« 5月のカレンダー | トップページ | マルちゃん正麺 豚骨味 »

甘い歌声は永遠

布施明(65)と森川由加里(50)の結婚が発表されました。
布施明といえば私が個人的に愛して
“永遠の初恋の人”と呼んでいる
オリビア・ハッセーとの離婚歴があります。

確か中学生の時に見た“ロミオとジュリエット”で
カルチャーショック的感動を覚えて
それ以来今までオリビアのファンです。


そんなわけでもないでしょうが、
偶然に現在と過去の布施明の歌声を聞きました。
一つはNHKの歌謡ショーで“積木の部屋”を、
もう一つはわずかワンフレーズではありましたが
TBS系列の火曜曲でレコード大賞を受賞した時の
“シクラメンのかほり”を放送していました。
ほぼ同時に現在と過去の布施明を見ることができたのですが、
驚いたことに二つの番組にタイムラグを感じなかったことです。

つまり布施明がレコード大賞を受賞したのは1975年ですから
今から40年あまり前のことですが、
その歌声や音程や声質や声量が
当時とあまり変わっていないことに驚きました。
やっぱり基礎がしっかりしているからだと思いました。
特に布施明の魅力の一つにあの甘い声があげられると思います。
口を大きく開けて大きな声で歌っているにもかかわらず、
邪魔にならず、心地よく聴くことができます。
やっぱりきちんとした基礎から学んでいる人は年齢を重ねていっても
歌声はそんな気変わらないことと思います。
口先だけで歌っている人が最近多いと思います。
最近ではフジテレビが音楽番組で口パク禁止令を出したとか・・・
そうなるとここ最近のアイドルは総崩れのような気がします。
私が子供の頃アイドルだった浅○美代子も
今のようにテレビの技術がなかったけれど
ヘタは下手なりに下手ながら地声で歌っていました。

彼女がアイドルは歌が下手でも構わない伝説を作ったとか・・・


布施明のような本格的な歌手が
少なくなってしまったのは寂しい限りですが、
布施明には少しでも長く歌手を続けていただきたいものです。

最後になりましたが、いつまでもお幸せに

(敬称略)

|

« 5月のカレンダー | トップページ | マルちゃん正麺 豚骨味 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い歌声は永遠:

« 5月のカレンダー | トップページ | マルちゃん正麺 豚骨味 »