« 健康診断 その1 | トップページ | 新兵器開発 »

健康診断 その2

もうひとり健康診断にまつわるお話があります。
今回は血液検査の時のことです。
私の記憶が正しければ(古)
30歳の時に1回。
35歳から毎年血液検査をすることになっていると思います。

Bさんが血液検査をした時のことです。
昔は血液を採取するときに注射を2回したような気がしました。
でも今は注射針を刺しっぱなしで2度の採血をします。
これは衛生を考えたことでしょうね。
Bさんが採血のため注射をしたのですが、
最初はそこそこ血が出ていたのですが、
次第に出なくなってしまいました。

そこで看護師が信じられない行動を起こしました。
多分血が再び出るようにとは思いますが、
刺さったままの注射を持って
上下に揺らしたのです。


「イタタタタ。」

たまったものではありません。
刺さったままの注射を上下に揺らせば痛くなるのは
素人の私でもわかります。

Bさんの血管は他の人より細いそうですが、
Bさんとしては一度抜いてもう一度刺し直して欲しかったそうです。
多分衛生上できなかったもしれませんが・・・

|

« 健康診断 その1 | トップページ | 新兵器開発 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康診断 その2:

« 健康診断 その1 | トップページ | 新兵器開発 »