« 安全運転 | トップページ | 気合を入れて »

物忘れ防止法

先日バイクのキーがどこかにいってしまって
見つかったのは1週間後でした
その間スペアキーひとつだけになってしまったので
かなり緊張しましたね。

最近どうも物忘れが多くなってきました。
身近なもので物忘れで多いのは財布、メガネ、鍵、
テレビなどのリモコン類が多いと思います。
いざ使おうとして見つからない。
こんな時に限って急いでいたりしていて
焦りが焦りを誘ってイライラ、プンプンしてしまいます。
悪いのは自分自身で誰にも八つ当たりができません。


原因は置く時に無意識で置いて
しまっていることが大きな原因です。
また、決まった置き場所に置かないことも
原因の一つでしょうね。
後者の場合、ついつい別なことに意識がいってしまって
次の予定のこととか、心配事とか・・・

パッとその場においてしまい忘れてしまうのです。

解決方法はもちろん意識してモノを
置くようにすることが一番の方法と思いますが、
これが意外にできないのです。
意識して習慣づけるようにするひとつの方法として
指差呼称をすることがあります。
モノを置いたら人差し指を立てて、置いたものを指して

○○を置いた、ヨシ

と自分の脳に焼き付けるのです。
この時心の中で言わないで
きちんと声を出してやるとより一層深く
脳に焼き付けることができます。
行動を習慣づけることはこの歳になると
なかなかできなかったり、恥ずかしかったりしますが、
なくしてしまった時の気持ちや時間のロスを考えると
最適で継続できる自分なりの自己防衛策を
考えなければなりませんね。

|

« 安全運転 | トップページ | 気合を入れて »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物忘れ防止法:

« 安全運転 | トップページ | 気合を入れて »