« 健康体 | トップページ | 定年過ぎの職場 »

マスクの裏側

花粉症はいかがでしょうか?
ボクは朝はひどい時が時々ありますが、
日中は症状が出るもののあまり
症状がひどくなることはありません。

Aさんの会社の事務の女性の話しです。
年齢は20歳そこそこのうら若き乙女virgo
その女性も花粉症でデビューしたての初心者とは言え、
かなり症状がひどくて彼女の一番の悩みです。

花粉症の一番ひどい時は
くしゃみ、鼻水から始まって目のかゆみ・・・
くしゃみの連発による頭痛・・・・
あげたら枚挙にいとまがありません。
特にくしゃみ、鼻水は深刻で
夜中、眠っている時に自分のくしゃみで起きてしまったとか、
自分の意志とは関係なしにダラーっと
水のような鼻水が流れてしまいます。

閑話休題。
話を元に戻して事務員の女性は
この時期にずっとマスクをしています。
ある温かい日。
Aさんと話をしていたその女性が
何気なくマスクを外し始めました。
マスクをしていて暑くなったのでしょう。
そして女性の顔を見てAさんは大笑いをしてしまったのです。
水のような鼻水の花粉症。
鼻をかんでもかんでも流れてしまうので
ティッシュを適当な大きさに切って
鼻にティッシュを両方の鼻の穴に入れてあったのです。
実はボクもよくやることです。
鼻を何度も何度もかみ続けていると
鼻が真っ赤になるのに加えて
鼻の周りが痛くなってしまうのです。
ですから鼻水が流れなくするには
ティッシュを鼻の穴に詰め込んでいる事が
手っ取り早い方法なんです。

その後、その女性がどうなったかは聞けませんでした。

|

« 健康体 | トップページ | 定年過ぎの職場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/69935661

この記事へのトラックバック一覧です: マスクの裏側:

« 健康体 | トップページ | 定年過ぎの職場 »