2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

1月のカレンダー

「A3calender.2016.1.pdf」をダウンロード

2015年12月30日 (水)

出店ラッシュ

新聞広告にホームセンターのKインズが
地元説明会を開催する広告が入りました。
これで2回目(?)の説明会になるけど、
前回の時には開店予定は28年春頃とありましたが、
今回は平成28年7月28日(予定)とハッキリ書いてあります。
少々ずれ込みましたが、来年の夏には
オープンを予定しているようです。

先日には巴川にあった自動車教習所の跡地に
お先にオープンしたKーマがあるし、
老舗のJ・Eンチョウは2店舗あるし、
DニやE・ポットがあるからここにきて
清水区は競争が激しくなった様相を呈してきました。
自宅からはどの店舗も車やバイクなどで
十分に行ける距離にあります。
また、ホームセンターではないけど
サレジオ高校の向えにあったポーラの工場が
ニトリになるそうです。
ここにきて大きな店の出店ラッシュとなっています。

昔は静岡方式といって大型店舗の出店を
事実上できないようになっていましたが、
またそれを威張って自慢していた輩がいました。
ようやく自由に出店できるようになった事は
消費者として喜ぶ事ですね。
中小の商店としては驚異そのものと思いますが、
小さいからできる、細やかなサービスにしたりして
生き残ってほしいですね。




2015年12月27日 (日)

頭がよくなった

先日成績表が1・・・1・・・時々2という記事を書きました。
その息子が帰宅して喜んでいたそうです。
苦手な数学の点数が3倍になったということです。
すごい躍進ですね。
でもAさんは不思議に思ったそうです。
特に家で勉強した形跡はないし、
いつもと何ら変わらない生活を送っていたのです。
その子供のテストの成績が上がったsign02
納得がいきません。

“おい、テストを見せてみろ”

そう子供に告げると子供は部屋に戻って
テストの答案用紙をAさんに見せたのです。

目を疑ったそうです。

“これで3倍???”


なんと子供の点数は


3点


Aさんの奥様によると前回のテストは
実質0点だったそうですが、
先生の計らいによって無理やり1点にしたそうです。
ですから今回のテストは前回の3倍になったそうです。

2015年12月24日 (木)

CDEトーナメント大会@その2

③朝ラーを食べる予定が・・・

大会優勝の大本命のチームと対戦することになってしまった
“J”チームの事は以前書きました。
ところがふたを開けてみると、まさかまさかの勝利。
しかもストレート勝ち。
気がついたら勝ってしまいました・・・という感じです。
結果的にはこの大会の一番のカードだったような気がします。

私が分析する勝因は・・・

男性、女性の平均身長が高かったこと。
特に“B”チームのエース君に対して
同じ大きな体格の男性を前衛にしたこと。
これにより“B”チームのエース君のアタックは
高いブロックに対してかなり角度のきついクロスを打つか、
巻き玉を打つしかありませんでした。
クロスはアウトになるし、巻き玉は簡単にレシーブされてしまいました。

レシーブがよかった。
これはバレーボールの基本中の基本ですね。
まあ、よく拾いました。

このチームとは個人的に仲が良くてベンチで応援していて
試合終了後Kさんとは抱き合って喜びあいました。
自分のチームではないけど、
本当にうれしくて涙が出るほどうれしかった。

④書類が・・・

朝、本部の支度が整い、
受付のアナウンスをしてしばらくたったころ、
あるチームの人が困った顔をしてきたのです。
事情を聴くと大会選手登録名簿を持った人が休んでしまって
持って来るのを忘れてしまった・・・
一瞬あぜんとしましたが、
協会のパソコンでプリントアウトしてチームの人に渡しました。
もちろん、手書きの提出となりますが、
その人が私のところに来てこう言ったのです。


選手の名前って


フルネームで


書くんですよね。



当然です。



⑤ベスト8

最後になってしまいましたが、
ウチのチームはベスト8で敗退してしまいました。
特に最初に試合はなんかいつもと全く違った試合でした。
つい先日行われたステージ大会では
簡単にストレート勝ちを収めたはずなのに、
準エースが欠席していたのに、
すごく苦労して勝ちを収める事ができました。
次の試合はストレート勝ちだったのですが、
僅差でとてもウチのチームの試合内容ではありませんでした。
準々決勝では完敗でしたね。
ほとんどいいところがなく負けてしまいました。
結局悪い流れを断ち切る事ができなかった。
これは残り2節あるステージ大会の課題ですね。

優勝は昨年ウチと闘って準優勝だった“DG”チーム。
おめでとうございます。
このチームもステージ大会では負けない、失セットなしで
決勝で1セット落としたもののポイント的には完全優勝だったのですね。
特に感じたのが後衛からスタートした男性が
目を見張るほどうまくなりましたね。
若いから一年足らずであんなんにうまくなるんですね。
うらやましい。

第4節は年明け早々の1/10。
正月にお餅やお酒を控えなければいけないけど・・・

無理でしょうねweepdown

2015年12月21日 (月)

CDEトーナメント大会@その1

CDEトーナメント大会から1週間以上の空いてしまいました。
仕事もプライベートもこの1週間は
とっても忙しい日々を過ごし、
疲れ果てて毎日夕食と風呂と就寝に帰宅する日々を過ごしました。

以前に書きましたが、何と大会の前日に会社の忘年会があり、
何とか一次会で切り上げ帰宅しました。
でもこのままでは寝る事ができません。
体に悪いと思っていてもタバコのにおいが
来ていた服や髪の毛や体に染みついて
とっても臭くて眠る事ができないのです。
ぬるめのお湯につかって体を洗って就寝しました。

翌日は小雨の降るあいにくの天気。
でも一日中体育館の中にいますから関係ありません。
AM5:00に起床。
朝食を済ませ、バッグに荷物を詰め込んで
6:10に自宅を出発。
メンバーの自宅に寄っていざ戦場に。

7:30に会場に到着。
少し到着が早すぎたので車の中で井戸端会議。
会場に入り、コート作りなどをやって開会式。
ウチのチームの最初の試合は第12試合なので
2時間弱時間がいています。
この日は色々な事がありました。

①せっかく・・・

第1試合に試合をするはずだったチームがなんと不戦敗。
ラインアップシートに同じ番号が二つあった事と、
控えの人を書いていたら第1セットを落としただけで済んでいたのに、
6人ギリギリだったので実質の登録人数が5人しかいないことになり、
試合をしないで負けとなってしまいました。
私もキャプテンをしていた時に書き間違えでセットを落とした事がありました。
その時は幸いに控えの人を先発メンバーに入れて書いたので
第1セットを落としただけで済みました。
でも結局2セット目も負けてしまいました。

ラインアップシートってとっても重要なんです。
ですから自分ひとりで済ませないで
メンバーの人に自分の番号を確認してもらいました。
そうすることによって多くの人が見ることによって
このような間違いを防ぐ事ができます。
またよりによって朝早く出て、藤枝まで来て、
試合ができないで審判して帰るなんて・・・
ステージ大会なら次の試合・・・ってことになりますが、
トーナメント大会ではそうはいきません。
若いチームですからこれを踏まえて
自分なりに対策を考えて来年早々に行われる
ステージ大会に向けて頑張ってほしいものです。

②試合が減った

そういう事で実質上試合が一つ減ったことになりました。
でも・・・
もうひとつ試合が減ったのです。
驚いた事を聞きました。
1回戦を勝ったチームが棄権したということです。
話を聞くと仕事の都合で勝っても負けても
試合を一つやって帰ることになっていたそうです。
これを聞いた人の中に参加しないほうがよかったとか、
1回戦を対戦するチームに失礼とかいう人がいましたが、
私はそうは思いません。
そのステージに残りたいがために
1ポイントでも取れる可能性があるのなら
最善の努力をするのは当然だと思います。

続く

2015年12月18日 (金)

気のやさしい上司

Aさんは最近、会社に遅刻する事が多くなってきました。
原因は私にはわかりません。
単なる朝寝坊というのが本人の意見です。
その会社は完全週休二日制ですが、
時々土曜日に仕事があります。
Aさんが指名されたその日にまた遅刻をしてしまいました。

9時には着きます。

という電話の内容に寛容な上司は

じゃあ、タイムカードを打っておいてあげよう。

こんなやさしい上司がいるんですね。
上司としては休日出勤をお願いしている以上、
遅刻の常習犯のAさんであっても
少しの仏心を持って対応しようとしたのでしょう。

でもAさんは9時になっても会社には着きませんでした。
そうしたら上司が

さすがにこれ以上遅くなるならまずいなぁ~~

良心がとがめた上司はAさんのタイムカードを
自分の机のに持っていって
修正テープで消してしまいました。

しばらくたってAさんが出社しました。
タイムカードを打った後、
おもむろに自分のタイムカードの時間を確認して驚いたそうです。

あれっsign03

修正された上に出社時間が打たれている。

何か間違えたのかな?

全く理解ができないAさんは持ち場に行って
同僚から一部始終を聞き納得しました。
上司の温かい心遣いに感動したAさん。
改心して遅刻が減るかはAさんの
これからの気持ち次第です。

2015年12月15日 (火)

コンビニの駐車場

あなたはコンビニをよく利用しますか?

私は週に1回か2回程度ですから
たぶんそんなに多い方ではないと思います。
駐車場・・・
特にコンビニの駐車場での事故が多発しているそうです。
最近はスーパーよりもコンビニの利用率が増えてくるのにつれて
そこに訪れる人のほとんどは車での来店になるので
当然事故にあう危険率も高くなるわけです。

車でコンビニの駐車場に行った時の事を考えてください。
多くに車が入口近くに止まっていましたが、
運よく入口付近に一台分のスペースが空いていました。
最近のコンビニの駐車場は広いところが多くて
ちょっと離れたところにガラガラに空いた部分がありました。

あなたはどちらに停めますか?

たぶん便利性と早く入れて他の人に
取られたくないという心理で
多くの人が入口近く、それもそんな心理の時は
すぐに、早く入れたいという気持ちになって
頭から突っ込む人が多いと思います。
これが事故を呼ぶ危険性を高くするのです。
急ぐという心理、狭いところに停めるという事は
人や他車との接触をするリスクが多くなります。
車の密度が高いところに停める危険性ですね。

また頭から突っ込んで駐車したために、
買い物を終えて車を出す時は
バックででなければなりません。
ここにも危険性を多く含んでいます。
ただでさえ危険なバックでの車出しなのに
入口付近で止めた為に人との接触の危険性も高くなってしまいます。

大きく空いているスペースがあればそこに駐車をする。
入口付近に停める時はバックで入れる。
こうすればリスクを少しでも緩和できます。

2015年12月12日 (土)

CDEトーナメント大会 追伸

先日CDEトーナメント大会の抽選会の事を書きました。

http://win-sports.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/cde-f65c.html

一つ思い出した事がありました。
優勝の最右翼と誰もが思っている
“B”チームとの初戦で対戦が決まってしまったKさんの事です。
抽選会が終わってBさんと三人で話ていました。
Kさんは半泣き・・・なんてことは言いませんが、
明るくふるまっていました。
シードチームなのに朝早くに藤枝まで行って
1試合だけ試合をして、審判やって、9時過ぎには
帰り支度をしなければならない事を話していた時でした。
するとBさんがふとこう言ったのです。


藤枝は


朝ラーnoodleが有名だから


食べていけばいいじゃんsign03




もちろん朝ラーを食べに藤枝に行くわけではありません。
そんな笑い話が出てもっと落ち込んだKさん。
まあ本人は元来明るい性格だし、
打たれ強い性格だから(失礼)明るさflairは失いませんでした。


いえいえ自分自身も心配ですね。


今晩nightは会社の忘年会beer


明日は酔拳で頑張ります(爆)


睡拳にならないように頑張ります(激爆)





2015年12月 9日 (水)

逆転した夫婦

Aさんの趣味はジェットスキー。
購入費用や維持費にとってもお金がかかるので
アルバイトをしてお金をためています。
でもAさんの年齢は・・・来年還暦。
とっても若い。
Aさんのあだ名はかつお。
サザエさんのカツオに似ているわけではなく、
かつおって泳いでいないと死んでしまう魚です。
つまりAさんは常にじっとしていないで
常にマメに動き回っている人なんです。

そのAさんがジェットスキーを運転中に
怪我をしてしまいました。
引き波(船舶が航行する時、船体が水を押しのけることによって発生する波)に
向かって走らせて、波を利用してジャンプしたそうです。
いつもよりかなり高く飛んでしまったそうです。
そのために何とAさんは
空中で気を失ってしまったそうです。
一命は取り留めたものの足が痛くて動けない。
仲間に連れられて何とか岸にたどり着いたそうです。
ここからがAさんのすごいところ。
痛い足を引きずりながらジェットスキーを車に積み、
ジェットスキーを水で洗ってから病院に行ったら
足の甲付近を2か所骨折していたそうです。
骨折しながら自力で歩き、洗車するなんて・・・
もちろん奥さんには“年齢を考えろ”とか
それはそれはこっぴどく怒られたそうです。
これには普段は亭主関白のAさんでも
返す言葉がなかったそうです。

Aさんの腫れあがった足を見て奥さんがこう言ったそうです。

右足と左足の太さが倍近く違うね。

まるで

ふくらはぎはゾウ、

足首付近は豚足のようだね。



どうやら事故を境にAさん夫婦は
この事故を境に亭主関白からカカア天下に
一瞬で変わったようです。

2015年12月 6日 (日)

身長が高い理由

Aさんは身長が175cmと
男性としてはやや高めの身長ですが、
その息子さんは185cmなんです。
その子はなんとまだ中学生。
個人的にはそのくらいの身長があれば
バスケットやバレーボール部に入ったら
いいんじゃないかと思うのですが、
彼はテニス部だそうです。

でもAさんには大きな悩みがありました。
それはこの息子があまりにも勉強ができない事です。
将来なりたい職業を

マックの店員

と言った事があるそうです。


私たちの子供の事には勉強ができない子供の成績は

“ランニング”


と言っていました。
つまりランニングの声かけは

“イッチ、ニッ、イッチ、ニッ、イッチ、ニッ、”

1と2しかないことの例えです。
でもAさんの子供はイッチ、ニッどころか

イッチ、イッチ、イッチ・・・時々ニッ

これでは親が悩むわけです。
でもその子はそんな成績をな~~んにも関知していません。
まあ、親としては成績よりも明るく、
まっとうな人間に育ってくれれば何も言う事はありません。

ある時Aさんはふと気がつきました。
この子はなぜ身長が高いかを・・・
それは息子の悪い成績のせいなんです。



他の人より



脳みそが



軽いからupwardright



身長が高いんだ

2015年12月 3日 (木)

CDEトーナメント大会抽選会

11月28日に藤枝武道館で開催される
CDEトーナメント大会の抽選会に出席してきました。
前回のこの大会でまさかまさかの優勝で
ディフェンディング・チャンピオンとして・・・
なんてことは言いません。
謙虚に一チームとしてこの大会を楽しむ事ができたら幸いです。

第3節までの成績・・・Cステージ上位6チーム、
Dステージ上位2チームがシードチームとなるために
Cステージ4位のウチのチームはシードチームになりました。
まずは大会の要綱や注意点の説明を受けた後、
運命の抽選会に入りました。
実は新チームなのでEステージからスタートしたけど
Aステージ級の実力を持つ“B”チームが
優勝の大本命と誰もが思っている事なので
そのチームがどこに入るかが一番の注目点だったと思います。

まずはシードチームの抽選から。
ウチのチームは右側中央の山に入りました。
前回の大会でウチと対戦して負けてしまって
一年間“打倒ウチのチーム”を合言葉に
頑張ってきたKチームと同じ山となりました。
そしてじゃんけんの結果、Eステージのチームから
抽選を引くことになりました。
そう、あのCDE最強の“B”チームは早めに
抽選を引くことになりました。



結果



ウチと正反対の山に入ってホッとしました。
対戦相手に決まった“J”チーム代表のKさんは
昨年、一昨年とJグループのチームと対戦して
初戦敗退となっていたので
今回こそ・・・と意気込んで来たら
この結果にかなり落ち込んでいました。
でも負けが決まったわけではありません。
相手は確かに強いのですが、
試合はやってみなければ分かりません。
でも復活するわけもなく、
ごめんねとみんなにラインすると言っていました。


ウチのチームの対戦相手はなかなか決まらず、
ようやくラスト2チーム目の
“S”チームがくじを引き当てました。
つい先日第2節で戦ったばかりの相手です。
その時はストレート勝ちを収める事ができましたが、
トーナメントには魔物が住むと言われている(?)ので
気を抜かないで頑張っていきたいと思います。
本拠地も隣で女性同士もよく知っていて
平均年齢も近くて仲の良いチームです。

朝が早いのがちょっと難点ですが、
目標は大きくしましょう。
今までどのチームも成し遂げた事のない
連続優勝としましょう。
昨年は一つか二つ勝って帰ろうと言っていたのが、
一年後の今年は大きくしました。
それだけ欲が出たのかな?


http://www.s-bva.jp/member/cde_kumi.pdf

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »