはどちらでもいいのですが、
どちらかといえば肉は豚肉、じゃがいもは男爵でしょうね。
私は煮物系は豚肉、じゃがいもは男爵のほうがあうような気がします。

奥様は食材に関して固定観念がないので、
酢豚も鶏肉で作ったりします。
酢鳥とでも言いましょうか?

今日の夕食は何?と聞くと
牛肉もどきとか○○もどきなんて料理が多いんです。
まあその時の肉の残りの状況と気分で決まるみたいです。
ですから肉じゃがも牛や豚や鳥で作ります。

鶏肉で作ると筑前煮になるのかな?


今回は徒然なるままに書いたので文章が支離滅裂になってしまいましたhappy02
基本的にはどの肉なんでしょうね。

東日本は豚肉、西日本は牛肉らしいですね。

« バックギア | トップページ | 言葉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/32025085

この記事へのトラックバック一覧です: 肉じゃが:

« バックギア | トップページ | 言葉 »