2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« おやじライダーの誕生 | トップページ | 朝から・・・ »

2016年7月27日 (水)

バイクの選択

さあ、免許を取ったからには次はバイクの購入です。
教習する少し前から色々なバイクショップに行って
見積もりや情報を聞きました。
本来ならば故障やメンテナンスやカスタム化(?)を考えると
自宅に近いところにしたかったのです。
少々遠くて迷いに迷ったのですが、
一番対応が良くて、親切なショップに決めました。
ここなら安心して任せられると思ったのが最大の決め手でした。
またこのショップでは免許がない私に
免許を取ったら話を詰めましょうなんて
ガツガツした商売っ気のないところも気に入りました。
OP(オプション)の取り付け料が無料、
盗難防止用のチェーンをサービスしてくれました。
今後もOPを装備する予定があるので
そこでお願いする事も約束しました。

購入条件は125ccであること。
これは原付二種といって車の任意保険の
ファミリーバイク特約で賄えます。
任意保険ってバイクの場合はとっても高いのです。
当然ながら車検もありません。
ですから維持費が安いことが条件の一つなんです。

車検が必要な二輪車の区分は、
道路運送車両法上の「小型二輪自動車」になります。
で、この小型二輪車の区分は、
「排気量が250ccを超えるもの」となっています。
また車検が不要な二輪車は「軽二輪自動車」で、
軽二輪自動車の区分は「排気量が250ccまでのもの」となっています。
つまり、車検が不要な「軽二輪自動車」は排気量250ccまで、
それより大きい排気量を有する二輪車は
小型二輪自動車になるので2年ごとの車検が必要になります。

実際には存在しませんが、
上記法令から言えば、ジャスト250ccの排気量のバイクは、
区分が軽二輪自動車になるので車検はありません。

ですから現在販売されている日本の250ccのバイクは
実際は249ccとなっていて車検はないのです。


原付二種は大きく分けて2種類あります。
ひとつは50ccと同じ形で
足踏み台があって足をそろえて乗るタイプと
センタートンネル(表現が正しいかわかりませんが)があって
足を広げて乗るタイプがあります。
いままで50ccのDioでしたので足をそろえて乗っていました。
それと同じじゃ・・・と考えて後者のタイプにしました。

この条件を満たすのはHONDAのPCXか
YAMAHAのNMAXしかありません。
PCXは会社で数人の人が乗っているので・・・
 デザイン
    PCXのほうがシャープで洗練されたデザインのような気がします。
    NMAXはややごつい印象です。
 
 ヘッドライト
    どちらも今流行りのLED。
    ここでもPCXのほうが個人的には好き。
    ゴテゴテしていたりするデザインよりすっきりとしたデザインが好きなんです。
  テールランプ
    どちらもLEDですが、ウィンカーはNMAXは電球。
    デザインはどちらも好みではありません。
  メーター
    これもPCXのほうが好き。
    タコメーターがアナログなのがいいね。
    だって昭和の人間だもの。
 サイズ・重量
    これは特筆すべき点はなくて、どちらも一緒という感じです。
 タイヤ
    PCXは細くて大きく、NMAXはPCXより二回りほど太く、一回りほど小さいです。
    これは燃費にも影響しているような気がします。
    細いほうが燃費に関しては有利なんですが、
    運転に関しては太いほうがいいんです。
 ブレーキ
    前後ディスクでABS付きのNMAXのほうがやや有利か?
 エンジン
    PCXはeSP,NMAXはブルー・コアで売りだしています。
    NMAXは可変バルブといいますが、
    6000rpmでかわるらしいのですが、
    安全第一、ゆっくり走ろうのSugichanにはいらない装備かも。
 燃費
   PCX 50.6km/L NMAX 45.2km/L
   これもPCXの勝ち。
   と言ってもPCXには車でおなじみの
   アイドリング・ストップ機能が付いています。
   PCXユーザーに聞いたらアイドリング・ストップは
   バッテリーを食うそうで、常時OFFにしてあるそうです。
   前述のPCXのタイヤが細い事も影響してあると思います。  
   同じサイズのタイヤで比較したいですね。
 燃料タンク
   PCX8.0L NMAX6.6L
   これをガソリンのタンク容量で航続距離を計算すると
   PCX 404.8km  MNAX 298.32Km
   つまり満タンでの航続距離は100km違うという事です。
 メットインの容量
   PCX25L NMAX24Lと違いはほとんどありませんが、
   MNAXはヘルメットが頭頂部が下でなければ入らないようです。
   ですから慎重にヘルメットを購入しなければなりません。
 フロントポケット
   PCXにはシガーソケットがついています。
   
 リアキャリア
   PCXはベース部はほぼ標準装備と言えます。
   MNAXはオプションで付けなければいけません。
 タンデム 
   私はタンデムする予定がありません。
   ただでさえバイクは危ないと思っていますから。

総括するとデザインのPCX、装備のMNAXという印象です。
かなり悩みました。
決定打は今年3月に発売されたばかりで
まだあまり走っていない事。
ABSなど装備が充実していること。
周りにPCXユーザーが多いことなどでNMAXにしました。
色は本当は黒にしたかったのですが、
販売店の人が黒はウェスなどでホコリなどを拭くと傷になってしまい、
目立ってしまうと聞きマットグレーにしました。
OPはリアキャリアとGIVIのリアボックス(39L)。
サービスでチェーンロックを頂きました。
なお、キャンペーンでヘルメットワイヤーと
一年間の盗難補償がついていました。
値段は定価340,200円(税込)のところ
OP、自賠責(3年)を含めて定価とほぼ同じくらいの
破格値で購入できました。

さあ、本格的におやじライダーの誕生です。

Color03_0013zoom

« おやじライダーの誕生 | トップページ | 朝から・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/65831275

この記事へのトラックバック一覧です: バイクの選択:

« おやじライダーの誕生 | トップページ | 朝から・・・ »