« 専門家の知識って! | トップページ | 6月のカレンダー »

2014年5月27日 (火)

もったいない話

友人は三代に渡る商売をしていて
友人も父親のあとを継いで立派に仕事をしています

でも・・・問題がありました。

彼には二人の男の子供がいるのですが
二人共有名な大学を卒業して立派に働いています。

何も問題がないって・・・?

実は二人が卒業したのは医学部で
現在静岡で有名な大きな病院で働いているのです。
彼に“商売はどうするの?”と聞いたら
こんな回答が返ってきました。

“出来るまでやってその後は廃業だね”

商売だってこの長い不況の世の中で
順調なのでもったいない気がするのですが、
子供に継ぐ意思がないので仕方がない事なんですね。
彼のことだから家族会議で話し合ったと思います。
温厚な彼だから子供の意思を尊重した結果だと思います。

まだ先はわからないけど、
いづれ独立して開業するかもしれません。
近所の人も医者になったことを知っていて
“もし開業したら必ずお世話になるよ”
と言っているそうです。

私は羨ましいと思ったし
なんか贅沢な悩みのような気がしました

|

« 専門家の知識って! | トップページ | 6月のカレンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もったいない話:

« 専門家の知識って! | トップページ | 6月のカレンダー »