2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

6月のカレンダー

「A3calender.2016.6.pdf」をダウンロード

2016年5月30日 (月)

巨人VS埼玉西武

5月29日掛川球場で巨人VS埼玉西武の
イースタンリーグの試合に行ってきました。

11460556372178389

本当は前日の島田球場に行きたかったのですが、
仕事のために29日に日程を調整しました。
毎年のこの時期に巨人のイースターンリーグの公式戦が行われていて、
過去に横浜(現在のDeNA)、日本ハムの試合を見に行きました。
毎年恒例にしたいのですが、
ここ2,3年は日程の調整がつかずに行く事ができませんでした。

朝8:30に自宅を出発。
国道一号線バイパスをひたすら西に向かいます。
久しぶりの遠乗りの上に、ナビの案内に慣れずに
インターをひとつ前で降りてしまいました。
ここは素直にナビの指示に従って運転しました。
そうしたら真正面に掛川城が見えるではありませんか?
思わずパチリとシャッターを切りました。
もちろん信号が赤で止まっている時です。


Cimg03801


球場近くのコンビニで昼食をゲットして
1時間半余りで会場に着きました。
掛川球場は山の中にあります。
時期は時期だけに鳥のさえずりが心地よく聞こえます。
駐車場代はタダ。
11時開門、13時プレーボールなので
かなり時間に余裕があります。
入口前には粉もんを中心とした露店が並んでいます。
もちろんジャイアンツグッズのお店もありました。
当日券を購入し(Aゾーン、1800円)露店を一回りして
最後尾に並びます。
意外だったのは若い女性が多かった事です。
少子化の上に個人の趣味の多様化で
プロ野球人気も陰りがあると聞いていましたが、
ちょっと安心したSugichanでした。

開門の時間となって球場内に入ります。
この日は先着2、000名にロングタオルをプレゼントしてくれました。
こんな事は初めてでした。
もしかしたら例の事件の事があったからでしょうか?

Cimg0414





Aゾーンはベンチからやや遠い内野席となります。
Sゾーンはベンチ裏が中心です。
埼玉西武がシートノックとショート、サード、外野の守備練習の最中でした。
少年野球を少しかじっているので参考になりました。
暇そうに立ている選手がいない事です。
短い時間で効率がいい練習に目をひかれました。
しばらく練習を見学して少々早い昼食タイム。
長い時間暑い中を弁当を放っておくといたんでしまうからです。

しばらく過ぎて出場する選手が発表されました。
右肩痛などでファーム落ちしている阿部選手がDHで
先発出場が発表されると球場は大いに盛り上がりました。
一軍で活躍した経験がある選手では
松本選手、藤村選手がスターティングで出場です。
この日の出番はなかったけど西村選手もいました。
スミマセン、西武の選手は全く分かりません。

Cimg03901





さあ試合開始。


1回裏にいきなり得点圏にランナーを進めて
阿部選手に打席が回ってきました。
阿部選手はきっちりとライト前に
クリーンヒットを打って会場を大いに盛り上げました。
これだけでは終わりませんでした。
再びランナーを二人置いてライトにホームランを打ちました。
圧巻は狭い地方球場とはいえ、
二本目は場外に消えていきました。
結局阿部選手はこの日
4打数4安打7打点1フォアボールの大活躍をしました。
その後DHからキャッチャーとしてマスクをかぶりました。

Cimg03991


この後すぐに1軍に復帰しました。
やっぱりファームでは格が違い過ぎますね。
試合は8-0で巨人の圧勝で終わりました。

Cimg04101


Cimg04111


Cimg04121


埼玉西武は3人の投手の前に1安打完封負けで
全くいいところがありませんでした。
最後に大阪桐蔭高校出身の森選手が代打で出ました。


個人的に注目した選手。
先発して7回1安打に抑えた田原啓吾選手。

Cimg04061


1回だけの登板だったがそのスピードがすごかったウーゴ選手。
一番バッターとして2安打した山本選手。
特に田原選手は育成選手なので
一日でも早くに支配下登録してほしいですね。

もうひとつすごく驚いたのが審判です。
通常1軍では主審と3名の塁審でジャッジをしますが、
この日は塁審が1塁と3塁の2名しかいません。
一塁の審判は通常とほぼ同じなのですが、
3塁の審判は2塁と3塁を兼用していました。
一塁はバッターランナーは必ず一塁に行くので
離れるわけにはいかないからこうなったと思います。

Cimg03921


ネットのヤフーニュースでこの日の事が取り上げられていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000013-nksports-base


スポーツニッポンの記事です。
0001

2016年5月27日 (金)

またまた間違いが・・・

先日(5/22)にBステージ大会が開催されました。
会場は久しぶりの長田体育館です。
今年は私はBステージ大会の当番です。
自宅からは一番遠い体育館(藤枝武道館を除く)なので
いつもより早めの出発となりました。
久能街道を通って行ったのですが、
晴天だし、吹き込む風が心地よくて
このまま海岸沿いにずっと走りたくなってしまいました。

会場に着いて早速大会準備に取り掛かります。
この辺はサクッとベテランらしくbleah次々と仕事をこなしていきます。
そして開会式の司会。
協会では熊本大地震の義援金を集めています。
いずれしかるべきところにお願いして
送っていただくようにします。
みなさんのご協力をお願いします。

書類の事務処理を終えてゆっくりと試合を見ます。
選手の声、バールを叩く音、審判のホイッスル・・・
体育館中に響き渡ります。

事件発生w(゚o゚)w
あるチームがライン・アップ・シートを書き間違えた、
そんな連絡が入りました。
CDEトーナメント大会以来半年余りで3度目です。
今度はライン・アップ・シートの右上に
キャプテン背番号という欄があります。
そこに書いた番号が(この時8と書いてあった)
スターティングの6名と控えに8番の番号が
記載されていなかったのです。
これではつじつまが合いません。
8番の選手はどうしてしまったのでしょうか?
よって試合が1セット、2セットともに
試合が成立しないことになり、
15-0、15-0となってしまいました。

ここのところライン・アップ・シートの書き間違いが多いと
協会のHPでも警鐘を鳴らしています。
これが選手一人一人、各チームに浸透しているとは
必ずしも言えないところです。
これ以上周知徹底させる手段はありません。
個々がもっとライン・アップ・シートの
重要性を理解しなければいけません。
全試合第1セットが同じメンバーなら
書き換える必要がないので
このような事が起こりにくくなります。
最初の試合の時に書く時、
また途中の試合で書き換える時は
細心の注意を払わなくてはいけません。

試合順によっては試合間が短くて
せわしない時もあるかと思います。
ましてや先日のBステージ大会は
前代未聞と言ってもいいほど3チームが欠席しました。
ですから2コートで大会を行いました。
変則的な大会となってしまいました。
でもそれを言い訳にはできません。
キャプテンを中心として各チームごとに
防止する対策を考えなくてはいけません。
ウチのチームもこの事を重要視して
全員に報告して試合前にみんなで
ライン・アップ・シートを見るようにして
誤記入防止対策を確認しました。
特に今年からキャプテンが若い人に変わったので
旧キャプテンがよく見るようにしました。
せっかくの試合が単純なミスによって
試合ができなくなり、負けとなり、
ポイントを失うことは選手全員のモチベーションに
かなり大きなダメージとなります。
笑って過ごす事の出来ない事です。
十分気をつけましょうhappy01good

2016年5月24日 (火)

旅立ちはいつ?

自宅の玄関横の壁をふと見てみたら
こんななつかしい物を発見しました。

みのむしです。

ミノムシ(蓑虫)は、ミノガ科(学名: Psychidae)の幼虫
一般には、その中でもオオミノガの幼虫を指す。

幼虫が作るが、で作った雨具「」に形が似ているため、
「ミノムシ」と呼ばれるようになった。

Wikipediaより抜粋

ちょっと興味があってみのをつついてみたら
まだ住人がいました。
迷惑そうな顔をちょこっと出してpout
また奥に引っ込んでしまいました(笑)
子供の頃はよく見かけたみのむしですが、
見たのは何年ぶりでしょうか?
確か子供の頃は冬の寒い時期や
春先によく見たような気がしました。
そういえば子供の頃はどうなっているだろうかと
蓑をばらしたこともありました。
今考えるとみのむしにとっては死活問題だったでしょう。
この場を借りて謝罪します(爆)

こんな小さな事に感激することは大切なことです。
季節の移り変わりを感じる事が少なくなってきた昨今。
季節を感じる事は今の子供には
おそらく少なくなってきていると思います。

今度は蓑をばらしたりしないから
ちゃんと巣立ってねheart02

記事を書きこんだ後に見てみたら
ぶるがっていた糸が切れて地面に落ちていました。
住人は大丈夫でした。

良かった。

Cimg0357_2

2016年5月21日 (土)

中免日記 ~オジさんライダー誕生記~ Part.5

初めて自動二輪を運転したSugichan。
疲れ果てたという感じより
バイクの魅力heart04を実感してしまいましたscissors
教習終了後に次の予約を取ります。
今度は平日の仕事が終わってからの
18:30~19:20と20:30~21:20の
2時間を取る事ができました。

1日の教習時間は第一段階は
2時間しか受ける事ができませんが、
第二段階になると3時間受ける事ができます。
間に1時間開けたのは偶然ではなく
そこしか空いていませんでした。
でもSugichanにとっては好都合でした。
仕事が終わって脱兎のごとく教習所に向かって
18:30~の教習を受けた後、
カップラーメンとおにぎりを持参して
軽い夕食を取った後に
再び20:30~の教習を受ける算段でした。

18:30~の教習ではS字、クランク、
一本橋、スラロームを運転しました。
S字、クランク、スラロームはギアーを2速で
アクセル、ブレーキをなるべく使わず、
クラッチ操作でスピードを調整して通過します。
これは何回かやっているうちに
難なくクリアする事ができました。
問題は一本橋です。
一本橋は最初と最後に30cmの斜めの台に乗ってから
全幅5cm、全長15mを7秒以上かけて渡ります。
これが全くダメcoldsweats02 pout bearing weep
今回は10日ほどやって成功したのは1,2回だけ。
成功率は1割程度と惨憺たる結果になってしまいました。
検定の時に一本橋は落ちてしまうと失格となってしまいます。
S字やクランクに設置してあるパイロンを倒しても失格です。
プレッシャーに全く弱いSugichan。
一本橋の前で大きく深呼吸して落ち着きを図っても
結果はよくなりませんでした。
この教習はここで終わり。
失意の中で夕食restaurantにありつく羽目になってしまいました。

つづく

2016年5月18日 (水)

チェンジ

Aさん夫婦はその日はとても忙しくて
朝からてんてこ舞いだったそうです。
ですから昼食はお弁当で済ますことになりました。
ちょうどタイミング良く前日に近所の
お弁当さんの広告が入っていて
100円値引きのクーポン券がありました。
それを切り取ってお弁当屋さんに奥様と行きました。
Aさんは車で待っていて奥様が店内に入りました。


〇〇弁当と□□弁当をください。


と言ってクーポン券を差し出しました。
店員は不思議そうな顔をしたそうです。
おもむろにその店員はこう言ったそうです。


〇〇弁当と□□弁当は

当店にはありません。



驚いたのはAさんの奥さん。
こんな時間帯で売り切れてしまったのか・・・
なんでないんだろう???と不思議に思ったそうです。
その店員はすかさずこう言ったそうです。


このクーポン券は


当店では扱っていません。




なんで・・・

何で・・・

どうして???


Aさんの奥さんの疑問は膨らむ一方です。
そして店員は決定的な事を言いました。


このクーポン券は


△△弁当でウチは××弁当です。



Aさんの奥さんは真っ赤な顔をして車に戻って


何で違う弁当屋さんに行ったのsign02



Aさんは気まぐれが信条で、
クーポンの事なんかすっかり忘れてしまって
以前から気になっていた弁当屋さんに行ったそうです。

まあ、私からすれば突然店を変えたAさんは悪いんですが、
それに気がつかない、確認しないAさんの奥さんも
多少悪いような気がします。

2016年5月15日 (日)

中免日記 ~おじさんライダー誕生記~ Part.4

いよいよギアーをローに入れて初めてバイクを発進させますdash
気持ちはドキドキの最高潮up
ここは定番通りうさぎ飛びでスタートですhappy02
あとから言われたのですが、
ローギアーで引っ張りすぎるとこうなるそうです。
ローギアーで発進したらすぐにセカンドに入れれば
うさぎ飛びにはならないそうです。
車の運転に例えて教えていただきました。

初めてバイクに乗るわけですから
コース内に設置してあるS字やクランクなどは
当然、走らさせてはもらえません。
外周道路の外側ををひたすら走り続けます。
当然ながら車の教習と一緒に走りますから
超へたくそなドライバーに気を配らばければいけません。
S字やクランクなどで脱輪している人を多く見かけました。
おっと、そういう自分も超へたくそなライダーですね。
お互いへたくそ同士気を配りながら運転しましょう。

今度は内側を走ることになりました。
今までは時計回りに入っていましたが、
今度は反時計回りに回ることになります。
これだけでもかなり雰囲気が違ってきます。
内周道路には外周になかったのですが、
障害物に見立てたパイロンが置いてありました。
これを通過するには後方右の直接の目視と
右ウィンカーを使って障害物を通過します。
通過後にすぐに今度は左側の直接目視と
左ウィンカーを出してコースを回ります。
何回か通過しましたが、
ウィンカーを戻すのを何度か忘れていました。
この後もそうですが、
私はウィンカーの操作をどうも忘れがちになりますね。
焦っていて、動揺している状態だと思います。
冷静に、沈着に、心を落ち着けて・・・
あっという間の50分でした。
これではじめの一歩を踏み出した実感がわきました。

頑張るぞsign03

Cimg03541_2


Cimg03521_3

2016年5月12日 (木)

中免日記 ~おじさんライダー誕生記~ Part.3

再び教習所に現れたSugichan。
まだ流れを理解していないので事務手続きを聞きながら
ようやく事務手続きの準備完了。
バイクの教習はヘルメット、グローブはもちろんのこと、
プロテクター、ヒジ当て、スネとヒザ当てを装着しなければいけません。
それと番号が入ったビブスを一番上に着なければいけません。
それらを置いてある所に行ったら偶然に同僚がそこにいました。
実は私が色々な教習所のHPや直接資料を集めたり、
直接メールで調べた結果この教習所に決めたのですが、
それを聞いた二人の同僚が私より先に申し込んでいて
すでに数時間の教習を終えていたのです。
その一人に偶然会ったのです。
彼に装着方法を聞いて準備は完了しましたgood

さあ、授業の開始です。
まずは準備運動からスタート。
プロテクターが邪魔になって腕のストレッチはやりにくい。
屈伸や手首、足首の運動を経てバイクに向かいます。
二人一組となっての教習です。
私の相棒はご夫婦で申し込んだ奥様でした。
後ほど聞いたことですが、


「これからいい季節になるので


これからご夫婦で


ツーリングを楽しむんですか?」




と聞くと奥様は



「まさか・・・sign02



と、冷めた答えでした。
息子のバイクがあるので自分でも運転したくなったので
免許を取りに来たそうです。
体格がいい女性でしたが、
そんな大きい子供がいるようにな見えない感じの方です。

簡単な操作を教えてもらい、
まずは乗り方や転倒したバイクの起こし方です。



「これは重いsign01




これでATのほうがもっと重い事を考えたら
あの指導員のアドバイスを素直に聞いてよかったと実感しました。

そしてエンジンをかけました。

バルルルル・・・

この低いエンジン音と体が震えるような振動・・・sign04
一気にバイクの虜になってしまいました。
許されるならMTでもいいかなって思ったほどの
感動を覚えてしまいました。


400ccのバイクをいつの日にか買いたいsign03



つづく

2016年5月 9日 (月)

少年野球 

ちょっとここで一服。

5/3に少年野球のゴールデン・ウィーク恒例の
イベントがありました。
お試し会とBBQです。
今年はお試し会に5人も参加してくれました。
どの少年団もそうですが、
少子化の折メンバーの不足は
即、解散か合同チームになってしまいます。

まずは9:00に集合して練習。
と言っても月末にTボール大会が行われるので
4年生以下はそちらの練習に参加しました。
Tボール大会の参加は4年生以下とその母親のみが参加資格があります。
5,6年生は通常の練習です。

11:00まで練習をして一旦自宅に帰って着替えて、
会場まで折りたたみ自転車bicycleで向かいました。
この日は風が強くて死ぬ思いで(ちょっとオーバーでした)
10分遅れで着きました。

監督の乾杯の音頭の後、焼き始めました。
イベントって選手同士はもちろんのこと、
保護者同士、保護者と監督やコーチとのふれあい。
普段言えないような事を相談したりと
有意義な時間を過ごす事ができました。
まだまだ実質創設2年目の赤ちゃん集団。
試行錯誤してより良い方向性を模索しています。

心配だった天気もなんとか持ってくれて
無事に終了しました。
帰りは自転車をたたんで車に乗せて、
自宅付近まで送っていただきました。
今は自転車の酒酔い運転でも捕まる時代です。
世の中のルールを遵守する事も立派な行動です。

さあ、公式戦も近くなりました。
初勝利に向けていいきっかけになりました。

2016年5月 6日 (金)

中免日記 ~おじさんライダー誕生記~ Part..2

再び申し込みに行きました。
今度は素直に手続きが進んで行きました。
実はこの自動車学校は自宅までの送迎をしてくれる
つまりコース別で決まった道だけを走るのではなくて、
個別送迎をしてくれるあり得ないほどの画期的な学校です。
そして入学金はというと、
先日に名刺を頂いたおかげで3000円の値引きheart01
それとネットでゲットした1000円引きのクーポン券を印刷して
定価(?)88、000円(税込)のところ
合計4000円引きでheart0484,000円の支払いとなりました。
他のところではあり得ない格安となりました。

この時定番の視力検査や簡単な運動能力の検査と
写真を撮って事前手続きは完了となりました。
ついでにオリエンテーションの日も決めてきました。

いよいよ始まり始まりfuji

オリエンテーションは11:10の集合なので
平日は無理bearing
日曜日の予定がある日に決めました。
30分前に着いてまずはどんなところか散策。
定時になってロビーに集まりました。
全部で10人ほどが集まりました。
当然ながら私が一番の年上みたいですねcoldsweats01
2Fの教室に案内されて説明会が始まりました。
色々と説明を受けましたが、
流れが速くて理解するのに精いっぱいwobbly
何とかついていく事ができました。
これってもしかしたら年のせいsign02

coldsweats01


一通りの説明が終わった後に今度は教室を変えて
適性検査を受けました。
まあ、簡単に言うと能力検査と性格の検査。
例えば三つのひらがなが書いてあって
同じものを選びなさいという問題。
「の」と「ぬ」と「め」などと同じような時が混ざっていたり
順番が違っていたり。
それとか同じ図形をチェックするものだったり。
これが本当に小さくて〇眼のSugichanにとっては
小さすぎて小さすぎてとっても見にくかった。

以上でオリエンテーションは終了しました。

1Fに下がって今度はいよいよ教習の予約。
その日の夜の19:30~に予約を入れました。
この教習所はうれしい事に土日も教えてくれるし、
最終が20:30~と会社員にとっては
この上ない生徒にとってやさしい教習所なんです。


つづく

2016年5月 3日 (火)

中免日記 ~おじさんライダー誕生記~ Part.1

いよいよ事前申し込みの日。
S区O地区にある教習所に決めました。
バイクの小型ATにしようと思って教習所に向かったのですが・・・
受付の女性に教習の申し込みを伝えたのですが、
ここで教習所のドンらしき指導員登場。
その人の説明によると
ここでは小型ATのバイクはない。
いや他の教習所にもないということを言われました。
でもこの年齢になってMTには自信がないので


それじゃあ、普通ATにします


って言ったらその指導員は


取得するのはMTのほうが楽だよ


えっsign02
なんで?
だってチェンジがない分だけ楽じゃあないの?
不思議そうな顔をした私を見て指導員は


じゃあ実車を見てください


バイクを置いてあるガレージに行きました。


で、でっ、でかいsign03sign03
SUZUKIのSkyWaVeです。
http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an400sal2/top


ATのバイクってこんな大きいんだ・・・(絶句)
それに引きかえMTのバイクの小さいこと。
実車はCB400です。
http://www.honda.co.jp/CB400SF/


同じ400ccなのに・・・
結局排気量は一緒でもカウルなどで
ATの方が車体が重量も約20kg違うそうです。
できればMTにしたかったけど
年齢や運動神経の衰えでATを選択したSugichanですが・・
この日は保留と言う事で教習所を後にしました。
実はこの指導員は最後に私に名刺を差し出して


これを申し込みの時に出せば

3000円割り引きます。



らっきぃ~~happy01goodgoodgood


指導員は長年の経験でアドバイスをしていると思うので
ここは思い切って清水の舞台から飛び降りる覚悟で
MTに決めました。

つづく

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »