2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« Aステージ大会@第4節 | トップページ | 新規チームマニュアル(仮) »

2017年1月27日 (金)

ヒジ痛

昨年12月からほねつぎに通い始めました。
http://win-sports.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-9867.html
週に三回通いたいのですが個人的なスケジュールの都合上、
週に二回が限界なのです。
あれから2ヶ月ほど過ぎました。
肩(肩甲骨)や首を廻すと“ゴリゴリ”と音がしましたが、
それは“コリコリ”に変化してきました。
重くて違和感満載だったのがかなりスムーズに
動かす事ができるようになってきました。
よく言われるのが「もみかえし」ですが、
痛くないところ、炎症を起こしていないところをもんでしまった結果、
「もみかえし」が起こるそうです。

整形外科・整骨院・接骨院・ほねつぎ・鍼灸院・整体院と
6種類がありますが、
実は、『整骨院・接骨院・ほねつぎ』は名前が違うだけで、
治療を行う先生は皆『柔道整復師』という資格を持っている人です。
要するに名前が違うだけで、やられている内容は同じです。
なので、実際は、整形外科・整骨院(接骨院・ほねつぎ)
鍼灸院・整体院の4つに分類されます。
整形外科の先生の資格は、多くの方がご存知の『医師』です。
整骨院の先生の資格は、先程のお話した『柔道整復師』です。
鍼灸院の先生の資格は、『はり師』と『きゅう師』の2つの資格です。
この三つの資格は『国家資格』になります。
そして、整体院の先生の資格は、『民間資格』なので、
「無資格で開業している」と言う人もいらっしゃいます。
レントゲン検査が出来るのは、医師だけです。
また、注射・投薬・手術が出来るのも医師だけです。
慢性の肩こりや腰痛は基本的には外傷ではないので、
整骨院では治療できない事になっています。

スクリーンショット 2015-01-19 3.35.39


ここにきて右ひじが痛くなったので診てもらったら
とんでもない事が判明しました。
右ひじがとんでもなく曲がっていたのです。

P_20170120_081129_2

両腕を真っすぐにした状態で写しました。
これ以上両腕を真っすぐにできない状態です。
如何に曲がっているかがわかると思います。
これは柔道整復師では治せないと思います。
ヒジの内側の折曲がる部分と上部が痛い。
治すとしたら整形外科に行って診てもらわないとだめだと思います。
やっぱり大台の〇〇歳を過ぎると体のあちこちに
障害が出てくるものなのですね。
手術とかの手段を取ればいいんだけどそこはアマチュアスポーツ。
仕事に支障が出る事は避けなければいけません。
日常生活に支障がないからこのままで過ごそうと思っていますが、
これからの短い人生に悪影響がない事を祈っています。

« Aステージ大会@第4節 | トップページ | 新規チームマニュアル(仮) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/69327831

この記事へのトラックバック一覧です: ヒジ痛:

« Aステージ大会@第4節 | トップページ | 新規チームマニュアル(仮) »