2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 無理しないで | トップページ | 泣いたぁ~!? »

2012年3月18日 (日)

激辛!

スーパーに買い物に行った時、
思わず衝動買いをしてしまったものがありました。
赤い箱が私を呼んでいました。

これです。

120310_184901


激辛! ぺヤングソース焼きそば


ぺヤングの語源って知っていますか?
ぺヤングはペア+ヤングの造語
発売当時カップ麺は袋麺と
比べて
高価でファッション性が強い食品であった事から
カップ麺を高いと感じた若いカップルに
二つで一つの物を仲良く食べて欲しいという
願いからつけたものです。



ぺヤングソース焼きそばと言えば私が子供の頃から
カップ焼きそばの定番として長年にわたって君臨しています。
バリエーションも色々増えてきて消費者の
購買を掻き立てています。

私は辛いものが大好きなのですが、
辛さに対してそんなに強くはないのです。
世の中に激辛といった商品を何度か食べた事がありますが、
“これが激辛?”と思う事が多いのです。

作り方はノーマルの焼きそばと同じです。
カップの容器のほうはノーマルと比べて
もっと四角くなったような気がします。


食べてみたら・・・


やはりやや辛めかな?と思う程度でした。


これが食べていくうちに口から火が
出るようになってしまいました。



かっ、かっ、から~~いsign03



weepsweat01




ng




いや~~参ってしまいましたbearing



ちなみの容器にはこんなコメントが書いてありました。


120310_185001


完食はしましたが・・・

一口食べた奥様は飄々としていました。
これくらいの辛さなら私は大丈夫と。

イチゴを食べたり、氷を口に含んだり、
バニラアイスを食べたりしてようやく口の中は
平和を取り戻しました。
この商品、看板には偽りがありませんでした。


« 無理しないで | トップページ | 泣いたぁ~!? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/44447448

この記事へのトラックバック一覧です: 激辛!:

« 無理しないで | トップページ | 泣いたぁ~!? »