2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 来航日記@清水港 | トップページ | 禁酒生活 »

2015年11月 9日 (月)

原付 オイル交換

前回のオイル交換から3,000km走ったので
再びオイル交換を実施しました。
使用した道具は写真でパチリ。
151016_124602


手前にあるのがオイル受け。
上の左からオイル缶。
オイル缶のノズル(これがないとうまく入りません。)
廃油入れに使ったペットボトル。
前回交換の時に出た廃油が入っています。
つなぎを装着したラジェット。
モンキーやメガネだと廻しにくいし、
ネジ山をなめてしまう可能性があるし、
だいたい作業効率がよくありません。

あとはオイル受けが入るレジ袋。

レジ袋の中にオイル受けを入れて、
こうしておけばオイル受けが汚れず、自分の手も汚す事がありません。
ネジを緩めて古いオイルを出します。
この時驚いたのが出てきたオイルの量の少なさ。
たぶん100mlくらいしか出てきませんでした。
このまま放っておいたらオイルが無くなって
最悪エンジンが焼き付いてしまうところでした。
マメにオイルの量をチェックしなければいけませんねcoldsweats01
151016_124201

しばらくこのままにしてネジを締めて新品のオイルを注入。
そしてこの廃油をペットボトルに入れるのですが、
このままではほとんどこぼれてしまいます。
で、やや硬めの紙をくるくると先端を細く
反対側を太く巻いてセロテープで止めて
簡易型ジョウゴの出来上がりgood
こうすれば廃油を残らず、
こぼさずペットボトルに入れられるし、
レジ袋もジョウゴもビニール袋にまとめて
何枚も重ねてしまえば簡単に捨てられますscissors
時間にして15~20分くらい。
経費はオイル代だけ(880円)
といってもオイルは全部使うわけではないので
実質は半分の400円くらいしかかかっていません。
ここで残ったオイル缶はギュッとふたを完全に閉めて
日光に当たらない冷暗所で保管しないと
劣化が早く進んでしまいますのでご注意をban

« 来航日記@清水港 | トップページ | 禁酒生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/62184290

この記事へのトラックバック一覧です: 原付 オイル交換:

« 来航日記@清水港 | トップページ | 禁酒生活 »