2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

9月のカレンダー

「A3calender.2015.9.pdf」をダウンロード

2015年8月30日 (日)

シェア

Aさんは友人と早朝に出掛けて用事を済ませ、
奥様に帰るコールをしました。

プルルルル・・・

ガチャ
表現が古くてスミマセン



もしもし


はい


・・・・・


Aさんは不思議に思ったのです。
声の主は男だったからです。
あれっsign02もしかして・・・
俺のいない間に・・・・
なんて野暮なことは思いません。
愛妻家で通っているAさん。
結婚して20年近く経つのに未だ新婚のように
愛し、愛されている事を公言できる夫婦なのです。
Aさんはその声に聞き覚えがありました。


○○・・・?

○○に三男の名前が入ります。



そうだよ。



えっ、何でお前が出るの?


実は○○君はまだ中学生。
携帯を持っていない○○君。
この日は友人宅にお泊まりをして
緊急連絡用に奥様の携帯を借りたそうです。
これでは奥様に連絡ができません。
Aさんは仕方なく次男の携帯にかけたのです。


プルルルル・・・


はい


・・・・


電話口に出たのは再び三男だったのです。



なんでお前がまた出るの?



三男君。
今度はゲーム目的で次男の携帯を借りたそうです。
つまり三男は二人の携帯を借りて
友人宅に泊まったそうです。
Aさんは結局家の固定電話にかけて
奥様と話ができたそうです。
そんな話を聞いてこのお宅の
仲の良さを痛感しました。
たぶんどのお宅でもありえないことではないでしょうか?

2015年8月27日 (木)

お茶目な上司

先日ソフトボールの試合で手首を複雑骨折する
大けがを負ったAさんの事を書きました。
2回の手術を経て10日ほどで退院する事ができました。
その期間は当然な事ながら冷房完備の部屋に
ほぼ寝たきりでいたので、外気温に対応するために
2,3日自宅療養をして会社に復帰しました。

彼の左腕にはデカデカと金具が取り付けてありました。
手首が動かないようにするためです。
昔は石膏で固めたものですが、
今はあまりしないようですね。
通院で消毒と金具のネジの増し締めをするそうです。
約2カ月後に金具を外すそうです。
ヒジも動かないように固定されています。
先日医者に行った時に左腕は
筋肉がやせ衰えて骨と皮状態だったそうです。

マニアックにいえばドラゴンボールZで
初めてピッコロがセルと遭遇して
左腕にセルの尻尾がピッコロに突き刺さって
エキスを吸い取られた時の状態だそうです。


そんなAさんが会社に着いて構内を上司と歩いている時です。
構内には横断歩道があって

右よし、左よし、前よし

と指差呼称をして渡る規則になっています。
そこでお茶目な上司は

おい、A。

キチンと左手で指差呼称をしろよ。



なんて事を言ったのです。


Aさんは右手でもできます。

と言ったそうです。


階段でも上司は


手すりを持って階段を上がるのがルールだぞ!

などとAさんをからからっていたそうです。

左手が使えなくなってのでめんどくさくなったのが
風呂、着替え、食事だそうです。

2015年8月24日 (月)

Sステージ開幕

8月23日Sステージが開幕しました。
当初の予定より遅れてました。
ウチのチームは女性の参加者が少ないため参加しません。

10時頃南部体育館に到着。
今年度は施行のため番号が重ならなければ
ユニフォームがバラバラでも構いません。
言ってみれば練習試合の延長ですね。
ですから試合勘のインターバルのアップの時も、
試合中も試合が終わってもレギュラーシーズンのような
緊張感は全くなく、和気あいあいとした
雰囲気で試合が進んで行きました。
試合は15点3セットマッチではなく、
25点1セットマッチで行われました。
もちろん13点を取ったらコートチェンジをして
1分間のインターバルをおきます。
最後のほうになるとさすがに全員が50歳以上なので
スタミナ切れをする選手が続出です。
特に男性陣のアタックの精度が落ちてしまって
長いラリーが続く試合となってしまいました。

試合を見ていて、これこそがバルーンの本質だと思いました。
みんな仲良く、笑顔が絶えない試合展開で・・・
年齢を重ねても、20代の若い人でも
その年齢なりに楽しむ事ができる、
そんなスポーツという事を強く感じました。

参加チームは7チームで最初としては
上々のチーム数ではないでしょうか?
来年度どのように実施するかは分かりませんが、
仮に単独で本格的に実施するには
最低でも10チーム程度の数が必要だと思いますから
多くのチームが参加をしてほしいですね。

2015年8月21日 (金)

待望の・・・

結婚式の翌日。
やや二日酔いで起床。
時間は朝の5時。
なんでこんなに早く起きたかというと
この日は少年野球の練習試合があり、
集合時間が7時というハードスケジュール。
二日酔いが心配なのでコンビニで缶コーヒーと
ヒーハーするブラックブラックを購入。

この日は早朝は曇りがちでcloud
このままこの天気で言ってくれないかな・・・
なんて考えは砂糖よりも甘くて、
時間が経過するほどに雲が少なくなって
グラウンドに着いた時にはsun快晴sunとなってしまいました。
アップを終わっていざ試合。
この日は3チームによる総当たり戦。

1回表。
幸先よく2点を先取。
ここまでは今までも何回かあったパターンですが、
その裏に逆転されるケースがほとんど。
ですが、この日は三振を含む三者凡退で
1回ウラの攻撃が終了しました。
えっ、もしかしたら・・・

2回表。
打者一巡の猛攻(?)で5点を追加して7-0。
今までにないパターンで保護者の目が変わってきました。
2日ウラの相手の攻撃も一人のランナーを
許したものの0点に抑えてしまいました。

この日は攻撃は相変わらず、
ちぐはぐな点が多くありましたが、
守備については今までの練習の成果が発揮されました。
5回表の攻撃にはもう少しで打者二巡する猛攻で
何と13点を入れて一気に勝負をつけた感がありました。
こうなると興味は初勝利が完封勝ちになるかでした。
でも甘くはありませんでした。
6回に4点、7回に2点を取られてしまいました。

結果、27-6で初勝利をゲットしました。
でも心から喜んでいるのは保護者で、
選手の子供たちは勝とうが、負けようが
あまり変わらないような気がします。
まあ、子供ってこんなもんじゃあないかな?
徐々にな勝とうとする意識、
勝ちたいという気持ちが強くなってくればいいと思います。

2試合目はいつものチームに戻ってしまいましたけどね(爆)

この日の夜は祝勝会と称して
会場から予約をしてバイキングに行きました。
私はバルーンの練習のため欠席です。


6860d408b2c66cd9f417b316f7e469f5






2015年8月18日 (火)

結婚式

前回ラッピング電車の記事を書きました。
これに乗ったのは結婚式に出席するためでした。
酷暑、毎日が35度を超える日が続くこの時期ですから、
礼服の上着は汗でびしょぬれでした。
遅刻するのは論外と思ったので
集合時間の1時間も前に会場のホテルに着きました。
もちろん、エアコンでロビーは快適heart01
しばらくは腕をまくりあげたYシャツのままで汗がひくのを待ちました。
その間に新聞を読んだり、渇いたのどを潤すために
自動販売機でジュースを買ったり、
1時間の時間はあっという間に過ぎました。

披露宴の出席者は結婚式にも出席しました。
もちろん、事前に両家の顔合わせを済ませてありました。
式場の片隅にはパイプオルガンの物と思われるパイプがありました。
そんな会場ですから教会のような内装です。
そこで新郎新婦が登場して誓いの言葉や
指輪の交換、誓いのキスなどのイベントを行って、
出席者全員が集まって記念写真を撮りました。

私が結婚した時は“結婚式はおごそかな儀式で神妙なもの”
という感じだったので新郎は紋付き袴、新婦は白無垢で
神主が“かしこみ、かしこみ”などと祝詞をあげて行いました。
今の結婚式はそんなお固い雰囲気はなくなって
全体的に洋風で、パーティーのような様式に変わってきています。
私はむしろこんな肩のこらない、
出席者のみなさんが気軽に参加できて、
楽しく、ワイワイしながらやる、今のほうがよかったなと思います。

披露宴は簡単な(?)来賓のご挨拶ののち乾杯しました。
そう、私は生まれて初めて来賓として出席しました。
年齢を重ねるという事はこんな事なんだと実感しました。

披露宴は順調に進んでメインイベントの開始です。
新郎は魚屋に勤務しているというので
ミナミマグロの解体ショーを新郎自ら大きな包丁で捌きました。
テレビでは見た事はありますが、生で初めて見ました。
捌き終わって各テーブルに配られました。
これがおいしいのって、うまかったって・・・
久しぶりにうまい刺身を食べる事ができました。


若い二人の旅立ちを祝うには最高のイベントだったと思います。
そんなイベントに参加できたことを喜び、
微力ながら盛り上げることに協力できた事をうれしく思います。
末長い幸せを祈っています。

2015年8月15日 (土)

ちびまる子ちゃんラッピング電車

先日結婚式に出席するために静岡まで行きました。
なんと、運よくこんな電車に乗る事ができました。
ちびまる子ちゃんラッピング電車。
約1時間に1本運行しているようですから、
ラッキーといっても過言ではありませんね。
しかも結婚式に出席するために乗ったんですから。

そういえば結婚式に出席するなんて何年振りだろう?
10年以上出席していない事は確かです。
最近は年齢のせいか葬式が多くなりました。

閑話休題。
この電車は7月27日から約1年間走っているようですから
興味にある人は乗ってみてはいかがでしょうか?
残念なことに内装は全く手をつけていないことです。
ここまでやってほしかったですね。

政令指定都市になってからは静岡鉄道は
さまざまなラッピング電車を走らせています。
法律上、政令指定都市にならないとラッピングした
公共の交通機関の車両を走らせる事ができないそうです。

新型車両も導入予定で何かと話題が豊富な
静岡鉄道ですね。


150808_124301


主役はこの人。
まるちゃん(さくらももこ)とたまちゃん(穂波たまえ)
150808_124401


山田(山田笑太)と野口さん(野口笑子)
150808_124402


冬田さん(冬田美鈴)とかよちゃん(山田かよ子)
150808_124403


城ヶ崎さん(城ヶ崎姫子)と笹山さん(笹山かず子)
150808_124404


丸尾くん(丸尾末男)ととし子ちゃん(土橋とし子)
150808_124501


関連記事はこちら
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20150721_712713.html


2015年8月12日 (水)

ルールは守りましょう

Aさんはとても厳格な人ですpout
どこの会社にも一人はいるような
口うるさくて周りの人から煙たがられるhappy02そんな人です。
でもそんな人ってなぜか出世するんですよねbearingdown
やっぱりそんな態度が上の人から見れば
とっても見栄えがいいんでしょうねok
特にAさんが勤める会社はコンプライアンス(法令順守)を
うるさくいう会社だからなんでしょうかね。
その会社は当然のごとく構内の安全にうるさく、
構内に書いてある横断歩道を渡る時は
しっかりと立ち止まって、

“右よし、左よし、前よしsign03


と声を出すまではいかないものの、
人差し指を突き出して指差呼称をして
渡るのがルールとなっています。
ある時、指差呼称を適当にチャッチャとやって
渡っているのをAさんに発見され注意を受けた人もいます。


そのAさんが係長から課長に昇進して間もない時のことです。
言葉尻から嬉しい気持ちをくみ取ることができますhappy01
でも新しい仕事が増えて、だんだんに忙しくなってきてsweat01
笑顔が少なくなってきましたcoldsweats02
そのAさんが横断歩道を渡ろうとした時、
あれほど他人に注意していた指差呼称を
チャッチャとやって渡っているのを発見しました。
その噂は社内の裏話となって広がっていきました。

またこんな事もありました。
雨あがりの日に横断歩道を渡った時は
たたんだ傘で指差呼称をして渡ったのです。

こんな厳格な人でも実は心の底で指差呼称が
めんどくさいと思いながらやっていたんじゃあないかな?
コンプライアンスという名に自分が実は
振り回されていたんじゃないかな?
本音はみんなと同じようにめんどくさいと
思っていたんじゃないかな?

2015年8月 9日 (日)

自転車通勤してみたが・・・

Aさんは自称、学生の頃はかなりの
スポーツマンだったそうです。
ストイックにかなり自分自身を追いこんで
一生懸命に頑張ったそうです。

でも今は・・・

面影もなく、社会人になってからは
その反動か全く運動をしなくなったそうです。
でも最近になって周りから太っただの、腹が出ているだのと
言われるようになったのです。
事実当時と比べると20kgくらいも体重が増えているそうです。
そんな彼が車通勤から自転車での通勤を
考えるようになり実行したのです。

前日、テレビの天気予報を見て降水確率が0%を見て
一日中晴れるのを確信して、
彼はカッパを持っていないので

仕事も一日楽で、残業がない事を確認していざ出発。

とても快適に会社までの20分間のサイクリングを楽しんだそうです。
車通勤と同じ道を通ったのですが、
車で見る景色と全く違った景色に感動し、
何といっても朝のきれいで、気持ちいい空気を吸いながら
自転車をこぐ楽しさを十二分に味わったのです。


しかし


彼の不幸はここから始まります。
彼の仕事自体は早く終わったのですが、
突発な仕事が入って残業となってしまったのです。
まあ1時間だったのでかえって夕方の
蒸し暑い時間帯を避ける事ができたと
半分喜んでいたのですが、
風が強く吹いていて思ったスピードにならずに全く進まない。
だんだん体が疲れてきて・・・
残業の疲れが拍車をかけて疲労が増してきました。
道ってこんなにアップダウンがあるんだと
困難ことさえも感じていました。

途中何度か知らない家に飛び込んで

スミマセン、ちょっと休ませて下さい。

といって入りたいと思った事か。

それとか
立ち止まって自動販売機のジュースを買おうと思った事か。
これは彼の昔のアスリート精神がよみがえってきて、
途中での給水は負けた事を意味する
そんな気持ちが買う事を断念させました。

そんな事があっても行きより10分オーバーで
済んだ事はさすがですね。
家にたどり着いてしばらくは動けなかったそうです。
本人はもう一度トライすると言っていますが、
果たして・・・・

2015年8月 6日 (木)

ある週末 その2

自宅に戻ってグローブとスパイクを車に入れて
少年野球の練習に参加しました。
しばらくして紅白戦をやろうという事になりました。
でも子供たちだけでは人数が足らないので
大人も参加することになりました。
守備はセンター。
野球の経験は全くなく、
子供時代の学区のソフトボール、
学生時代に遊びでソフトボールの大会に
出た程度の経験しかありません。
少年野球の軟球は当然ながらとっても小さい。
センターに打球が飛ぶことはなかったけど、
レフトの選手がトンネルをしたりで
結構暑い中走り回りました。
しかも負けチームは5周のベースランニングのペナルティー。
ここで大人げないSugichanは一生懸命に走ったけど、
一人抜けなくて悔しい思いをしました。

夜は某チームのバルーンの練習に参加。
さすがに疲れて、この夜はジャンプができなかった。
普段でも飛んでいないと言われますが・・・



月曜日の仕事はさすがに疲れて大変でした。
しかも両足の太ももが軽い肉離れになってしましました。

木曜日にはウチのチームの練習がありましたが、
治りかけた太ももの痛みが再発。
途中で練習をリタイアしてしまいました。

ただ今、リハビリ中です。
おとなしくしますsleepy

2015年8月 3日 (月)

ある週末 その1

最近、とっても忙しい週末を過ごしています。
今年度になって新しい仕事が増え
といっても本来の仕事ではなく、少年野球のマネージャーとしてですが・・・
ウチにいる事が少なくなりました。
元来じっとしているのは性分に合わないし、
亭主、元気で留守がいいsign03
なんて昔のCMのコピーではありませんが、
奥様も喜んでいるのではないでしょうか?

先週も土曜日の午前中は少年野球のJrの大会。
少年野球では6年生が参加できる大会と
5年生以下が参加できるJrの大会と
4年生以下が参加できるS・Jr(スーパージュニア)の大会があります。
つまりJrの大会は来年度の状況を知る大切な大会です。
でもウチのチームはできたてホヤホヤの初心者チーム。
練習試合でも公式戦でも勝った事がない弱小チームです。
でも30点、40点は取られて当たり前から
20点になり、10点台になってきました。
でもまだまだコールド負け状態からは脱しきれません。
この日も13点に抑えたもののコールド負け。
課題は山積ですweepsweat01

翌日の日曜日には会社のソフトボールチームのマネージャーとして
朝、7時に自宅を出発。
これじゃあ平日と全く変わり映えがしない。、
しかもこの日は雨で試合が流れたためにダブルヘッダー。
1試合目はBクラスから転落したチーム。
やはり練習を見た限りでは格の違いを感じます。
それでも先攻のウチのチームは幸先よく先制点をゲット。
でも裏の攻撃であっさりと3点を奪われ逆転されてしまいました。
なおも2,3塁。
次の打者の打球がフラフラっとセンターに上がりました。
センター突っ込んで取ったかと思われました。
しかし白いボールがセンターの選手から
こぼれおちるのが見えました。


あ~あ取れなかったかdown

と思っていましたが、
センターの選手がうずくまって動かない。
セカンドやショートはおろかピッチャーまでに


バキッbearing


と、音が聞こえたそうです。
よく見たら彼の左腕があらぬ方向に向いていたそうです。
しかも白いものが見えたそうです。

もちろん試合は中断。
ベンチにいた私は事を理解して119にTEL。
場所を何回も説明し、当事者の氏名や年齢を伝えました。
何回も聞いたのは悪戯でないことと確認の意味があったと思います。

救急車が来るまでにキャッチャーのレガースで左腕を固定。
約15分後に救急車到着。

もちろん試合は続行不能。
選手はギリギリだったためもありました。
2試合目も棄権しました。
結果、複雑骨折。
幸いなことは神経系は異常がなかったことです。
利き手が右手だった事も幸いしました。

予定外に早く終わってしまったので
少年野球の練習に向かいました。


つづく

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »