2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 原付 タイヤ交換 | トップページ | 10月のカレンダー »

2015年9月30日 (水)

テレビ修理

出掛けようとして忘れ物を確認して、
テレビの主電源をOFFにするためボタンを押しました。
あれっsign02
押した感覚がない。
なんか穴が開いた感覚が中指の先に感じました。
ボタンがへこんだ?
よ~~く見てみるとボタンがない。
ボタンがテレビのボディーの中に埋もっていたのです。
Cimg0252

一応指が届くので触る事ができるのですが、
押しても全く反応がありません
出掛けだったのでそのままにして帰宅後修理に取り掛かりました。
四隅のネジを外しても取れる気配はありません。
そうだflairsign01
こういう時こそインターネット調べれば何とかなると思い、
メーカー名、型番、症状を入力して検索。
何と型番は違うものの似たような機種で修理している
YouTubeの画像を発見しました。
テーブルの上に液晶を保護するバスタオルを置いて
画面を下にして作業しました。
バラすには四隅のネジだけではなく、
取っ手やスタンドまで外さないとならないことが分かりました。
YouTubeの画像を止めながら作業したら
難なくバラす事ができました。

原因はボタンの元が折れてしまっていたのです。
Cimg0256_2

白丸の部分が折れた部分です。
つまりボタンの元が折れて欠落してしまったという事です。
この部品はプラスティックですから
経年変化で劣化してこれではいずれは折れる運命ですね。
しかも節電するために家電は主電源を切る事が求められているのに
これではあまりにも作りが簡単のような気がします。
せめてボタンが戻る仕組みはバネを使ってほしかったですね。
このテレビの製造年は2006年ですから
約10年の時間が経過しています。
当時〇ャープが世界の亀山モデルと自慢して
堂々と製品の水準の高さをうたっていました。
使用頻度が高い部分にはそれなりの耐久性が欲しいですね。
世界モデルがこれでは・・・

ボタンをはずして取り付け、基盤についている
主電源のボタンを押そうとしたらできなかった。
で、写真のようにセロハンテープで仮止めをしたら
押す事ができてテレビは復活しました。

この部品、いくらぐらいするのかな?
ネットで検索してもヒットしないbearing

« 原付 タイヤ交換 | トップページ | 10月のカレンダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/60887440

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ修理:

« 原付 タイヤ交換 | トップページ | 10月のカレンダー »