2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 静岡鉄道 バレンタイン特別キャンペーン | トップページ | 優勝のつけ? その1 »

2015年2月15日 (日)

Dステージ大会 第5節@総合優勝

2月8日にDステージ第5節がありました。
早いもので今年度の公式戦はこの日で最後となりました。
うちのチームは男性3人、女性8人の大所帯なのですが、
今年度、練習も含めて一度も全員が揃ったことがありませんbearingsweat01
CDEトーナメント大会だって女性が5人しか集まらなかったのです。
この日が初めて全員が一度に集まった記念の日になりました(爆impact

第5節は第1節と同じ組み合わせです。
つまり総合2位にのうちのチームには
トーナメント大会までで総合トップの
Eチームとの直接対戦があります。
総合トップになるにはEチームとの対戦に勝つことが
一番の近道となるのは誰でもわかることですが、
第1節、エリア大会も含めて一度も勝ったことがありませんwobbly
しかも全部ストレート負けsadsign04
セットすらもと取ったことがないのですcrying×
この日の目標はEチームに勝つことに設定しました。

第一試合、第二試合と順調に勝っていきました。
この時期、寒くて足が冷えると
足の動きが悪くなることが度々ありました。
ですからこの日のために前日にタイツを買ったのです。
税込6、000円もしましたbearing
薄給で薄小遣いのOsugiにとって
痛い、痛い出費となりましたが、
このタイツおかげで足が冷えて
寒いと思ったことがありませんでした。

いよいよ正念場のEチームとの対戦。
相手は多分全員が20代、
逆にうちは二人を除いて
全員が50代の新旧対決。
この日の雨模様が幸い(?)したのか、
何が原因かわかりませんが、
ストレートで勝ってしまいました。
変な意味ではなく、全員で抱き合って
喜びを分かち合いました。

試合中、相手がタイムを取ったとき、
私が充実したこの試合に感極まって思わずベンチで


いやぁ~~~


バルーンって


heart01本当に楽しいheart01  lovely



なんて言ったものだからhappy01一同大爆笑happy01


え~~~っsign03


今までは


楽しくなかったの?pout



なんてベンチで冗談が飛び交うほどみんなが
試合を楽しんで、リラックスして
勝負に勝ちたいという意識で
まとまっていました。


第4試合もフルセットで勝利を収めることができました。
そしてなんとなんと得失点差でステージ優勝crown
なんと5点差
結果をいち早く本部の人に聞いて、
チームに戻ってみんなに優勝したことを
真っ先に報告しようとVサインをしながら行ったら


なんだ、


2位だったの?down




と言われてしまいました_| ̄|○ガクッ

そして念願だった2年連続年間総合1位の
タイトルも獲得することができました。


ある人に
「優勝できていいね。そんな経験がしたい。」
と言われました。
うちのチームは結成15年。
ここまで来るのに15年の歳月がかかりました。
継続し、進化し、チームが仲良くまとまってひとつになって
高いモチベーションを持ち続ければ
いつかは必ず出来ることと思います。
実際自分たちが優勝なんてできるチームに
なるとは思ってもいませんでした。
優勝なんて雲の上の存在、
夢か幻でも起こらない限り実現しないことと思っていました。
しかもうちのチームは前述の通りメンバーはほぼ50歳の
おじさん、おばさんのロートルチーム。
高い能力のある選手が揃っているわけでもありません。
そんな人が集まれば強いチームになります。
でもウチのチームにそんな人なんて一人もいません。
ひとりひとりの能力が高くない分、
全員バレーを心がけています。
一人のミスを全員でカバー、
コート内でもベンチでも声を出してプレーし、
励ましあって、ナイスプレーには最大の賛辞をして
コートにいるプレイヤーを心から応援する。
多分主審、記録の人や他のチームの人は
“うるさいチームだな”って思っている人もいると思います。
この声が出るからこそ、うちのチームの根本と思っています。

前回のトーナメント大会の時にも
今回の大会でも思ったことですが、
サーブミスってとっても大きい事と実感しました。
たかだか1点の失点ですが、
自分のチームに与える精神的ダメージと、
相手に与えてしまっている精神的優位感、
精神的余裕を与える影響が大きいと感じました。
どの時点でもサーブミスはしてはいけないのですが、
競っている試合のセット終盤の
サーブミスの影響はかなり大きいような気がします。
実際のプレーには現れない精神的なダメージと
精神的優位感は1点の失点より
後々まで尾を引いてしまう1点以上の価値のある
大きな失点となってしまう
意味となるような気がしました。



もちろん夜は打ち上げbeer
これが目的と言っても過言ではありません。
大盛り上りで・・・うるさくて・・・・
周りのお客様に迷惑をかけたことは・・・
否めませんng
どうか優勝shineしたことで盛り上がりに
拍車をかけてしまったものですから
見逃してくださいm(_ _)m


翌朝、起きてすぐに妙に水っぽい鼻水が出た気がしました。
花粉症?と思って鼻をかんでみたら
なんと鼻血をだったのです。
この歳で鼻血とは・・・
幸いシーツにはついていませんでした。


今年度は3月のエリア大会を残すのみ。
今回のチームの総会でいろいろな提案をする予定です。
少しずつチームを変えていって
みんながより一層長く、楽しくできるように
日々進歩を心がけたいと思います。

Cimg0179

« 静岡鉄道 バレンタイン特別キャンペーン | トップページ | 優勝のつけ? その1 »

バルーンバレーボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/58871886

この記事へのトラックバック一覧です: Dステージ大会 第5節@総合優勝:

« 静岡鉄道 バレンタイン特別キャンペーン | トップページ | 優勝のつけ? その1 »