2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« サボったつけが・・・ | トップページ | 新 »

2015年1月 6日 (火)

免許書換

新年を迎えることが私にとって嫌なことがあります。
それはひとつ歳を取ることです。
特に今年ひとつ歳をとったために
四捨五入すると恐れを知らぬ、
まさかまさかの大台になってしまいました。
もうおじさんではなく、オジーさんの世界に
突入してしまいましたcoldsweats01
誕生日が1/7のOsugiにとって小さい頃から
正月のどさくさに紛れてしまって
何もありがたみを感じたことはありません。
しかも年末に免許の書き換えのお通知が送られてきます。
4日の日曜日に行ってきました。
ハガキを紛失してしまったため、
入口にいた人にその旨を告げて
案内された通りに進みます。
受付で書類の書き方を教えてもらい、
更新料と講習料を支払い、
シートベルト未装着で捕まってしまったため、今回も講習を受けなければなりません。
写真を撮って、3Fの講習会場に行きました。
あちこち移動をさせられましたが、
対応が良く、わかりやすい説明だったし、
待ち時間も気にならなかったほど
さくさくと進みました。

その講習会で印象に残ったことを書きます。


①右折の矢印のある交差点の一部でUターンができる。
これまでも転回(Uターン)禁止の標識がない限り、
青信号の時の転回は認められていましたが、
赤の場合は信号無視となり交通違反の対象となっていました。

転回(Uターン)禁止の標識

もちろん今でもこの標識があるところでは転回はできませんが、
転回禁止の標識のないところでは転回できるようになりました。
これは右折レーンがつながって起こってしまう
交通渋滞の発生を防ぐことが目的です。


②環状交差点の走り方
私の親の世代に静岡市内でも環状交差点がありました。
昭和通りと本通りの交差点です。
当時はロータリーと呼ばれていたと思います。
現在、この交差点があるのは焼津、菊川、浜松の3ヶ所。
確か焼津は田んぼのど真ん中にあったような気がします。


この交差点を通るには3つのルールがあります。
1)環状内を走る車に優先権がある。
2)環状内は時計回りに回る。
3)環状内は徐行。

詳しくはこちらのイラストで。

https://www.npa.go.jp/koutsuu/kisei/roundabout/leaflet.pdf


③累積点数
皆さんの関心事項に違反の点数ですよね。
軽微な違反(3点以下)の場合、
1年経過すると点数が0点になります。


1回目ー→ 1年以内ー→2回目ーー→1年以上ー→3回目ーーーーー→ 1年以上      
                         違反なし    違反なし

      

違反2点 ←ーー→    違反3点 ←ーーーー→ 違反3点 ーーー→     ↓

      (加算する)     累積5点  (加算なし)  累積3点  (加算なし) 累積0点
 
 

あと2年以上無違反で経過し、
3点以下の軽微な違反をしたら、
その後3ヶ月間無違反であったときは
累積点数が0点になる。
ただ違反をして点数が0点に戻っても
経歴は残って60分または
120分の講習を受けなければなりません。

 
④事故の傾向
事故ってどんな状況で起こることが多いと思いますか?
スピードをオーバーして、蛇行運転などの危険な運転をする・・・
いわゆる暴走行為やそれに近い運転をした時と思いがちですが、
実はそうではないのです。
そういう暴走行為をする人はごく一部で
マスコミで大きく取り上げられているので多く感じますが、
警察の懸命な取り締まりのおかげで
相対的に見ると人数が少なくなっているのです。
むしろ一般の運転手による事故の方が圧倒的に多いのです。

その内容は40km/hで走行中の事故が約40%、
60km/hでは80%を越えています。
これは広い幹線道路よりも片側1車線、
またはセンターラインを引いていない
狭い道の事故を意味しています。
また交差点の事故が人身事故の40%を占め、
その中で信号のない交差点の事故が
60%以上を占めています。
つまりこれを合わせると事故が多いパターンは
スピードの出る広い幹線道路より、
狭い生活圏内の信号のない交差点で
多くの事故が発生していることになります。
道を知っていることが油断となってしまうのです。


⑤ますますの厳罰化
年々厳罰化が進んでいます。
厳罰化されても個々がしっかりしていないと
事故は少なくなりません。
ちょっとした木の緩みで大きな事故を引き起こしてしまいます。
特にアルコールによる飲酒運転、
覚せい剤、危険ドラックに代表される薬物、
無免許運転に関係するものの罪が重くなっています。
もちろん大きな事故に直結するものばかりで、
なかなかなくなりません。
本人はもちろん周囲の人も気がついたら
アドバイスや注意喚起をしましょう。

« サボったつけが・・・ | トップページ | 新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/58470692

この記事へのトラックバック一覧です: 免許書換:

« サボったつけが・・・ | トップページ | 新 »