2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ペヤング イカスミやきそば | トップページ | 心の棘(とげ) »

2013年2月21日 (木)

マナー

夕方に家族みんなで出掛ける用事があったときのことです。
6時を過ぎて夕食は奥様のねぎらいも含めて(?)
外食にしようと決まりました。
某有名ファミリーレストランに車を止めて中に入ると
待っている人でごった返していました。
20組前後の人たちが待っているので
店員に待ち時間を聞いてみると
1時間程度というじゃあありませんかsign01
これじゃあ成長期の二人の息子は我慢できる訳がありません。
隣の回転寿司はどのくらいかと思って
次男Sが見に行ったところこちらと同じくらいの
人数が待っているとのことでした。
仕方がないので向かいの某有名牛丼チェーン店に行ってみたら
すぐに入ることができました。
外食産業が不景気だって聞いたことがありますが、
週末はこれだけ待たないと入ることができないほど
賑わっているようです。
ということは平日にお客さんを呼び込めるかが
キーワードとなるような気がしました。

閑話休題、無事に食事のオーダーをしたOsugi一家ですが、
私はこんな人を見つけてしまいました。
一見してすぐに親子4人の家族とわかる人たちが食事をしていました。
私が気になったのはその父親の態度でした。
隣に座っている小学校低学年の息子の椅子に
左足を置いて立て膝をしながら食べていたのです。
しかもその足に左肘を載せながら食べていたんです。
その態度の悪さ、マナーの悪さに怒りを覚えてしまいましたpout
しかも箸の持ち方がグーrockに近い持ち方だったのです。
もちろん息子も同じような箸の持ち方でした。
この持ち方では幅広く箸を広げることができませんし、
小さいものを簡単に取ることもできません。

私が子供の頃は親から厳しく箸の持ち方を指導されました。
今になって本当に良かったと思っていますgood
きちんとした箸の持ち方は見た目が綺麗というだけでなく、
箸の役目であるものをつかんだり、切ったりするのに
最も機能的な持ち方であると思います。
これは長い間に培ったの日本人の知恵であるとこは
間違いがないことでしょう。
マナーというのは時に非常に窮屈な時がありますが、
使いやすさや周囲にいる人のことまでも
考えられたルールのような気がします。

« ペヤング イカスミやきそば | トップページ | 心の棘(とげ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/48912881

この記事へのトラックバック一覧です: マナー:

« ペヤング イカスミやきそば | トップページ | 心の棘(とげ) »