2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Bステージ大会第3節@代理 その2 | トップページ | 空気を読む »

2016年10月24日 (月)

名医を信じる

3連休明けの木曜日頃に自分の足の状態が悪いのに気がついた。
いや以前右足のヒザのやや内側に
トゲらしきものがささっているのは以前から知っていました。
こんな時は爪でほじくり出してしまうのが常なんだけど
今回はなかなか出なくてようやく無くなったと思っていた頃。
何か赤くはれ上がってきている・・・
まあ、しばらくすれば治ってくると思っていました。
ところが事態は徐々に悪くなっていく一方。
はれ上がっている部分は次第に広がっていき、
少し離れたと事にもうひとつ赤くなってきたところが増えました。
それでも放っていたら今度は左足に
赤いブツブツが7.8か所出来てしまいました。
そのうち週末になって右足の赤くなった部分から
水のような膿(?)がだらだらと出るようになりました。
まるで真夏の日差しを浴びて汗をかいているような感じでした。
ですから最初はガーゼを当てて包帯をしていましたが、
追い付かなくなってきて最終的にはキッチンペーパーを
赤くなった部分に当てて包帯を巻いたのです。
それでも包帯が濡れてくるようになってしまいました。
赤い部分は時には痛痒くてたまらない事もありました。
大きさは12cm×8cmになってしまいました。

さすがに心配になって月曜日に社内の診療所hospitalに行きました。
当然医者に行く事を勧められて皮膚科に行くことにdash
医者も少々驚いたようでした w(゚o゚)w
状況を説明して塗り薬を塗って包帯を巻いて終了です。
この間わずか4,5分余り。
あまりに早い診療に少々猜疑心を抱きましたbearingsign02
後は抗生物質の飲み薬です。
ところが翌日からてきめんに効果が表れましたgood
あんなにだらだらと汗のように出ていた膿がピタッと止まったのです。
痛痒い感じも徐々に無くなってきました。
“さすが地元で有名な名医”と手のひらを返したように、
舌が二枚あるんじゃないかと言われても
仕方がないほど効果抜群でした。

Cimg0502


Cimg0505








« Bステージ大会第3節@代理 その2 | トップページ | 空気を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/68070113

この記事へのトラックバック一覧です: 名医を信じる:

« Bステージ大会第3節@代理 その2 | トップページ | 空気を読む »