2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

一年の締めくくり

12月26日はバルーンのチームの忘年会がありました。
ウチのチームは本当に仲が良くて
バルーンの練習や大会はもちろんのこと、
小旅行、バーベキュー、お花見、そして忘年会などの
イベントがたくさんあります。
何とか理由を作ってお酒を楽しみたいのが本音です(爆)


この日は20名のメンバーのうち11名が参加。

家庭の突然の事情で二人キャンセルとなってしまいました。

しかもOBが二人も参加してくれましたwink


今年の忘年会は趣向を凝らして曲金にある“天神の湯”
一年の練習や大会の疲れを癒しました。
お風呂に入って、宴会をやって5,000円は本当に安いsign01
特に私は天神の湯は初めてなので楽しみにしていました。
チームの忘年会にOBが参加するなんて少ないと思います。

お湯は少し私にとってはぬるめでした。
もう少し熱いほうが好みですね。
この日の特別なお湯はコラーゲンの湯でしたから
肌がつるつるになりました。
女性が多いうちのチームですから
女性陣にとっては好評だったようです。
しかも女性の多くがマッサージまでやったので
本当にリフレッシュしたようですhappy01


もちろん宴会beerbottleはいつものように盛り上がりましたhappy01up


代表に就任して9か月。
これほど代表が楽だとは思いませんでした。
年度初めは登録などが分からなくてアタフタしましたが、
それを過ぎたらとっても仲のいいチームですので、
メンバーには事務的な連絡だけすればいいのです。


社会人のクラブチームは一番は仲が良くて
練習や大会に参加して楽しいことだと思います。
ウチのチームはそういうことでは
バルーンのチームでは1,2を争うと自負しています。
またそんなチームに所属できたことは
本当によかったと思います。
来年も両チームともBステージ残留に向けて(?)
がんばるぞいsign02


今年一年Osugiの一日一歩をご愛読いただきまして
本当にありがとうございました。
最近は私的日記に近くなってしまった感がありますが、
そこはご容赦いただいて
来年も続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。

2010年12月30日 (木)

許せない行動(1)

先日・・・といっても1ヶ月も前の出来事です。
ある休日の朝早くに近所の人がウチに来ました。
誰かがとんでもない悪戯をしたのです。
夜中nightに誰かが各家の駐車場に置いてあった車に向かって
剥離剤のスプレーを吹き付けたという事でした。

その方の家houseに行った見たら
無残にも吹き付けられた車はスプレーの跡通りに
車の塗装ははげていたのです。
他のウチを見てみたらバンパーの部分は
はげるどころか樹脂でできているために溶けていたのです(驚)

で、ウチには被害がないか聞いてきたのです。
幸いにウチには被害はありませんでした。


とても許される行為ではありません。
何が目的なんでしょう?
そんな事をすることによって何の利益があるのでしょう?
冒頭に悪戯と書きましたが、
これは立派な犯罪です。
回覧版でウチより北側に地区に
被害があることは伝えられていました。
でも、気をつけようがありません。

一刻も早くに犯人が捕まることを祈っています。

2010年12月27日 (月)

低いテンション

日曜日の朝。
まったりとして、いつもと違ってのんびり過ごせます。
普段5:30~6:00頃に起きますが、
私は日曜日だからといって極端に遅くまで寝ているsleepyことはしません。
30分くらい遅くなる程度ですので
6:30には目が覚めてリビングに移動します。
ここでコーヒーを飲みながらcafe
“はやく起きた朝は・・・”tvを見ます。

この番組いつ見ても女性の井戸端会議を放送しているような気がします。
出演者はバツ一の磯野貴理。
バツ一で子供がいる松井直美。
結婚して子供がいる森尾由美の三人。
この三人の脈絡のないおしゃべりを放送しているだけの番組なのですが、
その非日常的なところが日曜日の朝って感じでいいですね。
番組が終わる頃に奥様がご起床致します。

続いて見るのががっちりマンデー。
各界の社長が出演して会社の紹介や
なぜ会社が儲かっているのかを紹介する番組です。

12月26日は5,6人の社長が集まっていました。
その中にテレビ通販最大手の“ジャパネットたかた”の
高田明社長が出演していました。
冒頭に各会社の簡単なプロフィールを紹介が終わった時でした。
高田社長の隣に座っていた携帯ゲームの“怪盗ロワイヤル”で有名な
南場社長がこう言ったのです。(女性の方でした)



いや~こんなにテンションの低い高田社長を見たのは初めてです。




確かに高田社長はTVで見るあの高いテンションと声は影をひそめて
低い声で淡々と話していました。
その上、“意外”と言っては失礼になりますが、
実は物静かな人ではないかと拝見しました。


そんなことを高田社長は出会った人からよく言われるそうです
この日もそんなことを言われて高田社長はこう言ったのです。



よくそう言われるんですよね。


でも普段でもあのテンションでいったら


私は命を落としてしまいますdown


そりゃそうですね

2010年12月24日 (金)

反省(4)

昼食を愛車の中で済ませ、お昼寝をして午後の部に突入。

まずは適性検査の結果発表から。
適性検査は
1 自己顕示性
2 自己中心性
3 非順法性
4 衝動性
5 総合判定
で判断します。
 
1・・・気ままな運転、うまい運転、スマートな運転をする傾向にある人
2・・・自分勝手な運転。進路を邪魔されたり、追い上げられたりしたらやり返したりする人
3・・・制限速度を順守する、一旦停止では止まるなどの基本に忠実な運転を守らない人
4・・・車線変更などを繰り返したりするせかせか運転、あせり運転の傾向にある人

私は3,4の傾向にあるようです。
その日に集まった人の傾向でも同じ傾向の結果が表れたようです。
中には違反して捕まるのは運が悪いとか、
少しくらい違反してもかまわないと思っている人がいるようです。
総合判定でもA、B,CランクでもB判定でした。



この判定をうちに帰って奥様に報告したら



とっても とっても



図星じゃんsign03

本人はそんな意識がなかったのに・・・




と言われてしまいましたhappy02




振り返ってみると
軽微な違反とはいえ多くの違反を繰り返し、そのたびに反則金を支払い、
しまいにはお金を払って、仕事を休んで講習に行ったその負担や労力は
決して小さくはありません。
この日からみそぎを切って生まれ変わったのですから、
交通法規を守って運転したいと思います。

2010年12月21日 (火)

反省(3)

27人を7人くらいの4つのグループに分け各々の角で立つことになりました。
その日は幸いにも暖かい日で、
早く集合した我々のグループは日当たりsunに立つことができましたhappy01
でも考えてみると今年の夏は猛暑でしたから
真夏にやった方は非常に苦労されたと思います。
またこれからやる方は寒いし、雨風raintyphoonが強い日だったら
拷問に近い状態になるかと思います。
そういう点ではとてもいい日だったと思いますhappy01

街頭広報活動は移動時間を含めて2時間取ってありましたが、
現地に到着までの道が混んでいたので
バスケット風に書くと
20分(立)-10分(休)-20(立)のスケジュールになりました。



交差点に立ってしばらくすると
とても危ない光景を見てしまいました。
たぶん80代くらいの男性でしょうか、
交差点の真ん中で立ち往生してしまいました。
自分では行けると思って交差点に進入したのですが、
前方が思ったより動かず、信号(が赤に変わってしまったようです。
職員の方が誘導して事なきを得ましたが、
とても危ないシーンでした。

もうひとつはシートベルトです。
普通自動車、普通貨物自動車はほぼ100%に近い装着率でしたが、
大型貨物自動車、とくにダンプカーの装着率が悪いと思いました。
運転席が高いのでたぶん検挙する率も低いので
安心して装着しない人が多いからではないでしょうか?

それと大型自動車を運転する女性が多くなったような気がします。

無事に終了して昼休みになったのですが、
Osugiは再び顔を青くshockすることになったのです。
この日は奥様に頼んでお弁当を作った頂いたのですが、
箸を忘れてしまったのです。
幸いにも除菌のウェットティッシュは車の常備してあったので
それで手を拭いて手づかみで愛妻heart01弁当を食べることになってしまったのですheart03
その日のお弁当はのり弁当だったので手に大量の海苔がついてしまいました。


つづく

2010年12月18日 (土)

反省(2)

8:30に集合なんですが、早めにきてくださいと言われていたので
8:00に現地に到着。
ここで大きな失敗punchに気がつきました。
なんと持ち物に筆記用具と書いてあったのできちんと用意して、
暇つぶしの雑誌やお弁当などを持って行きました。
かなりたくさんの荷物になってしまったので
普段使っているバックでは到底入らないので
一回り大きめのバックに替えて出かけたのです。
それが原因で運転免許証を忘れてしまいましたshock
しかも免許センターまで車で行ったということは・・・免許証不携帯ってことになりますよね(落)

一度帰る時間はありませんでしたので
1階の受付に行ってその旨を伝えました。
そして対応していただいた職員(たぶん交通安全協会の人だと思います。)は
とても親切でなんとか助けていただきました(謝)

全部で27人の参加でした。
集まった人の年齢層はかなり若い人が多かったですね。
たぶん20~30代の人が2/3くらいと思われます。

うち女性が3人



その日の一日のスケジュールです。

 9:00~10:00  適性検査、講習
10:10~12:00  街頭広報
12:00~13:00  昼休み
13:00~14:00  適性検査解説
14:00~15:00  講習
15:00~16:00  ビデオ観賞、感想文、修了証交付

社会参加活動は交差点に立って
色々なメッセージを書いてあるのぼりを立てることでした。

各地域で内容が違うかもしれません。

その時の注意点は
① のぼりでの事故や周囲の歩行者などに気をつけること
② のぼりが風に揺れてパタパタしないように竿と反対側の角をつかんでいること
③ のぼりで顔を隠さず、歩行者の立場に立って交通状況を観察すること
④ きちんとした態度で臨むこと

この社会参加活動の目的は③なんです。
普段運転手としての目線がほとんどなので
歩行者の立場を感じること、
車の往来が激しい交差点に立つことによって危険を肌で感じることなんです。

社会参加活動は昨年8月から実施したそうですが、
今まで1回も雨rainに降られたことがないそうです。

雨が降ったらなるべく各自でカッパをなるべく用意してくださいと言われました。

適性検査を終えてマイクロバスに乗ってbusdash現地に着きました。



つづく

2010年12月14日 (火)

反省(1)

12月10日(金)Osugiは会社を休みましたsleepy
そしてある場所に一日掛かりで行ったのです。
その場所とは中部運転免許センター。
実はここ約一年あまりで
駐車違反、免許不携帯、一旦停止無視、運転中の携帯電話使用・・・
で捕まり続けsweat01、ついに累計違反点数が6点になってしまったのですcrying
私は免停を覚悟していましたbearing
しかし今は制度が違っていたのです。

正式には少し複雑みたいですが、
こんなことを言っていました。
間違っていたらごめんなさい。

違反点数が6点になったら、一つは30日間の免停になることban
これは講習を受ければ一日に短縮することができます。
しかし前歴が1回となり、次回は4点の違反をすると免停になってしまいます。

でも軽微な違反が積み重なって6点になってしまった場合にだけ、
軽微な違反とは3点以下の違反です。
私が犯した違反のほかに30キロ以下のスピード違反、追い越し違反、信号無視などがあります。
免停になることのほかに2通りの選択肢があります。

① 社会参加活動コース
   交差点や通学路に立って交通安全啓発活動を行い、適性検査、座学講習を受ける。

② 実車指導コース
   自動車などの実技指導と適性検査、座学講習を受ける。

私は①を選択しました。
だって講習手数料が①は10,250円に対して②は14,250円だからです。
この年末にきて4,000円の違いはとても大きいのです。
この4,00円の差額が原因だと思いますが、
①の社会参加活動コースのほうが人気があるようです。
mobilephoneして申し込んだ時に担当者からそう言われました。

①と②の場合は前歴はつかず翌日に違反点数は0になるそうです。
中部運転免許センターの場合は毎週金曜日に
社会参加活動コースを実施しています。


でも集合がAM8:30wobbly
これじゃあ普段と変わらない時間に家を出なけりゃならないweepsweat01



いってきま~~~すrvcardash


つづく

2010年12月11日 (土)

犬の散歩

最近ペットを飼う家が多いようですね。
核家族化が進み、
私の子供のころは三世代同居が当たり前でした。
核家族化のいい、悪いはあるにしても
三世代同居によって日本人のいい伝統を受け継いでいたと思うのですが、
それが失われつつあるのは悲しい現状だと思います。


その核家族化の浸透によって年老いた夫婦や一人暮らしの老人が
多くなったことも事実です。
そんな淋しさsweat01を少しでも和らげてくれるのがペットですね。


先日こんな光景を見ました。
一人の男性、年のころは70代でしょうか?
かなり毛足がとても長く、大きな犬を3匹も連れて散歩していました。
その犬はたぶん立ち上がると大人と同じくらいかそれ以上になると思います。

あんな大きな犬を、しかも3匹もつれていたら
もし、犬が何らかのパニックになった時には
とても対処できないと思います。
そんな心配事を考えていましたwobbly



そしてその御一行様は大きな道路の交差点を渡り始めました。
その3匹のうちの1匹がどうも不穏な動きをしていることに気がつきました。


?????


その犬は渡り始めた横断歩道の真ん中付近で腰をおろして


あのポーズをしたのです。


そう、


その犬は交通量の激しい大きな交差点の横断歩道の真ん中で





う○ちをしたのです。






で、男性はうろたえるでもなく、狼狽するでもなく、
淡々とその排泄物を処理しました。
交差点が大きかったので時間的にもギリギリではありましたが、
他の車などに迷惑をかけることなく事は終了しました。

2010年12月 8日 (水)

犬の突進

あるお宅に行った時のことです。
12月と言ってもまだ日中は汗ばむようなsweat01陽気になる日があります。


その日も12月には似合わないような暑く感じた日でした。
そこのお宅には玄関網戸が設置してあって
戸は閉まっていなくて玄関網戸だけで閉めてある状態でした。


「こんにちは。」


そのお宅には呼び鈴がありましたが、
玄関があいていて、玄関網戸だけで閉めているということは
少なくても家の中に誰かいる状態には間違いがありません。
声をかけてしばらくすると遠くのほうから犬の鳴き声が聞こえてきました。


そうだsign01 この家にはマルチーズdogがいるんだっけ


ふと思い出しました。


その犬の声が次第に大きくなってきて網戸越しにその犬が
こちらへ走って勢いよく向かってきているのが見えました。

そして何とその犬がピョ~~~ンと廊下からジャンプしたのです。
そしてそしてその犬は玄関網戸を突き破って
私の足元に飛んできたのです。
その犬は私の足元でじゃれているのですが、
私は突き破ってしまった玄関網戸のほうが気になって仕方がありません。


やがて家の奥様がやってきてこう言ったのです。


「この玄関網戸・・・・日曜日におじいちゃんが貼り替えたばかりなのに・・・down


このマルチーズ、
そんなことは全くお構いなしで仰向けになって私にじゃれついていました。

2010年12月 4日 (土)

職場体験って・・・何を教える?

先日ガソリンスタンドに給油に行ったらrvcardash
ジャージ姿で見るからに中学生の少年二人が対応してくれました。
すぐに“職場体験の中学生だな”と思いました。

私が中学生の頃にはもちろんそのようなカリキュラムはなかったですね。
職場体験ってとってもいいことだと思っていました。
昨年の長男Mの時には新型インフルエンザ騒動で
あえなく中止となってしまいました。


話が少し横道にそれましたが、
その中学生二人が恐る恐る私に向かって

“これお使いください。”

と濡れたタオルを渡してくれました。

その初々しい行動に内心“がんばっているな”と思いました。

がしかし事は彼が発した次の言葉で私の心は
フリーズしてしまいました。

“灰皿はどうですか?”

彼のお客に対する言葉づかいも疑問の思いましたが、
中学生が灰皿を扱う?

中学生が煙草を吸ってはいけないことは
誰でも知っていることです。
その中学生が・・・
あとから考え直したのですが、
その言葉は彼自身の言葉ではなくて
ガソリンスタンドの社員の人が教えた言葉だということに気がつきました。

その中学生からすればガソリンスタンドで働いている人は
言ってみれば先生代わりなんです。
その先生が灰皿の扱い方を教えるって
どう考えても納得がいきません。

もう少しそんな配慮をしてほしいと思いました。

2010年12月 1日 (水)

感銘

以前にもこのブログで紹介しましたが、
某お寺に行ったときに今月の言葉をみて再び感動してしまいましたweep
書いた住職と直接お話はできませんでしたけど
奥様と話す機会が幸運にもあって
その書いた文の由来についてお話を聞くことができました。


その人は33歳という若さで亡くなってしまったそうです。
不幸にも若くしてガンにかかってしまったそうです。
もちろんいろいろな治療を施しましたが、
そのかいもなく残念ながら亡くなってしまったそうです。
生前のその人の気持ちや心情を察してこんな文章を
今月の言葉としたそうです。



あなたが無駄に過ごした

「今日」という日は

昨日死んだ誰かが

死ぬほど生きたかった

「明日」なんだ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »