2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新人戦中部予選 ふぁいなる  | トップページ | リポビタンD ラジオCM  »

2013年1月18日 (金)

体罰・・・桑田真澄

大阪の高校生が自殺したことが大きな社会問題として取り上げられています。
この高校生はなんと大阪では名門のバスケットボールチームらしいのです。
その顧問の先生による行き過ぎた体罰によって
キャプテンだった彼は最終的に自殺の道を選んでしまいました。
この事件によってバスケット部はもちろんのこと
バレー部などのほかのクラブも活動停止になってしまいました。
これはお門違いのような気がします。
責任は顧問の先生や学校にあって
生徒である選手には何も落ち度はないと思います。
部活の活動停止によって一番の被害者は
何も落ち度がない選手ではないでしょうか?

元巨人の投手だった桑田真澄さんが体罰について語っていました。
とても共感する内容だったのでかいつまんで書きます。
(一部内容が重複しているかもしれません。)


体罰は指導者の勉強不足による一番安易な指導方法で、
チームや選手は本当の意味では決して強くならない

体罰は指導者が怠けている証拠でもあります。暴力で脅かして
子供を思い通りに動かそうとするのは最も安易な方法。
昔はそれが正しいと思われていました。
でも例えば野球で三振した子供をバットで殴って叱ると
次の打席はどうすると思いますか?
なんとかバットにボールを当てようとスイングが縮こまります。
それでは正しい打撃を覚えられません。
「タイミングが合っていないよ。
どうすればいいか次の打席まで他の選手のプレーを見て勉強してごらん。」
そんなきっかけを与えてやるのが本当の指導者です。

体罰を受けた子は「何をしたら殴られないで済むだろう」という
後ろ向きな思考に陥ります。
それでは子供の自立心が育たず、指示されたことしかやらない。
自分でプレーの判断ができず良い選手にはなれません。
そして日常生活でもスポーツで養うべき判断力や精神力を
生かせないでしょう。

体や技術が出来上がったプロの選手でさえミスをするし、
ホームランを打たれ、三振もする。
だから子供のミスに対して体罰というのは絶対に反対です。
(体罰は)「絶対に仕返しされない」という上下関係の中で起きるのが体罰だとし、
「監督が采配ミスをしても選手に殴られますか?」
体罰は暴力で子供を思い通りに動かそうとする卑怯な行為です。


(昔は練習中に水を飲むことは御法度でしたが、)
今は適度な水分補給は常識です。
スポーツ医学も、道具も、戦術も進化し、
指導者だけが立ち遅れていると感じます。
指導方法も時代に合わせて変えていくべきです。

« 新人戦中部予選 ふぁいなる  | トップページ | リポビタンD ラジオCM  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/48741014

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰・・・桑田真澄:

« 新人戦中部予選 ふぁいなる  | トップページ | リポビタンD ラジオCM  »