2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« オリンピック こぼれ話 | トップページ | 三保半島周遊記@自転車 その4 »

2012年7月31日 (火)

三保半島周遊記@自転車 その3

真崎海水浴場を過ぎて今度は外海が広がります。
やっぱり外海は内海と違って波の大きさが違います。

波の大きさはこんなに違います。
波が白くなっているのがわかると思います。
Cimg0542


飛行場を過ぎて三保灯台に着きました。
Cimg0539
子供の頃、訪れた時はかなり大きい印象があったのですが、
なんかこじんまりとした建物のように思えました。

外海の道も歩行者、自転車専用道路なのですが、
アスファルトが所々ひびが入っていたり、
雑草が道のかなりの部分を占拠していたり、
住宅の中を通っている内海の道より
かなり手入れをしていないようです。


そして全国的に有名な三保松原に着きました。
駐車場から進んでいくと正面に天女の松があるのですが、
右側にこんな碑があるのを発見しました。
Cimg0544


【エレーヌの碑】
  フランスのダンサー、エレーヌ・ジュグラリスは
  日本の「能」を研究する中で「羽衣伝説」を知り、
  これを題材にした作品「羽衣」を発表、
  彼女は来日して伝説の舞台となった三保の松原を
  訪れることも希望していたが、病気で叶う事なく
  35歳の若さで亡くなってしまう。
  臨終の際には夫に「せめて髪の毛と衣装だけは
  三保の松原に」と遺言を残し、それに基づいて
  夫は彼女の遺髪と衣装を持って来日した。
  この日輪に共感した地域住民により、
  1952年にエレーヌの功績を称え
  「エレーヌの碑(羽衣の碑)」が完成、
  その袂には彼女の遺髪が納められている。
        
                   ウィキペディアより

三保と言えば富士山と松ですよね。
残念ながらうす曇りこの日は富士山を
見ることができませんでしたweepsweat02
松は全国的に枯れてしまっているところが多いようです。
三保の松原も例外ではなく、
所々の松はこんなようになっていました。
Cimg0541



つづく

« オリンピック こぼれ話 | トップページ | 三保半島周遊記@自転車 その4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/46407272

この記事へのトラックバック一覧です: 三保半島周遊記@自転車 その3:

« オリンピック こぼれ話 | トップページ | 三保半島周遊記@自転車 その4 »