2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

8月のカレンダー

「A3calender2016.8.pdf」をダウンロード

2016年7月30日 (土)

朝から・・・

Aさんは毎朝7:00に出社しますsun
始業時間が8:20と言う事を考えると
かなり早い出社ですね。
これはAさん曰く、

朝5:00に自然と目が覚めてしまうから

自然と家を出る時間が早くなるし、

出社時間が早くなるんだsign03


っていているけど周囲は

恐妻家のAさんは

少しでも家に居たくないんじゃないか?


というのがもっぱらの噂です。


朝早く出社すると電話を受け取らなければなりません。
まあ、朝早い電話ってろくなものがありません。
仕事の追加や変更と欠勤の連絡がほとんどです。
会社では社員全員の携帯電話を登録してあります。
これは緊急連絡用にと社長の命令だそうです。
ですから社員からの電話は電話のモニターを見れば
受話器を外さなくても分かります。

プルルルルsign04telephone

この日も朝から電話がかかってきました。
何と3人目の欠勤の電話です。
さすがのAさんもうんざりしていました。
その時再び電話がけたたましくなりました。
いやいやモニターを見ると

あれっ・・・sign02


電話を掛けた主はBさんとわかったのですが、
確か朝にBさんの顔を見たと思ったのです。
不思議そうな顔をしてAさんは受話器を取ろうとしたら

あはははは

と、大きな笑い声が聞こえてきました。
何とBさんは滅入っているAさんを見て
悪戯に電話をかけたのです。
これにはAさんも降参したそうです。

2016年7月27日 (水)

バイクの選択

さあ、免許を取ったからには次はバイクの購入です。
教習する少し前から色々なバイクショップに行って
見積もりや情報を聞きました。
本来ならば故障やメンテナンスやカスタム化(?)を考えると
自宅に近いところにしたかったのです。
少々遠くて迷いに迷ったのですが、
一番対応が良くて、親切なショップに決めました。
ここなら安心して任せられると思ったのが最大の決め手でした。
またこのショップでは免許がない私に
免許を取ったら話を詰めましょうなんて
ガツガツした商売っ気のないところも気に入りました。
OP(オプション)の取り付け料が無料、
盗難防止用のチェーンをサービスしてくれました。
今後もOPを装備する予定があるので
そこでお願いする事も約束しました。

購入条件は125ccであること。
これは原付二種といって車の任意保険の
ファミリーバイク特約で賄えます。
任意保険ってバイクの場合はとっても高いのです。
当然ながら車検もありません。
ですから維持費が安いことが条件の一つなんです。

車検が必要な二輪車の区分は、
道路運送車両法上の「小型二輪自動車」になります。
で、この小型二輪車の区分は、
「排気量が250ccを超えるもの」となっています。
また車検が不要な二輪車は「軽二輪自動車」で、
軽二輪自動車の区分は「排気量が250ccまでのもの」となっています。
つまり、車検が不要な「軽二輪自動車」は排気量250ccまで、
それより大きい排気量を有する二輪車は
小型二輪自動車になるので2年ごとの車検が必要になります。

実際には存在しませんが、
上記法令から言えば、ジャスト250ccの排気量のバイクは、
区分が軽二輪自動車になるので車検はありません。

ですから現在販売されている日本の250ccのバイクは
実際は249ccとなっていて車検はないのです。


原付二種は大きく分けて2種類あります。
ひとつは50ccと同じ形で
足踏み台があって足をそろえて乗るタイプと
センタートンネル(表現が正しいかわかりませんが)があって
足を広げて乗るタイプがあります。
いままで50ccのDioでしたので足をそろえて乗っていました。
それと同じじゃ・・・と考えて後者のタイプにしました。

この条件を満たすのはHONDAのPCXか
YAMAHAのNMAXしかありません。
PCXは会社で数人の人が乗っているので・・・
 デザイン
    PCXのほうがシャープで洗練されたデザインのような気がします。
    NMAXはややごつい印象です。
 
 ヘッドライト
    どちらも今流行りのLED。
    ここでもPCXのほうが個人的には好き。
    ゴテゴテしていたりするデザインよりすっきりとしたデザインが好きなんです。
  テールランプ
    どちらもLEDですが、ウィンカーはNMAXは電球。
    デザインはどちらも好みではありません。
  メーター
    これもPCXのほうが好き。
    タコメーターがアナログなのがいいね。
    だって昭和の人間だもの。
 サイズ・重量
    これは特筆すべき点はなくて、どちらも一緒という感じです。
 タイヤ
    PCXは細くて大きく、NMAXはPCXより二回りほど太く、一回りほど小さいです。
    これは燃費にも影響しているような気がします。
    細いほうが燃費に関しては有利なんですが、
    運転に関しては太いほうがいいんです。
 ブレーキ
    前後ディスクでABS付きのNMAXのほうがやや有利か?
 エンジン
    PCXはeSP,NMAXはブルー・コアで売りだしています。
    NMAXは可変バルブといいますが、
    6000rpmでかわるらしいのですが、
    安全第一、ゆっくり走ろうのSugichanにはいらない装備かも。
 燃費
   PCX 50.6km/L NMAX 45.2km/L
   これもPCXの勝ち。
   と言ってもPCXには車でおなじみの
   アイドリング・ストップ機能が付いています。
   PCXユーザーに聞いたらアイドリング・ストップは
   バッテリーを食うそうで、常時OFFにしてあるそうです。
   前述のPCXのタイヤが細い事も影響してあると思います。  
   同じサイズのタイヤで比較したいですね。
 燃料タンク
   PCX8.0L NMAX6.6L
   これをガソリンのタンク容量で航続距離を計算すると
   PCX 404.8km  MNAX 298.32Km
   つまり満タンでの航続距離は100km違うという事です。
 メットインの容量
   PCX25L NMAX24Lと違いはほとんどありませんが、
   MNAXはヘルメットが頭頂部が下でなければ入らないようです。
   ですから慎重にヘルメットを購入しなければなりません。
 フロントポケット
   PCXにはシガーソケットがついています。
   
 リアキャリア
   PCXはベース部はほぼ標準装備と言えます。
   MNAXはオプションで付けなければいけません。
 タンデム 
   私はタンデムする予定がありません。
   ただでさえバイクは危ないと思っていますから。

総括するとデザインのPCX、装備のMNAXという印象です。
かなり悩みました。
決定打は今年3月に発売されたばかりで
まだあまり走っていない事。
ABSなど装備が充実していること。
周りにPCXユーザーが多いことなどでNMAXにしました。
色は本当は黒にしたかったのですが、
販売店の人が黒はウェスなどでホコリなどを拭くと傷になってしまい、
目立ってしまうと聞きマットグレーにしました。
OPはリアキャリアとGIVIのリアボックス(39L)。
サービスでチェーンロックを頂きました。
なお、キャンペーンでヘルメットワイヤーと
一年間の盗難補償がついていました。
値段は定価340,200円(税込)のところ
OP、自賠責(3年)を含めて定価とほぼ同じくらいの
破格値で購入できました。

さあ、本格的におやじライダーの誕生です。

Color03_0013zoom

2016年7月24日 (日)

おやじライダーの誕生

土曜日に卒検を合格したSugichan。
翌日曜日にバイクショップに行ったら
何と定休日でもないのにお休みsleepy
何とついていないんでしょうhappy02down
その上月、火、水と残業で行く事ができませんでした。
泣きっ面に蜂というのはこの事でしょうか?
木曜日にバイクショップに行って契約を済ませる事ができました。
安く叩くこともできましたが、
ここは仏のSugichan。
これから長い付き合いをしたいのでお互いが妥協できる金額でサイン。

翌週の木曜日に有給を取ってまずは銀行へ。
合計40万円近いお金をもってこれからあちこちへ移動です。
時間が少し早かったので北部図書館で時間調整です。
しかし、受付時間が13:00~13:10までとは全く話になりません。
もう少し余裕があったら半休にしたのに・・・
受付の人に聞いて2番の受付で扱うとのこと。
そこで書類を提出して4番の窓口に行ってくださいと言われました。
この4番の窓口って4の1から4の4まであります。
なんて不親切なんでしょうpout
何とかわかって近くで待つように指示されました。

そして20分ほどの時間が経過して
名前を次々と呼んで行きました。
私を含めて全部で13名いました。
中には非常にかよわそうな女性もいました。
この人もバイクの免許を取ったのかな?
と思わせるほどでした。
全員が3階の教室に移動して免許証ができるまでビデオ観賞です。
千原せいじ主演の飲酒の交通死亡事故でした。
それが終わると同時に免許が配られました。
感激の瞬間です。
この日のために一生懸命にバイトしてお金をためて、
約一ヵ月間教習所に通った集大成です。

そしてバイクショップに行って引き取りです。
その道のりで今度は離れてしまう原付に多少の未練がわきました。
購入して約2年と一ヶ月、走行距離16000km、平均燃費44.48km/ℓ。
本当に御世話になりました。
知人に5000円で売りました。

説明を受ける言葉も上の空。
最低限の事を頭にたたき付けいざ実車。
第一印象は当然のことながらでかい。
加速が全く違うし、同じ40km/hで走っても
全くその速さを感じない余裕の走り。
恐る恐る運転して〇ードオフへ。
特に朝通勤時に寒いのでウィンドブレーカーを買うためです。
着いて間もない時に携帯の着信音。
見ると登録していない着信が3回も入っている。
折り返しかけなおしてみると出た人の対応がすこぶるよろしくない。
なんの要件かわからないってそっちが掛けてきたんじゃないか?
しばらくして相手が変わってすごいことになってしまった。
新しい免許証の裏に普自二 平成28年〇月〇日と
ハンコウが打ってあるのですが、
この日付が担当者が間違えて昨日の日付で打ってしまったと。
免許証を受け取る時気がついたけどなんとなくスルーしてしまったのです。
自宅まで届けると言ったのですが、
まあ急いでいるわけじゃないし、
バイクの試運転も兼ねてちょうどいいかもと思って
再び運転免許試験場に足を運びました。
担当者が走ってきて私にお詫びしました。
よしよしと慰めてあげました(ウソ)

2016年7月21日 (木)

Dステージ大会@代理

7/17にDステージ大会が南部体育館で行われました。
私は今期Bステージの担当ですが、
Dステージ担当者がこの日の都合が悪くなって
急遽交代した次第です。
この日は曇りがちでたぶん気温は
そんなに高くはなかったと思います。
そんな陽気なのでとても蒸し暑い一日でした。
大会は1チームが欠席したため
全16チームで行われました。

この日は何と言っても第1節で
女性だけでストレート勝ちを収めて優勝した
“B”チームが優勝候補の筆頭でした。
しかも欠席したチームとの対戦が予定されていたため
巷では準優勝か好カードの話に移っていました。
ところがふたを開けてみると
第1試合はフルセットの末に負けてしまい、
第2試合にはストレート負けを喫してしまいました。
だから勝負ってわからないものです。
エース君が移籍しまった事が大きな要因である事は
間違いはないと思いますが、
趣味の延長のクラブチームの試合でも相手チームが強いからって
決してあきらめてはいけないことが証明されたような気がします。
勝負は常に全力で、勝負はふたを開けてみないとわからない事を
この二つの試合で改めて証明されたような気がします。

それとどうしたらチームを立て直す事ができるか・・・
その難しさ、選手みんなの気持ちの切り替え、
タイムをいつ、どのタイミングで取るか・・・
とても難しい問題です。

それと前述のとおりとても蒸し暑い一日だったので
一人熱中症で倒れた方がいたそうです。
1チーム欠席したため試合が立て込んでしまって
選手のみなさんには大変だったと思います。
途中30分ほどの休憩をはさみました。
個人個人体調管理が難しいと時期になったと思います。
皆さんも十分に気を付けてください。
もちろん普段の練習も含めてです。

2016年7月18日 (月)

ペット用缶詰 Part.2 安い・・・って

主婦の悩みの種の一つに食事のメニューがありますね。
どうもワンパターンになってしまいます。

Aさんは食事を作り終わって何か物足りないものを感じました。
育ち盛りの子供がいるので
栄養的に多くの種類を食べさせてあげたいと
常々思っているのですが、
この日の食卓はもう一品欲しいと思ったのです。
作るにも時間の余裕がありません。


そうだこの手があるsign01


おもむろに缶詰を出して
皿に盛り付けて完成です。

子供たちを呼んでさあ食事です。
子供じゃなくても食卓に上ったひと品が
缶詰から開けたものであることは明白です。


これって缶詰だよねsign02


子供から鋭い指摘です。

Aさんはドキッとしましたがひるまずこう言いました。


主婦は時間が忙しいの。

缶詰だって立派な食品よ。

これはね特売で勝ったものなのよ。

100円と消費税で108円で

とってもお買い得だったのよ。



と、自慢げに話をしたそうです。
でも子供は怪訝そうな顔をしてAさんを見つめています。
そこで恐怖の一言。


それって、


ペットの○○が


いつも食べている缶詰より


安いじゃん・・・



ってことは僕の食事は


ペットより安いのsign02

2016年7月15日 (金)

Aステージ大会 第1節

7月3日にAステージ大会が開催されました。
これでようやく第1節すべてが終了したことになります。
例年なら6月中に終わるのですが、
今年は北部体育館が使用できないせいか
いつもとは違った一年となりました。
しかも会場は藤枝武道館。
いきなり遠征です・・・(。>0<。)
しかもこの年齢になってAステージに登録とは・・・
公私に渡っていつもと違うシーズンです。

会場の藤枝武道館は本当に立派な体育館です。
静岡市にもこのくらいの体育館を作ってくれないかな?

うれしいか、悲しいか、対戦相手チームが欠席で不戦勝。
いきなりの好スタートととらえるか、
遠征するなら4試合をやりたいか・・・

結果は2勝2敗の9位発進。
どこのステージに行っても2勝なんだなって
代表が言われたそうです。
個人的には全く反省ばかり。
この年齢でAステージは正直きつい。
でも先発して1セットとれた事は
不幸中の幸いってところかな?
誰もが一度は立ってみたいと思ったAステージ。
一時期よりは勝敗にきつく、
ピリピリとした雰囲気はないような気がしました。
まあ、それなりに頑張るしかありませんね。

2016年7月12日 (火)

中免日記~おじさんライダー誕生記~ まとめ

約一ヶ月弱で免許を取得する事ができました。
幸いにも一発合格という
自分でも信じられない快挙となりました。


125ccの原付二種を買うのが当初の目的で、
小型ATの免許を取得しようとしたのが始まりでした。
それが小型AT⇒普通AT⇒普通MTと
順調にステップアップ(?)していきました。
実はこれが大正解だったような気がします。
金額はそんなに違わないし、
教習バイクのCB400を乗っているうちに
いつか将来、250ccや400ccの自動二輪に
乗りたいという気持ちが沸々と湧いてきました。
小型で免許を取得して限定解除という選択肢も考えましたが、
余分なお金がかかる事はもちろんのこと、
今免許を取らないと年齢的にだんだん免許を取得するのが
難しくなる事は目に見えていたし、
申し込み直前の指導員のアドバイスも大きく影響していました。
一生懸命にバイトしてようやく貯めたお金を有効に使いたくて
そのための努力は惜しむ事はしませんでした。
当初MTに不安がありATを考えたけど、
その不安は稀有に終わりました。
昔取った杵柄ではありませんが、車の免許も大昔ながらMTだったし、
実はその教習車は今では全く無くなってしまったコラム3速MTだったのです。
自分で買った車がしばらくの間はMTの車を
乗り継いでいたせいもあるかもしれません。
頭の中でバイクの運転を車に置き換えていたような気がします。
これで400cc以下のバイクはすべて乗る事ができるようになりました。


社会人のため平日は夜しか受ける事ができなかったので
なかなか思うような日程で
教習を受けることはできませんでした。
時には日曜日のAM7:30~ 時にはPM8:30~の
教習も受けていました。
この教習所は朝は7:30~、夜は20:30~まで教習を行っていたし、
ゴールデンウィークだってやっていました。
たぶん指導員の数は少ないと思います。
たぶん年末年始以外は無休かもしれません。
そういう意味では社会人にはやさしい教習所です。
家の近所の教習所は夜8時頃は教習は終わっているようだったし、
日曜日は教習はお休みなんです。

指導員もやさしく教えていただきました。
人によってはちょっと厳しい言い方をする人もいましたが、
それは許容範囲だったし、人の性格は千差万別なので
私は気にしませんでした。


課題はスラローム、一本橋、S字、クランク、
急制動(急ブレーキ)、坂道発進があります。
私を含めて苦労するのは一本橋の人が多いようです。
続いて急制動。
指定のスピードで走り、指定の場所でブレーキをかけ(前8、後2)
止まる2,3mくらい手前でクラッチを切って、
指定のライン手前で止まる課題です。


雨天の教習は少し大変でした。
普段でもプロテクター、レガース(ヒザ当て)、ヒジ当てを着けて
動きにくくて教習するのに雨天時はその上に
カッパを着なくてはなりません。
よけいに動きにくくなる上に、蒸し暑くなってしまいました。


50cc以上の排気量のバイク(原付は49cc)は
タンデム(二人乗り)ができます。
でも免許取得後にすぐにタンデムする事はできません。
一年を経過しないと出来ないのです。
高速道路は20歳以上、免許所有期間が
3年以上の時間が経過していないと乗る事ができません。
バイクに慣れるというのがその理由だそうです。
このタンデムは一人で乗る時より
色々注意しなければならない事があります。
タンデマー(うしろに乗る人)の乗り降りから始まって、
運転の仕方が大切なのです。
決して大げさな言い方ではありませんが、
車よりパッセンジャーの命も預かっているのですからね。
重量が重くなる分アクセルを吹かさなければならないし、
曲がる、止まる運転も一人の時より
細心の注意を払わなければなりません。
ですから休憩も一人の時よりこまめに取ったほうがいいそうです。
タンデマーもバイクの動きに合わせて
体重移動などをしてくれればより一層
ライダーの負担が少なくなります。


一ヶ月以上に渡って中免日記はこれにて終了です。
ご清聴ありがとうございました。
これによって新しい趣味の世界が広がりました。
急がずあわてずこれから始まる新しいバイクライフを
楽しんでいきたいと思います。

おわり

2016年7月 9日 (土)

中免日記~おじさんライダー誕生記~ 外伝

教習所に通うようになって書店に行った時dash
今まで全く目にしなかった
バイク雑誌に目を通すようになりました。
まだどれを見ても違いがよくわかりませんが・・・

これからバイクの免許を取りに行こうとする方へ
ちょっとしたアドバイスを。

まず服装。
長袖、長ズボンが基本です。
もっと言うと肌が露出した服装ではいけません。
これは足元にも言えることで、
普通のスニーカーを履いて短いソックスをはいていると
起立した姿勢では足首が露出しなくても、
バイクにまたがると露出する事があります。
これは裾が短めのズボンをはいているとこうなる時があります。
ですから一番いいのはハイカットの靴を履くことです。
それか足首がキチンと隠れる長いソックスをはくことです。

真夏に受けるととんでもないことになります。
sun真夏の太陽sunが照りつける中で
長袖、長ズボンという恰好をして、
その上に防具をつけなければいけません。
それだけでも大変なのにrainが降ると
さらにカッパを着なければなりません。
これはもう地獄と言っていいほど大変だと思いますbearingsweat01
さらに皮のグローブ(軍手は不可)、ヘルメットも必要です。
これではもう教習どころではないでしょうbomb
指導員によると皮手袋は〇ークマンが一番安くあると言っていました。

できるなら前もって原付などで
練習してバイクに慣れておいたほうがいいかもしれません。
全くバイクを乗った経験がない人が受けるには
少しハードルが高いかもしれません。
ストップ&ゴー、加速感、回頭性、バランス感覚・・・
400ccのバイクと原付はあまりにも違いすぎますが、
とりあえずの入門として乗っていてもいいかもしれません。

もうひとつ。
せっかく苦労して免許を取っても
冬の時期の寒さに負けて長い間乗らなくなる人がいます。
冬のバイクはかなり寒いです。
バイクを運転すると体感気温はかなり低くなります。
一番寒いといいましょうか、
痛い、ちぎれそうと感じるのは手です。
それでバイクに乗るのが億劫になってしまい、
最終的には乗らなくなってしまうのです。
長い間バイクに乗らないとバッテリーが上がったり
回転体にオイルが回らなくなって固まったりしてしまいます。
季節を問わずに乗る事ができれば
銭失いとはならないと思います。

原付に乗った経験があるかどうかはわかりませんが、
いきなり大型を取りに行った人がいたそうです。
かなり時間オーバーし、検定も何回か落ちたそうですが、
最終的に免許が取れた兵(つわもの)がいたそうです。

免許を取得して一年以内に取得免許の乗り物で
3点以上の交通違反や交通事故を起こしたら
初心者運転講習を受けなければいけません。
私の場合は中型以下のバイクに乗って違反をした時です。
車では加算されません。

普通二輪車の場合には2万円弱のお金が必要になります。
これは免許取得後1年以内に事故を起こす人が多いからだそうです。

安全第一。静岡第一テレビ。

くわしくはこちら。
http://www.unten-menkyo.com/2008/02/post_28.html

2016年7月 6日 (水)

中体連~野球

あれから一年の月日が流れました。
ちょうど一年前のこの時期。
知人の息子さんの中体連の
野球の試合を見に行ってから一年経過しました。
その試合はタイブレークの末、
エラーでサヨナラ負けを喫してしまったAチーム。
知人の息子さんは背番号一番を背負い、
キャプテンとしてこのチームを引っ張ってきました。
当然中学野球の集大成の大会です。

1回戦は緊張のせいかなかなか人が出ないし、
攻撃がチグハグでなかなか点を取る事ができません。
相手のミスに乗じて虎の子の1点を守りきって
何とか勝つ事ができました。
春の大会で県大会に出場したAチームですが、
やはり大会初戦は気負っていたかと思います。

2回戦は観戦する事ができませんでしたが、
逆転勝ちで準々決勝(BEST8)にコマを進めました。
知人と話をしたんですが、
こういう試合は先取点がかなりのウェートを占めるそうです。
そこで波に乗って追加点を加えて
優位に試合を進める事ができます。

3回戦を観戦する事ができました。
先頭バッターのAさんの息子は第一打席こそ
三振を喫してしまいましたが、
2、3打席目は外野に打球が飛んで
2打席連続の2塁打を放つ事ができました。

試合は3-0の完封勝ち。
ピッチャーは身長が160cmそこそこで
どちらかと言えばキャッチャー体型のやや小太り気味。
特別球が速いわけではありませんが、
緩急をうまく使ってたぶん1か2安打しか
打たれていないと思います。

試合が終わって大会の超本命チームの登場です。
ここで、すごい事を発見しました。
選手はグラウンドの入って試合に向けて
トスバッティングをしていました。
余分な会話もなくひたすら練習に打ち込んでいました。
ひとつの練習が終わると次の練習にすぐに入ります。
ムダな時間の使い方はしませんね。
下級生はグラウンドの周辺のランニング。
その選手達の荷物は一列に綺麗に並べてありました。
やはり強いチームってこんなところでもすごいですね。
強いけど荷物はバラバラに置かれている・・・
なんてチームは存在しないと思います。
一挙手一投足に気持ちがこもっている。
試合前の練習、いや家を出る時から
い試合の荷物をバックに詰める時から
試合は始まっている・・・
試合に向けたメンタルトレーニングも
できていると思います。

2016年7月 3日 (日)

第1回エリア大会

6月26日に第1回のエリア大会が開催されました。
全11チームのうち3チームが欠席で
8チームによる大会となりました。
ですから通常は集合時間が8時、
開会式が8時半、試合開始が9時前ですが、
参加チームが少ないため9時集合と
かなり遅いスタートとなりました。
8チームをA,Bコートに分けて
総当たりで予選を戦って、
同順位同士が順位決定戦を行なって
総合順位を決める方式となりました。

実はウチのチームが所属するエリアは
たぶん最強エリアという噂があります。
登録11チームのうちAステージが4チーム、
Bステージが3チーム、Cステージが2チームなんです。
Bステージの2チームはAステージ経験チームだし、
Cステージ2チームはたぶん来期は
Bステージに昇格するだろうチームです。
個人的にはウチのチームはここ最近は
こんな強いチームの中でもまれた事がないのですから
恰好の試金石となるエリアです。

当日は梅雨の時期独特な蒸し暑さで
体育館の中は蒸しぶろ状態で
外に出ればさわやかな風に汗が引いていく・・・
そんな日でした。
エースで名物男のA君は引っ越しのために欠席でした。

試合と言うと2チームとも2勝1敗で(ここが仲がいい証拠?)
ウチのチームが3位決定戦、
Aチームが5位決定戦にコマを進めました。
まあ最悪のウチのチーム同士の対戦は避けられました。

ウチは3位決定戦に勝って3位、
Aチームは惜しくも負けてしまって6位でした。

今日、Aステージ大会の第1節があります。
シャッフルして、新メンバーが加入して
最初の試合でした。
色々課題が浮き彫りになって
実りある大会となりました。
個人的には満足できない点が数多くありましたが、
ひとつ見つけた点がありました。
そこを修正できるかが問題ですが、
そこはバルーン最高峰のAステージ。
こんなジジイがちょっと進歩したからって
通用する世界ではない事は重々わかっています。
試合を楽しんでみんなを励ましたいと思います。





« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »