2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 三途の川 | トップページ | 涙の別れ その2 »

2010年3月25日 (木)

涙の別れ その1

3月21,22日と長女の引っ越しをしました。
21日の早朝は強い雨と風typhoonだけでなく、
thunderのおまけまでつきでした。


不安な引越しを予感させる天候でしたが、
出発をする頃には何とか雨風はやんでくれました。
これも日頃の行いのおかげ?

2台の1ボックスカーで引っ越しをしたのです。
買った家電のほとんどは22日に
名古屋に着くように手配してあったので
思ったより荷物が少なくてかなり余裕をもって
車に積み込むことができましたscissors

東名に乗って途中新城、東郷のPAで待ち合わせをして
名古屋インターを降りました。
そのままミニミニに行って正式契約を済ませて
鍵を受け取りました。

長女の住まいはマンションの洋間で
間取りは江戸間の6畳+キッチン+ユニットバスの広さです。
これで○万円とはかなり安い。
仮契約のときに奥さまは家賃を値引き交渉をして
少し安くなったそうですhappy01

現地は天気は回復して晴れましたが、
風がかなり強かったbearing
台風並みといっても過言ではないほどでした。
まあ、雨降りのことを考えたらこれで満足しなければなりません。

荷物を運びながら、家具などを組み立てながらふと思い出しました。
私も高校を卒業して4年間東京に住んでいました。
30年も前の話ですが、昨日のことのように思い出しました。
昨日のことように思い出したこの出来事が
今自分の娘が同じ一人暮らしを始めようとしている
と考えたら娘の成長の早さを感じました。
うまく表現できなくてすみません。



つづく

« 三途の川 | トップページ | 涙の別れ その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや〜、娘さんついに名古屋に行かれましたか。
淋しいでしょ。(笑)・・・自分も2年前に経験しています。
でも、当の本人はそんなこちらの気持ちに関係なくけっこう念願の一人暮らしをENJOYしてたりするものです。(涙)
親離れと子離れ、もしかしたら子離れできない親の方が案外と多いのかも知れませんな。

Osugiさんの最後の方の文面、十分伝わります。
読んでて、自分も30年前を思い出しました。自分は神奈川県でしたが、期待と不安の入り交じったなんとも言えない思いは今もはっきり想い出します。
娘さんにとって、この4年間は一番成長できる時期かと思いますよ。
見守りましょう。・・・長期休みで帰って来る娘もまた良いものです。

さて、残された家族!やんちゃ盛りの男中心生活でこれまでと違う家族の感じになるはずです。これはこれでまた楽しいものです。・・・我が家がそうですから(笑)

ウルトラセブンさん>ご来店ありがとうございます。
自分の身が切られる思い・・・
ってこんな気持ちのことを言うのですね。
確かに子供はどんどんと新しい生活に慣れ、
日一日と成長し、生活をエンジョイするようになるけど、
親が子離れできないことの意味が
再びわかるようになりました。

男所帯となってしまった我が家ですが、
長男Mに今まで何度も“やれ!”って言っていた人も関わらず、
何かしらの理由をつけてやらなかった
家の手伝いも自ら進んでやるようになったのは
思わぬ副産物を得たような気がします(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/33923041

この記事へのトラックバック一覧です: 涙の別れ その1:

« 三途の川 | トップページ | 涙の別れ その2 »