« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2月のカレンダー

「A3calender.2017.2.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規チームマニュアル(仮)

年度末も近くなり周囲が慌ただしくなってきました。
年度末、新年度当初、9月半期決算、年末・・・
こう並べると年中世の中って忙しいんですね。
忙しいって本当にいい事です。
ヒマでヒマで困っている人より
猫の手も借りたいほど忙しい人のほうが
一日が充実しているし、人間的にもいいじゃあないかと思います。

昨年末に遠い知り合いが来年度協会に登録したい
という話がありました。
そういえばここのところ協会に登録した事のないメンバーで
構成されているチームが登録するケースが増えてきました。
副会長に相談したら誰でもわかりやすいマニュアルを作ろうという事で
まず素案をボクが作ることになりました。

軽い気持ちで請け負ったもののなかなか大変な
作業である事に気がつきました。
まず基準が協会の事についてまるっきりわからない人でも
なるべくわかりやすいようにすること。
次にあまり細かく書き過ぎると膨大な量になるし、
焦点がぼけるのであくまでもガイドラインに徹すること。
人によって理解が違う事にならないような文面にすること。
文章を平易にする事(この表現ではいけない)。
この作業で年末年始の休みはこの事で終始してしまいました。
ヒマを見つけてはPCに向かい、
ルールブック、過去の議事録、総会資料、
そしてインターネットでバレーボールを検索したり・・・
あらゆる資料を参考にして1月初旬に副会長にメール送信しました。
2月中には協会のHPにアップしたいと思っています。
これを機会に新規で多くのチームが
登録していただければありがたいと思っています。
また、協会に既に登録してあった人でも
勘違いをしていた人もいると思います。

ただ今鋭意作業中でございます。
どうかよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒジ痛

昨年12月からほねつぎに通い始めました。
http://win-sports.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-9867.html
週に三回通いたいのですが個人的なスケジュールの都合上、
週に二回が限界なのです。
あれから2ヶ月ほど過ぎました。
肩(肩甲骨)や首を廻すと“ゴリゴリ”と音がしましたが、
それは“コリコリ”に変化してきました。
重くて違和感満載だったのがかなりスムーズに
動かす事ができるようになってきました。
よく言われるのが「もみかえし」ですが、
痛くないところ、炎症を起こしていないところをもんでしまった結果、
「もみかえし」が起こるそうです。

整形外科・整骨院・接骨院・ほねつぎ・鍼灸院・整体院と
6種類がありますが、
実は、『整骨院・接骨院・ほねつぎ』は名前が違うだけで、
治療を行う先生は皆『柔道整復師』という資格を持っている人です。
要するに名前が違うだけで、やられている内容は同じです。
なので、実際は、整形外科・整骨院(接骨院・ほねつぎ)
鍼灸院・整体院の4つに分類されます。
整形外科の先生の資格は、多くの方がご存知の『医師』です。
整骨院の先生の資格は、先程のお話した『柔道整復師』です。
鍼灸院の先生の資格は、『はり師』と『きゅう師』の2つの資格です。
この三つの資格は『国家資格』になります。
そして、整体院の先生の資格は、『民間資格』なので、
「無資格で開業している」と言う人もいらっしゃいます。
レントゲン検査が出来るのは、医師だけです。
また、注射・投薬・手術が出来るのも医師だけです。
慢性の肩こりや腰痛は基本的には外傷ではないので、
整骨院では治療できない事になっています。

スクリーンショット 2015-01-19 3.35.39


ここにきて右ひじが痛くなったので診てもらったら
とんでもない事が判明しました。
右ひじがとんでもなく曲がっていたのです。

P_20170120_081129_2

両腕を真っすぐにした状態で写しました。
これ以上両腕を真っすぐにできない状態です。
如何に曲がっているかがわかると思います。
これは柔道整復師では治せないと思います。
ヒジの内側の折曲がる部分と上部が痛い。
治すとしたら整形外科に行って診てもらわないとだめだと思います。
やっぱり大台の〇〇歳を過ぎると体のあちこちに
障害が出てくるものなのですね。
手術とかの手段を取ればいいんだけどそこはアマチュアスポーツ。
仕事に支障が出る事は避けなければいけません。
日常生活に支障がないからこのままで過ごそうと思っていますが、
これからの短い人生に悪影響がない事を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aステージ大会@第4節

1月22日東部体育館でAステージ大会が行われました。
この日の結果でおおよそ降格チームが絞られます。
1~3節まですべて2勝2敗、順位もほぼ真ん中の10位。
初めて経験するトップカテゴリーでこの順位は予想外sign02
でも今回、油断をすると降格ラインに入ってしまう恐れがあるので
第4節はウチのチームにとって大切な大会でもあります。
しかも対戦相手は協会発足当時からAステージに君臨している
老舗2チームを含めて強豪ぞろい。
どう考えても正念場と考えるのが妥当です。

会場の準備をしていたら第1試合で対戦するチームが
欠席という朗報が入ってきました。
この日の目標も2勝2敗ですから労せず1勝をGETできました。
そのチームを含めて2チームが欠席・・・
淋しい限りですね。

結果は3勝1敗、69ポイント獲得しました。
順位も2段階昇進、シングルの8位まで上昇しました。
これでAステージ残留は確定しました。
今年度当初こんなにいい成績は予想できませんでした。
突出してすごい選手はいないし、
平均年齢もたぶん一番高いと思います。
でも一人一人の高い意識と一体感でここまでこれたと思います。

第5節も試合を楽しんで、笑っていけたらいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスタントラーメン

インスタントラーメンが発明されてから
はや60年の月日を迎えようとしています。
私とほぼ同年齢なんですね。
個人的には週に1~2食、週末に頂く事が多いですね。

公正競争規約上の正式名は「即席めん」である。
また、食器として使用できる容器(カップ状の耐熱耐水容器等)に
入れてかやくを添付したタイプは
カップラーメンと呼称され、
公正競争規約上の正式名は「即席カップめん」である。

2006年
度に全世界で消費された量は約916億食(カップ麺を含む)。
うち日本の消費分は約53億食だった。
現在では、世界各地で作られており、ほぼ製造国にて消費される。
主な生産・消費地は
東アジアおよびアメリカ合衆国である

(Wikipediaより)

ちょっと気になったので色々と調べてみました。

日本即席麺食品工業会に登録してある会社は58社あります。
その中でトップに君臨するのは日清食品です。
日清食品と言えば美智子皇后様。
いわゆる世間的に見れば、日清製粉の社長令嬢です。


日本国内の即席めんの出荷額シェア
2005年度

1位 日清食品(チキンラーメン、カップヌードルなど)    40.4%
2位 東洋水産(赤いきつねなど)                19.2%
3位 サンヨー食品(サッポロ一番など)             11.5%
4位 明星食品(チャルメラ、一平ちゃんなど)         9.9%
5位 エースコック(ワンタンメン、スーパーカップなど)    8.3%
その他                                  10.7%

圧倒的な日清食品の一人勝ちです。
2位との差は2倍になります。
単純計算でその他の10.7%を50社余りが
ひしめいているということにもなります。

その中で私の一押しメーカーはニュータッチ。
ご当地のカップ麺があり、わが静岡県のラーメンもあります。

0804102517_57a2997d4b05e


そして私の一押し商品。おしメンですね(笑)

0804152703_57a2e037669f4


どちらもおいしいです。
特に仙台は最近トンと食べなかったみそ味。
まず味噌がうまい。
結構なピリ辛だけどちょうどいい辛さ。
味噌の味も赤みそっぽくてうまい。
もちろん面もうまいんだけど具が凝っている。
調理済みの生タイプの具材(もやし、ニンジン)が入っている。
特にもやしのシャキシャキ感が絶妙でうまい。
本当に満足した一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車ナンバーに英字

国土交通省は車のナンバープレートに
英字を使用する事を発表しました。

希望ナンバー制度とは登録自動車のナンバープレートにある
下4桁のアラビア数字について希望する番号が選べる制度です。
平成10年5月に一部地域でスタートし、
平成11年5月からは全国全ての地域で実施されています。
また、検査対象軽自動車のナンバープレートについても、
平成17年1月から希望番号制度が実施されています。
なお、ナンバープレートの「分類番号」は、
希望番号制度実施の時点で3桁となっています。
この制度が本格的に実施されて18年あまりの月日が過ぎ、
東京、大阪、名古屋などの大都市で人気の
「1」、「7」、「8」が今年度に枯渇する恐れが出てきたためです。
そこで地域名の右隣の車種の分類番号が
二桁+アルファベットで表記するようになるそうです。

S_asjdx5q6mjdxutil03c

なお、数字と見間違えやすい「I」と「O」は使用しないそうです。
全国的に採用するのではなくて
4月以降に枯渇した地域から採用されるそうです。
たぶん静岡はまだまだでしょうね。

あくまでも個人的な見解ですが、
遅かれ早かれ再び枯渇する可能性があるんだから
ここは一気にアルファベットも希望制にして
2文字にすれば自分のイニシャルにするとか、
幅がかなり広がるんだと思うんだけどなぁ~scissors
そういうところがお役所仕事だよね。
市場調査じゃないけど硬く考えないで
世間の希望やちょっとした遊び心なんかも
取りいれたらいいんじゃないかと思います。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんでもない社訓

あなたの会社には社訓がありますか?
たぶん創業者が考えたものが多いと思います。
代々引き継がれ創業者の気持ちがひしひしと感じられると思います。

昨年ある会社の女性社員が自殺しました。
その会社は東証一部上場の一流会社で
入社したその女性社員はとっても喜んでいたそうです。
しかしこの女性は残業が月に100時間を越えた事もあったそうです。
労働基準法では月に80時間以上残業すると過労死と認められるそうです。
女性にもかかわらず深夜遅くまで残業をし、
上司にはかなりひどい言葉で怒られていたそうです。
男女雇用機会均等法で男女の区別をつけることは
いわゆるセクハラと言われていますが、
個人的には男女は同じ土俵では働いてはいけないと思います。
しかもこの会社は過去にも男性社員が3年前にも死亡していて
過労死と認定されていたそうです。

そんな会社の風土とは
会社の社訓に現れているようですね。
この会社には“鬼十則”と呼ばれる社訓が存在していました。


1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、
  受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、
  永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、
  そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、
  迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、
  サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、
  でないと君は卑屈未練になる。

まるで戦時中の軍隊の規律みたいな社訓ですね。
これは4代目社長よって1951年につくられたものらしいのです。
特に5番目がすごいですね。
社訓に殺すとか殺されるとかそんな文句のある社訓なんて考えられません。

また表があれば裏がある。
裏十則なるものが存在していたそうです。

1)仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
2)仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
3)大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
4)難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
5)取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。
6)周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
7)計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、
  そして空しい失望と倦怠が生まれる。
8)自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、
  そしてついには誰からも相手にされなくなる。
9)頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。
  ゴマスリとはそのようなものだ。
10)摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。
  でないと君は築地のドンキホーテになる。

こうなると読むのも嫌になってしまうほどですね。
こんな社訓がある事がわかっていたら
その女性社員は入社しなかったかもしれません。
一部上場の企業に入社できた事を
一番喜んでいたのは彼女自身だったと思います。
一流企業にそんな事が存在していたなんて
夢にも思わなかったと思います。
36(さぶろく)協定なんて有名無実。
ただのお飾りにしかならなかったと思います。

彼女がなぜ周囲の人を含めて色々な人に相談しなかったのか?
などの多少の疑問がありますが、
自殺なんて最悪の選択をしてしまったのかは分かりませんが、
これを機会に過労と言う事をもう一度考え直す事が必要と思います。

何を隠そうボクも20代の頃は月に100時間を越える残業をした事があります。
当時は週休二日などなく、土曜日は通常勤務で
今と照らし合わせて考えると130時間以上していたことになります。
確かにつらかったbearing、疲労困憊だったcrying
でも自殺なんて考えた事はありませんでしたng
でも仲間が助け合ってそんな中でも
和気あいあいと仕事をするととができました。
お金なんて使う時間もなく、たまにあった休みを利用して
身分に似合わない高級車を新車で買った覚えがあります。
そう、当時はバブルまっさかりだったんです。
たぶん彼女の上司も当時を経験していて
滅私公房、仕事第一と教育されていたと思います。

これからは今の若い人の考え方を十分に理解して
彼らの意見も尊重しつつ、妥協点を見つける事が大切なような気がします。
そうすることによって会社が繁栄するupwardrightってことになると思います。

でも給料が上がらないのが不満だなぁweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au 三太郎シリーズ

昔話に登場する三人の登場人物でヒットしたauのCM。
視聴者のインパクトが強くてヒットし、
好感度が高くて、長い間親しまれていますね。
キャストの豪華でしかも普段はシリアスなドラマに出ているのに
コミカルな演技で笑いのツボもしっかり押さえているところがいいですね。

ところで誰が何の役を演じているのか気になって調べてみました。

桃太郎   松田翔太

浦島太郎  桐谷健太

金太郎   濱田岳

鬼ちゃん  菅田将暉

一寸法師  前野朋哉

花さか爺さん 笹野高史

かぐや姫  有村架純

乙姫     菜々緒

白雪姫    アリーシャ・コリンズ


登場人物の相関図もありました。

Diagram3_4

桃太郎とかぐや姫は夫婦だったんですね。
これは意外でしたね。
一寸法師と他の人との関係はまだありません。
これから色々と関わってくるのではないでしょうか?
また鬼ちゃんの嫁、つまり鬼嫁の配役が決まっていません。
ネット上では女優の新川優愛さんに期待が集まっているようですね。

約50作のシリーズ化したこのCM。
まだまだ道の部分が多くて
ますます今後の展開に期待ができそうですね。


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

NMAX~ドレスアップ

NMAXを昨年6月に購入してから半年以上の月日が流れました。
走行距離が4700kmと通勤距離が短いせいかやや伸びていません。

原付に乗っていた頃はなるべくお金をかけたくなかったので
ドレスアップは全く考えていませんでした。
NMAXを購入してからは徐々にドレスアップを図るべく考えていました。
ボクは燃費が悪くなるマフラーの交換を全く考えていません。
最高速や加速などは全く興味がありません。
朝早い時間帯に出勤するので近所迷惑を考えて
大きな音はなるべく避けたい思っています。
125ccなのに通常のスピードは50~60km/hくらい。
周囲にはせっかく125ccなのにもったいないと言われています。

そして年末に近いある日、ミッションは決行されました。
原付に乗っていた頃、冬の通勤は限界との戦いでした。
寒いを通り越して痛い。
特に指の外側。
直接風が当たるので会社に着く頃は
指がちぎれるかもしれないと思うほど痛いのです。
その対策として純正のナックルガードを購入しました。
手全体を包むハンドルカバーが一番暖かいのですが、
さすがにこれを装着するとオバさんバイクになってしまうのでパス。
結果、ナックルガードになったわけです。
某バイク専門店に充電式の手袋がありました。
本当に暖かくてよかったのですが、
値段が3万円で買えるはずがありませんせした。
Q5kysk090r01

それと足元の汚れが目立って気になっていました。
純正でもフートパネルとしてあったのですが、
ネットで購入しました。
ステンレスとメッキがあったのですが、
NMAXを購入した販売店で相談した結果ステンレスに決めました。
この販売店は部品代だけで取り付け費用は無料なんです。
飛び込みでNMAXの購入をこの店に決めたのですが、
こんなアフターサービスも充実していて
満足度200%ですね。


P_20161216_121905


P_20161216_122019


P_20161216_122040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球講習会

昨年末の記事になってしまいますが・・・

少年(学童)野球指導者養成研修会に行ってきました。
来年度からスコアラーからコーチに昇格(?)する私。
コーチになるにはこの講習会を受けないと
公式戦でコーチとしてベンチに入る事ができないのです。
午前中は体について講義を受け、
午後は隣の運動公園に行って実技の講習です。

講習って実に眠いものですね。
整形外科医(藤枝出身の女医さん)と理学療法士のお話。
外が寒かったせいか体がポカポカしてまぶたがホントに重かった。
ストレッチの重要性を説いていました。
今の子供は体が硬いと言われています。
それは生活の様式化(畳から洋間)とトイレの和式化と思います。
生活の中に畳に座る(正座)とかしゃがむとかが無くなっていることです。
そんな生活ですから股関節が硬くなってしまいます。
例え畳に座っても正座をしないでアグラをかいたりして
背骨が曲がった状態にで座ってしまいます。
今の子供はパソコンやテレビやスマホでゲームを
長い時間やっている事が多くて
視力が弱くなったり、猫背になったりしてしまう子が多いそうです。

午後は外で指導者講習。
指導員はノンプロ(社会人野球)で活躍した人がほとんどでしたけど、
一人プロ入りした人がいました。

片瀬清利(52歳)

榛原高ではノーヒット・ノーランを2回記録。
駒大に進学するも急性肝炎のため3年春に中退し、
東京ガスに入社。通算27勝で全日本選抜にも選出された。
1987年ドラフト外で広島入団。
1992年から右の中継ぎとして1軍に定着したが
1994年以降は不振に喘ぎ、1996年11月自由契約となり
阪神にテスト入団にて移籍。
1998年にはウエスタン・リーグで最優秀救援賞を獲得したが、
1軍戦力とはならず1999年限りで引退。
古巣である東京ガスの投手コーチとしてアマ球界復帰を果した。


(Wikipediaより)

通算成績は127試合16勝27敗防御率3.85でした。


P_20161211_140103_3


全部ビデオに撮っておきたいくらいよかったですね。
地元のチームの選手を呼んでコーチングをしたんだけど、
ひとつ、ふたつ指導するだけで見違えるように変わりました。
こんな見る目ができたらいいなって本気で思いました。
その少年のフォームを全否定することなく、
いいところ、悪いところを見極めて
型にはまった指導ではありませんでした。
昔の指導者は自分の考え通り、自分の型に
はめようをする指導がほとんどでした。
その子の個性や体を考えて指導する大切さを教わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皮膚科通院日記@安心

もめ事も何とか収拾して無事に受付が始まりました。
何せ人気のこの皮膚科。
その日が土曜日と言う事で診察は12:30まで。
時間が限られているので当然診察する人数も限られます。
どうやら先着16名までらしく、Aさんはギリギリ合格しました(爆)
それ以降の人は残念ながら流れ解散です。
それほどこの医者は人気があるのです。

いよいよAさんの診察が始まりました。
上半身を脱いで


ここにしみができたんですけど・・・

悪性でしょうか?気になるんです・・・


医者はしばらく観察してこう言ったのです。


心配はありませんね。


このシミは


加齢によるシミですね。


当然といえば当然の結果です。
小心者のAさんが心配過剰が原因ですから。
そして医者がPCに向かって入力し始めました。
ところが
一向に入力が終わりません。
心配になったAさんはモニターを覗き込んだら
この医者で初めてPCで一貫管理体制を作ったものの
医者自体がPCに慣れていない。
むしろPC初心者丸出しの入力の仕方。
そういえば診察が終わって次の人が呼ばれるまで
妙に間があいていたのを感じていました。
特に薬を出される事もなく安心したAさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

早いもので4月でこのブログも丸く9年を迎えます。
途中立ち止まったり(中断の事)したこともありましたが、
何をするにも三日坊主だったボクが
9年の長きにわたって続けられた事は
ひとえにボクのプライドと根性としかいう事ができません(爆)

今年もバルーンの事中心にマイペースで
自分の身の回りに起こった事を
独断と偏見で書き綴っていきたいと思います。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »