2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« なんて読む? | トップページ | 世の中 »

2010年1月17日 (日)

想像を絶する

今日で阪神・淡路大地震から15年の年月が経ちました。

震度7。

死者約6,500名、負傷者約44,00名。

被害住宅
全壊約10,500棟、半壊約145,000棟、一部損壊390,000棟

被害総額
約10兆円。

東海地震が懸念されるわが静岡県民にとって
身につまされる出来事でした。
まさか静岡県より先にこんな大規模な
そして大都市に地震が起こるなんて思ってもみませんでした。
大阪と京都のほぼ中間に高槻市があります。
そこに友人が住んでいるのですが、
それだけ離れた距離に住んでいても
天変地異が起こったようなそんな強い揺れを感じたそうです。



テレビのニュースでこんなインタビューが流れました。



“あの地震は



太平洋戦争の



あの空襲より



ひどいものだった”





えっsign02




私たちが後世に一番伝えなければならないあの戦争の悲惨さよりも

あの地震のほうがひどいものだった・・・絶句



一瞬のうちに町が、人が変わってしまったショックの大きさを
物語っているような気がします。


阪神・淡路大震災の教訓はまだまだ生きています。
それを少しでも多くフィードバックして
少しでも被害を少なくしたいと思ったのです。

« なんて読む? | トップページ | 世の中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日大震災時の神戸新聞のTVドラマを
見る機会がありました。涙があふれてとまりませんでした。
特に焼け跡でお母さんを探しているという少年に記者が「お母さんは」と尋ねて、少年がお母さんはここだよと桶に入った焼け焦げた人骨を見せた時は、本当にこういったことがあったんだと愕然としました。人事ではありませんよね。震災に備えなければいけないですよね。震災に遭われた亡くなられた皆様のご冥福は勿論のこと、ご遺族の方々の心の傷が癒されますことを心からお祈り申し上げます。

540@父さん>ご来店ありがとうございます。
戦争であれ天災であれ被害にあった方に対して
一瞬で立ち直る言葉はありません。
被災者の方たちにとってまさに生き地獄だったと思います。
ですからわが静岡県民も阪神・淡路大震災の教訓を
少しでも生かすのが使命のような気がします。
でも実際は・・・
何もしていないのが現状のような気がします。

教訓は生かされるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/33014913

この記事へのトラックバック一覧です: 想像を絶する:

« なんて読む? | トップページ | 世の中 »