2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

危険な路肩走行

東名高速道路を運転していた時のことです。
ふと大切なものを忘れたかもしれない事に気が付きました。
静岡ICから東京方面に向かっている時です。
清水ICの手前で気が付いたのです。
清水ICを超えてしまうと次のインターは富士ICになってしまいます。
この清水-富士間は確か東名でインター間が
一番長い区間だったと思います。
そうなるとかなりの時間のロスになってしまいます。

本当にすみませんbearing

やむにやまれない気持ちでいっぱいでしたが、
車を減速させて車を左隅によって停車をしました。
そう、路肩に止まったのです。
色々な情報で路肩を走ることは
危険と言っていた事を思い出しました。
止まってみてその意味がわかりました。
今までわからなかったのですが、
路肩は走行車線と違ってかなりの砂利道でした。
そんなところを高速で走ると当然車がスリップしたりスピンしたり
かなり危険な事が起きる可能性が高いと思いました。
細かいゴミもあったと思いました。

幸い探し物はありました。
こんな私が言うのも何ですが、
高速道路の路肩は走らないようにしましょう。

2013年5月27日 (月)

携帯事情

今や世の中の携帯mobilephoneといえばスマホですよね。
スマートフォン(高機能携帯)に対して従来型の携帯をガラケーと呼んでいます。


ガラケーとは・・・
ガラパゴス携帯の略で南米の西に浮かぶガラパゴス諸島のことで、
他の島と接触がなく、隔離された状態であったために
独自の進化を遂げた多くの動植物が存在する島々です。
ダーウィンの進化論でも有名ですね。
つまり日本の携帯はワンセグ、着メロ、着うた、赤外線通信、
電子マネーなど多機能ではありますが、
世界標準とは異なる進化をしているのでこう呼ばれるようになったのです。


もちろん人気はスマホなんですが、
従来型のガラケーも根強い人気があるそうです。
ボタンの操作のしやすさ、電池の持ち時間か優れているし、
電話やメールmailが中心のシンプル機能や使いやすさも受けているそうです。
もちろん割安な料金体系も見逃せない魅力の一つでもあります。
知人にはスマホにしたもののいろいろな不備が生じて
もちろん本人の責任によりところが大きいと思いますが・・・
ガラケーに戻した人もいました。

最近のスマホではガラケーより優れている機種も発表されているようです。


私は携帯でゲームをやろうと思わないし、
前述のとおり携帯は電話とメールができればいいと思っている人なので、
スマホに変える予定は全くありません。
こんなんことだからだんだん世の中の流れに
ついていけなくなってしまうのでしょうね。

2013年5月24日 (金)

販売力

ビデオカメラが欲しくなって
ヤ○ダ電気に行ってきました。
私は衝動買いをする方ではなく、
じっくりといろいろな店舗を回って商品を見たり、
インターネットで通販を知らべたり、知識を得たりして
購入するたほうなんです。

目的はバルーンの試合を撮ること。
ですからカメラは三脚で固定するし、
プレーの状態がわかればいいので
最新の機能は必要ありません。

3Dとか、何倍のズームとか、暗いシーンで撮れるとか、静止画が撮れるとか・・・


4時間ほど録画できればいいんです。

商品を見ていたら女性の店員が声をかけてきました。
私は最新の機能はいらない、
映像がわかればいい程度でOKという目的を伝えました。
女性店員は期間限定の商品を紹介してくれました。
このカメラの値段が確か1万円台でした。
ほかの商品と比べても格安の値段でした。
心が揺らぎましたが、
全く知識がない私は今日は勉強のためと
じっと我慢の子に徹しました。

しかしこの女性店員は格安商品は紹介だけで、
レギュラー商品(?)の方を盛んに進めてきました。
しかもいろいろな機能を説明し始めました。
冒頭で要らないといったはずなのに・・・
多分説明する内容がなくて
通り一遍等な説明になってしまったと思います。

商品説明をしてお客様に商品を買って頂く難しさを
改めて自分自身のことで感じました。
例えばその時に被写体のこととか聞いてくれば
話が広がったかもしれません。
でもそれがどんな人にも当てはまるかどうかはわかりません。
見ず知らずの赤の他人が一期一会で会って
話が盛り上がることは難しいと思います。
こんな時、購買意欲が高まる
上手な勧め方ってどうしたらいいんでしょうね?

2013年5月21日 (火)

マイラベル

会社の情報発信の手段として
HPは欠かせないアイテムの一つですよね。
各社魅力あるHP作りに日夜励んでいます(?)
会社の沿革、経営方針、社長の一言、商品の紹介などの
会社情報はもちろんですが、
これではお堅い規格通りになってしまい、
全く魅力のないHPになってしまいます。
ですからゲーム、占い、壁紙、ブログパーツなどがあったり、
スマホのアプリがあったり各社頑張っているようです。

森永製菓といえば老舗のお菓子メーカーで
どんな人でも森永製菓の商品を食べたことがあるでしょう。
その森永製菓のHPには防災の心得や
バーチャル工場見学などありますが、
私が注目したのは“ラベルファクトリー”
つまり“カレ・ド・ショコラ”と“森永チョコレート”の
オリジナルラベルがPCで作れることです。
家族、友達、恋人などに写真やイラストを印刷して作ります。
オリジナリティーがあってプレゼントとしては
とてもいいんじゃないでしょうか?
もちろん経済的にも安くて気軽に作ることができるのも
魅力のひとつです。
私も何かの時に作って送りたいと思います。

http://www.morinaga.co.jp/label_factory/index.html

2013年5月18日 (土)

侵入者

草木も眠り始めたAM1:00。
私も眠りにつこうと押し入れを開けて敷ふとんを出したところでした。
突然天井裏が“ガサ、ガサ  ズズズゥ~”と音がしました。
なんか不気味な音でした。
そしてとんでもないことが起こりました。
仕入れの天井から何か物体が室内に飛び出てきました。

鳥  だ  sign03
ヒッチコックの映画ではありません。


いきなり夜中に鳥が私の寝床に侵入してきました。
大きさは雀より大きく、鳩よりも小さい。
クチバシはやや長めで黄色い。
体全体は黒と灰色が混じった色をしていました。
興奮していたこの鳥はバタバタと
エアコンの上や蛍光灯の上などを飛び回っていました。
おかげさまでホコリと羽が落ちてくるのです。
おまけにフンまでしてしまう始末です。
逃げさせるように窓を明けましたが、
ご本人は一向に外出する気配がありません。
相変わらず興奮しているこの鳥は
バタバタと室内を飛びまわります。

隣の部屋にいた長男Mが何事かと入ってきました。

「どうしたの?」

というので不法侵入者を指差しました。

さあ、二人で追い出すことを相談しました。

作戦その1
長男の部屋に大きめの洗濯ネットがあるというので
使ってみたものの口が大きく開かず
鳥は入ってくれません。
作戦その2
ダンボール箱を使ってみようとしましたが、やっぱり入らずdown
こんどは段ボールを2つ使って角に追い込んで
逃げ道をふさいだら何とか入ってくれました。
そのままベランダに行って侵入者は夜の空に飛んで行きました。

以前、天井裏に鳥が巣を作った事がありました。
その時の親鳥かヒナかもしれません。
その後、インターネットで調べたらムクドリと分かりました。
ムクドリは大群で集まって騒がしく鳴き声をたてる、
街中では害鳥として有名ですが、
その時には一切鳴き声を出しませんでした。
インターネットにはムクドリの焼き鳥も紹介されていました。
でも確か野鳥を許可なく捕まえたり、飼ったり、ましてや
焼き鳥にすることは法律違反だった気がします。
元気に安全なところで巣を作ってほしいものです。

07002001_2



2013年5月15日 (水)

みんなでお祝い その後

大いに盛り上がった宴会が終わって
電車trainで帰宅しました。
電車好きな私はいつも小さい子供のように
先頭車両の運転席の後ろに立って乗るのですが、
この日はさすがに宴会で大いに
日頃のストレスも発散してしまったようで
疲れ切っていたので素直に座席に座りました。
実はこれが不幸の始まりでした。
運転席の後ろで立っていればそうなることもなかったのですが、
座席に座ったことで眠りについてしまいました。

トン、トン

誰かが私の方を叩きました。

「終点に着きました。」
駅員に起こされました。

そう、私は深い眠りについてしまって
終点の駅に着いてもぐっすりと眠っていたのです。
千鳥足で電車から出ました。
まずすることは乗り越し料金の精算です。
自分でもかなり酔っていることは自覚できましたが、
その日は判断力が衰えていず、
精算機をすぐに見つけて難なく駅を出ることができました。
しかしここからが問題でした。
折り返しの電車はとうになく、
帰宅する手段はタクシーか徒歩しかありませんでした。
ここは酔っ払った勢いで


経費節約のため歩いて帰ろう



不幸の始まりでした。

時刻は多分12時ころ。
最初は軽快に歩くことができました。
歩くと普段気がつかないことがたくさんあることに
感動しながら歩いていました。
それも時間がだんだん過ぎていくと
酔いや疲れや睡魔が襲ってきました。
ついに川沿いにあるベンチで力尽きて
そのまま眠ってしまいましたsleepy
寒くて目が覚めて再び歩き始めて
ようやく自宅にたどり着きました。
3時近かったと思います。
幸いなことに風は引きませんでしたが、
しばらく体調が思わしくありませんでした。

駅員に起こされたのは学生の時以来でした。
まあポジティプに考えて
お金を節約できたことと、
運動不足を少しでも解消出来たと思います。









2013年5月12日 (日)

みんなでお祝い

先日バルーンチームの宴会beerがありました。
うちのチームの宴会は毎回ほぼ全員が出席という
宴会好きな集団でもあります。
もちろんお酒好きとか、騒ぐのが好きとかの
理由があるとは思いますが、
終身取締役宴会部長のRちゃんの企画、運営に
よるところが大きいのです。
色々な企画をお金をかけずに盛り上げてくれます。

うちのチームのメンバー(旧メンバーを含む)が
4月、5月に結婚したのでチームみんなで祝ってあげましたshine
前出のRちゃんは天才ですね。
会費が何と3、500円。
もちろん主役の2組は無料なんですよ。
でも新婦がメイドのコスプレを着たり、
キャンドルサービス、質問コーナーなどの定番があったり、
それはそれは大盛り上りの3時間でした。

ふと数十年前の頃を思い出してしまいました。
あの頃より顔のしわが増えたり、
髪の毛が白くなったりしてしまいましたが、
なんとか続いています。

若い2組のカップルに幸あれsign03

2013年5月 9日 (木)

物忘れと認知症

年齢を重ねていくと気になるのが
色々な事を忘れてしまうということです。
まあ、簡単に言うと近い(?)将来に
認知症になってしまうかどうかが心配なんです。
そこで認知症と物忘れの違いって何でしょうか?
原因は物忘れは加齢によるところが大きいのに対して
認知症は脳の病気なのです。
物忘れは自覚症状があるのに対して
認知症は物忘れを自覚しません。
ですから例えば二階に上がって
“私は何をしに来たんだろう?”と思うことや
“朝食のメニューを忘れたりしたことは認知症ではなくて
単なる物忘れなんです。
また物忘れは進行しませんが認知症は進行していきます。
回数が多くなることはあっても症状のレベルが進行はしていきません。

認知症の人って永久普遍に変わらない
自分の生年月日は覚えていても
時間の経過とともに変わっていく今日の日付や
今現在の年齢は分からない事が多いそうです。

認知症もほかの病気と同じで早期発見、
早期治療することが大切だそうです。

認知症の原因はいわゆる生活習慣病と言われる
高血圧、糖尿病、心臓病などで脳が急激に侵襲され、
せん妄を来し認知症の症状になったりします。
また強いストレスも原因の一つに挙げられています。

最近健康のことに興味があってテレビ番組を見たり、
ネットで調べたりしますが、
必ず出てくるキーワードは快適な睡眠、きちんとした食事と栄養、
適度な運動、ストレスの解消なんです。

2013年5月 6日 (月)

インターハイ 中部予選 2、3日目

記事が遅くなってしまいましたが、
4月末にインターハイの予選が行われました。
SH高はシードで3回戦からの登場でしたが・・・
相手チームが強かったのか、うちのチームが弱いのか・・・?
動きが悪かったし、シュートは入らないし・・・
勝つことはできましたが、以前戦った時のように
スッキリと勝つことができませんでした。
これがインターハイの恐ろしさだと思いました。
一日で修正できるかが心配でした。

翌日はサッカーで例えると清水ダービーとでも言いましょうか。
終始リードされて試合が進み、
4Qの残り3分くらいで3Pシュートで追いついたものの、
最後には力尽きてしまいました。

続く5位決定戦の初戦も同様の内容でした。
でもこの試合では最後に粘ってなんとか勝つことができました。
M先生の指示は終始“止まるな、動け!”でした。
DFもOFも足が止まってしまえば試合に勝つことはできません。
そこは普段練習や遠征でかなりハードで鍛えられているので、
シーソーゲームを制することができました。

さあ、県大会です。
GWは今回の試合の反省を踏まえて遠征してきたと思います。
選手のガンバリに期待します。

「h25_interhigh_chubu_23.pdf」をダウンロード

2013年5月 3日 (金)

マルちゃん正麺 豚骨味

今や国民食といってもいいくらい大ヒットのマルちゃん正麺noodle
11年11月の発売以来、約一年で2億食を売り上げ、
売上で200億円というから凄まじいというしかありません。
年間1億色を予定していたそうです。
この結果、東洋水産の株価は上昇中とか。

そして今度は正麺シリーズのとんこつ味を試食してみました。
スープの素はほかの味と違って液体ではなく粉末です。
それと出来上がり後に入れる特性油が付いています。
作る上で一番注意したいのが茹で時間です。
豚骨味は他の麺と違って細麺なので2分と短くなっています。
もともと豚骨は本場福岡では麺の固さを好みに調整してくれます。

ばりやわ>やわらかめ>ふつう>かため>ばりかた>粉落とし(はりがね)

表現は違っているかもしれません。あしからず


固めが好きな私はばりかたくらいがちょうどいいですね。
最初から柔らかいと食べているうちに柔らかくなりすぎるからです。
ですから正麺を作るときは1分半で麺を上げてしまいます。
スープはやや薄めの印象でした。
あの豚骨独特な臭みはほとんど感じませんでした。
それが少し不満な点ではありますが、
とても美味しくいただくことができました。

この正麺シリーズはとってもレベルが高くてどれもとても美味しいですgood
今では必ず2種類以上ストックしていて
その時の気分で味を決めています。
Nl_picture50206c1383a4d_2

甘い歌声は永遠

布施明(65)と森川由加里(50)の結婚が発表されました。
布施明といえば私が個人的に愛して
“永遠の初恋の人”と呼んでいる
オリビア・ハッセーとの離婚歴があります。

確か中学生の時に見た“ロミオとジュリエット”で
カルチャーショック的感動を覚えて
それ以来今までオリビアのファンです。


そんなわけでもないでしょうが、
偶然に現在と過去の布施明の歌声karaokeを聞きました。
一つはNHKの歌謡ショーで“積木の部屋”を、
もう一つはわずかワンフレーズではありましたが
TBS系列の火曜曲でレコード大賞を受賞した時の
“シクラメンのかほり”を放送していました。
ほぼ同時に現在と過去の布施明を見ることができたのですが、
驚いたことに二つの番組にタイムラグを感じなかったことです。

つまり布施明がレコード大賞を受賞したのは1975年ですから
今から40年あまり前のことですが、
その歌声や音程や声質や声量が
当時とあまり変わっていないことに驚きました。
やっぱり基礎がしっかりしているからだと思いました。
特に布施明の魅力の一つにあの甘い声があげられると思います。
口を大きく開けて大きな声で歌っているにもかかわらず、
邪魔にならず、心地よく聴くことができます。
やっぱりきちんとした基礎から学んでいる人は年齢を重ねていっても
歌声はそんな気変わらないことと思います。
口先だけで歌っている人が最近多いと思います。
最近ではフジテレビが音楽番組で口パク禁止令を出したとか・・・
そうなるとここ最近のアイドルは総崩れのような気がします。
私が子供の頃アイドルだった浅○美代子も
今のようにテレビの技術がなかったけれど
ヘタは下手なりに下手ながら地声で歌っていました。

彼女がアイドルは歌が下手でも構わない伝説を作ったとか・・・


布施明のような本格的な歌手が
少なくなってしまったのは寂しい限りですが、
布施明には少しでも長く歌手を続けていただきたいものです。

最後になりましたが、いつまでもお幸せにheart01

(敬称略)

2013年5月 1日 (水)

5月のカレンダー

「a3calender_5.pdf」をダウンロード

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »