2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新人戦中部予選2、3回戦 | トップページ | 1月のカレンダー »

2012年12月30日 (日)

確率90%

今後30年以内に震度6以上の揺れに襲われる
確率を示す「全国地震動予測地図」を公表しました。

我が静岡市は都道府県庁所在地の中で
もっとも高い89.7%でした。
2位は三重県津市の87.4%、3位は千葉市の75.7%でした。
以前も書きましたが、私が子供の頃に
東海地震が起こるといったと思いますが、
それから30年以上過ぎ去ってしまっても起こらないので、
静岡市民、静岡県民はこのデータが発表されたからといっても
何も動ずることはないと思います。
「オオカミが来たぞ~!」と何度も言って
人々から何も信用されなくなってしまったあの少年と同じように
今回の調査で「巨大な地震が来るぞ~!」と言っても
実際に行動を起こす(起こした)静岡県民が何人いるのでしょうか?

今回の調査の特徴として昨年3月11日の
巨大地震を受けて見直したため、
軒並み関東地方の確率が大幅に上昇していて、
水戸市では約倍増、千葉市では12ポイント、
横浜市では4ポイントの上昇となっています。

東南海、南海地震などM8いj神が繰り返し起きている
南海トラフ沿い(静岡県から東海、近畿、四国の太平洋沿岸)は
全般的に確率が高くなっています。

http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?national-pg/1221/TKY201212211041.jpg

この調査は約2000もある活断層のうち
調べたのは110あまりしか調べていませんから
結果の精度や信用度は数学的に見ると
高いとは言えないかもしれませんが、
ある程度の指針として見てみるといいと思います。

前述のことではありませんが、
少しずつ地震の対策をやっていきましょう。
今は年末の大掃除の季節ですから、
大掃除のついでに何か一つでもいいですから、
やってみてはいかがでしょうか?

地震に対する10の備え
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/jisin/sonae10.htm

« 新人戦中部予選2、3回戦 | トップページ | 1月のカレンダー »

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/48418459

この記事へのトラックバック一覧です: 確率90%:

« 新人戦中部予選2、3回戦 | トップページ | 1月のカレンダー »