2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 便利(?)な日本語 | トップページ | 究極の働き者 »

2010年2月27日 (土)

昔とった杵柄

私が小さい頃は言うまでもなく冬は寒くて、
耳が赤くなったり、ほほが寒風typhoonで痛くなったりしていました。
今では地球温暖化のせいでそんな日はほとんどなくなってしまいました。

私は子供のころ、ボーイスカウトに入っていました。
その活動の一環としてスキー教室がありました。
その頃のスキーは今と違って板は確か木でできていました。
ストックもそうだったと記憶しています。
そのおかげでボーゲンくらいは何とかできるようになったのです。


時が経過して奥様と結婚前でラブheart01ラブheart01だった頃、
20年ぶりくらいにスキーに行ったのです。
実は私は寒いのが苦手で子供のころ以来
スキーには行っていなかったのです。
寒いのが嫌いな私が何故あえてスキーに行ったのか・・・
もちろん・・・heart01のせいかな?

当然不安はありました。
でも1時間もすると勘を取り戻して
普通にボーゲンができるようになったのです。




その時に思ったのです。
やはり子供の頃に経験した事は一生ものだと。



このブログをご覧の皆様の多くは
子育ての真っ最中だと思います。
子供の頃の経験はいつかは役に立つ時がありと思います。
色々な事を経験させてください。
可能性を広げてください。
親が気付かない豊かな可能性を秘めているかもしれません。

ウチの子供がまだ小さい頃は休みのたびに
色々な所に連れて行きました。
そしてバスケットボールという
スポーツと出会ったのです。
家の中にいてはそんな機会には巡り合えません。
まずは親のフットワークを軽くしてください。
そうするとその経験、
まいた種(経験)がいつかは花開く時が来るはずです。

« 便利(?)な日本語 | トップページ | 究極の働き者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/33467719

この記事へのトラックバック一覧です: 昔とった杵柄:

« 便利(?)な日本語 | トップページ | 究極の働き者 »