2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

6月のカレンダー

「calender.2017.6.pdf」をダウンロード

2017年5月30日 (火)

ZIPでポン

朝のテレビは以前はめざましテレビを見ていました。
元NHKの大塚さんや八木亜希子さんや
菊間千乃さんが活躍していた頃です。
菊間さんはフジテレビを退職して今は弁護士として活躍しています。

最近ではもっぱらズーム・イン・朝からの流れでZIPを見ています。
色々なコーナーがありますが、
お気に入りのコーナーの一つにZIPでポンがあります。
ちょっとした雑学的なクイズを
一分間の思考時間の間に若手(?)漫才などを流して
答えると言った具合です。
特にその日のことに関係した問題が多いですね。
正解すると3ポイント、不正解でも1ポイントが獲得でき、
2週に渡ってのポイント合計が20本とに達すると
キーワードがわかって、抽選で色々な商品をGETできます。
不参加の場合は0ポイントとなります。
一日に3回ポイントが獲得できるコーナーがありますが、
6:20、6:50、7:50頃の3回です。
ボクは6:20のコーナーが終わってから身支度を整えて
出社するので一日一回となります。
ですからなかなか20ポイントに達するのは難しい。

で、先週奇跡が起こりました。

170526_062602

少し見にくいかもしれませんが
第2週の月曜日は忘れてしまって0ポイント。
金曜日は考え過ぎて1ポイントでしたが、
それ以外は正解の3ポイントでした。

20ポイント以上に達しても応募したことはありません。
単純にくだらない、どうでもいい(失礼)クイズに答えて
楽しむ、朝の頭の体操と言ったところでしょうか。

2017年5月27日 (土)

今年度初戦

今年度も早2ヶ月を過ぎようとしています。
今年度のバルーンの公式戦は
体育館の天井改修工事のために
十分に体育館を取る事ができませんでした。
よってAステージ5節、BCDEは4節と
変則的になってしまいました。
よって今期はAステージからの開催となりました。
ウチのチームはメンバーを毎年シャッフルをします。
ボクは今期はBステージの参加となりました。
そのステージ大会が明日第1節を迎えます。

ここのところ体の調子がよくありません。
特にあの病院通いから腰から下の右足全体が
痛くて、しびれて満足なプレーができません。
ジャンプしようとする瞬間におしりの筋肉が

“ピキッ”

っと痛くなって飛ぶ事ができませんでした。
最近ようやく痛みは治まりつつありますが、
それでも完全・・・には程遠い状態です。
ですからベンチウォーマーで頑張りましょうか?

もうひとつ。
女性陣に体調の悪い人が多いのです。
一人はドクターストップで不参加となってしまい、
もう一人は参加が微妙な状態です。
ですから恒例の打ち上げは中止となってしまいました。
これを楽しみにしていたのですが、
お楽しみは第2節にとっておきましょう。


PS
バルーンも16年目のシーズンを迎える事ができました。
チーム創設時から参加ですからチームもボクも16年目となります。
飽きやすい性格のボクがここまで長くできたのは
もちろんスポーツとしてバルーンが楽しい事もありますが、
チームの雰囲気もいい事があげられます。
チームができては消える事が多いのですが、
ウチより長いチームは数えるほどしかありません。
今期登録会で登録したチームの中で11,2チームほどでしょうか?
少しずつ新陳代謝をして次の世代に受け継いでいってもらって
遂には一番の老舗チームとして今まで同様に
仲良く、そしてちょっとだけ強いチームとし
続けてもらいたいと思います。

2017年5月24日 (水)

ネット通販 デビュー

最近遅ればせながらネットで
お買い物を楽しむようになりました。
“買い物は自分の目で確かめて”がモットーでしたが、
差し障りがないものは値段を店頭で調べて、
ネットで調べて比較検討して買うようになりました。
ただあちこちと調べた挙句に決めるとなると、
細かい事を言うとそれまでの苦労や
移動にかかったガソリン代なども勘案して
かえって高い買い物にならないように気をつけています。

知人の依頼で彼の趣味のパーツやアクセサリーを
オークションで買うことも経験しました。
結構、しょっちゅうな頻度で頼まれます。
即決の金額で決めたり、
予算をオーバーしてあきらめたり、
残り時間ギリギリの攻防を楽しんだり、
結局希望予算オーバーで落札はできませんでした(泣)
新しい世界を満喫しています。

個人的には家電量販店とネットで比較して
プリンターのインクを購入しました。
家電量販店より400円も安い価格で買う事ができましたhappy01scissors

そして長年の夢だった(ちょっとオーバーですが)
買い物をしました。
それは私の趣味の一つの横溝正史の映画や
テレビで放送されたものを見ることです。
ちょっとオカルト的で怖いんですが、
横溝正史のあの独特な世界観が好きで
私が子供の頃にテレビで放送したシリーズは
BS TBSで再放送されほとんど録画しました。
映画は市川昆、石坂浩二コンビが好きですね。

1.犬神家の一族(1976年)
2.悪魔の手毬唄(1977年)
3.獄門島(1977年)
4.女王蜂(1978年)
5.病院坂の首縊りの家(1979年)
6.犬神家の一族(2006年)

この中で犬神家の一族、悪魔の手毬唄、獄門島は
BSで放送されましたが、
病院坂の首縊りの家と女王蜂はなかなか放送しません。
遂にしびれを切らしてネットで購入しました。

特に病院坂の首縊りの家の桜田淳子の演技は
特筆すべき点があると思います。
ちょっと話し方に特徴は見られますが、
鬼気迫る迫真の演技と言っても過言ではないと思います。
宗教的に問題があってなかなか完全復帰とはいきませんが、
最近一夜限りのライブをやったりして今でも話題を提供しています。

DVDが着いた時にはコンビニで焼酎を買って
ちびりちびりとグラスを傾けながら
お酒と映画(病院坂の首縊りの家)に酔ってしまいました。
本当に堪能して楽しみました。

次は女王蜂。
時間に余裕がある時に改めて腰を据えて
再びあの世界の中に飛び込みたいと思います。

510w81dtjdl


61tlcacmczl

2017年5月21日 (日)

もうすこし

先日少年野球のトーナメントの公式戦がありました。
前日雨模様で天気が心配されましたが、
朝は曇りcloudでこれなら何とかできそうです。
前日のラインで持ち物にゴム手袋とありました。
雑巾程度かそれより一回り大きいくらいのスポンジで
グラウンドに水がたまっている時、
スポンジで吸い取ってしまう作業をしてから試合をします。
以前やった事があります。
その日は確か3月頃のまだまだ寒い時期で、
その時はゴム手袋を持っていなかったので
手が真っ赤になって作業をしました。
今回、会場に行ってみたら水が
たまっているところは一か所しかなくて
土を入れるだけの作業で助かりました。

まず1試合目。
ウチのチームは公式戦ではこのチームにしか
勝った事がありません。
なにせ誕生から3年目のできたてほやほやのチーム。
一年目なんか20点、30点取られるのは
当たり前のチームでした。
それが2年目には公式戦初勝利。
3年目の今年はそれ以外のチームとの勝利を目指しています。
結果は3-1で勝利を収めることができました。
もう少しでノーヒットノーランでしたが、
ここはご愛敬・・・より
打線が沈黙してしまった事が反省材料ですね。

続いて2試合目に勝利したチームとの対戦。
少年野球は7イニング制で一日一人に7イニングしか投げられません。
トーナメント大会ですからウチのチームも相手チームも
最初の試合でエースが投げましたから、
この試合には投げられません。
ですからNo.2の選手が先発です。
ウチのチームの先攻で始まったこの試合。
幸先よく3点を先取して喜んだのもつかの間、
1回裏に3点を入れられてすぐさま同点に。
3回裏に1点を入れられた後、試合は膠着状態に。
この日はウチのチームは何か持っていました。
0行進が続く試合でもお互い緊張感のある試合でした。
そして6回表にウチのチームの大黒柱の選手が
3ランホームランを打って6-4の逆転に成功しました。
そして迎えた7回裏。
3点を入れられてサヨナラ負けsweat01cryingsweat01
もう少し、あと一歩で勝てた試合でした。
選手、特に6年生の選手が涙を流して悔しがりました。
こんな敗戦は初めてです。

神様が

“もう少し練習を重ねて努力しなさいsign01

と言いたかったと思います。
これは選手ばかりではなく、
監督、コーチの指導力不足です。
子どもたち、選手は本当によくやりました。
頑張りました。


これを踏まえて監督と話し合って
翌日の練習から少し練習メニューを変えました。


感動をありがとうsign03




今度はみんなでうれし涙を流そうよgood

2017年5月18日 (木)

Sugichanのゴールデンウィーク その3

お寺を後にして次の目的地に向かいます。
ここまで約1時間半のツーリングでしたが、
やはりボクにとっては車のほうが向いているようです。
一瞬の気のゆる気でこける事もないし、
景色もバイクよりゆったりと楽しめるし・・・
どうやら超距離のバイクの運転は向いていないようです。
近場で済ませたほうがいいようですね。
と言ってもここまで来たのですから
バイクで帰らなくてはいけません。
でもこのまま直接帰るのはせっかくの
ゴールデンウィークがもったいない。
ここがどうやら昭和世代のもったいない精神かもしれません(笑)
近場で軽く観光できるところを考えました。

そこで訪れたのがここです。
P_20170505_111526

この写真でどこかわかった人は相当な通ですね。

P_20170505_110950


単に家族連れが水遊びをしている風景に見えますが、
問題はこの水なんです。

P_20170505_105920


正解は柿田川湧水です。
山のお寺で心の洗濯をしたSugichanが今度は
目と肌の洗濯をしたのです。
二番目の写真の場所で水を上流でさわってみましたが、
意外と冷たくはありませんでしたね。
ボコボコと湧きあがる様子が手に取るように分かります。

ゴールデンウィークが2週間ほども過ぎ去ったのに
このようなネタが続いていてスミマセン。
以上で終了とさせていただきます。
あしからず。

2017年5月15日 (月)

ゴールデンウィークのSugichan  その2

5日
NMAXを買ってもうすぐ1年が経過します。
ほとんど・・・と言いましょうか、
99%は市内での移動に使用しています。
市外に行ったのがたぶん唯一と言えるのが
藤枝武道館に1回か2回行っただけです。

で、天気もいいし御殿場のアウトレットに行こうdash
と思って直前に変更しました。
方向は同じ東なんですが三島にしました。
なぜってsign02
母方の祖父は○○宗では結構大きなお寺の住職でした。
そのお寺が三島にあるのです。
実は母方の実家は僧侶で
祖父をはじめ母の長兄や姉はお寺の住職や寺庭夫人なんです。
※寺庭夫人とはお寺にお嫁に行った女の人の事です。
毎年お正月にそこに次兄と泊まるのが恒例行事でした。
ひとつだけこの行事が嫌な事がありました。
次兄は当時横浜でパン屋さんを経営していて
必ずパンやケーキを持ってきてくれました。
これがいけないpoutsign03sign03
ボクの誕生日は1月7日。
他の妹弟は誕生日にケーキを買ってくれたのに
ボクの誕生日には必ずその時に持って来るケーキで代用。
当時はバタークリームで今みたいに生クリームがなかったから
日持ちがするんですshock

閑話休題。
そこにお参りではありませんが行く事に決めました。
幹線道路沿いは見慣れた景色だったけど
幹線道路を右折すると全く分からない景色でした。
何年ぶりの訪問でしょうか?
かれこれ15,6年は過ぎてしまっている気がします。
これでは景色が変わってしまうのはしかたないですね。
試行錯誤しながらようやく着きました。
かなり山の中のお寺ですからここは
ボクが子供の頃の景色とほとんど変わりません。

うぐいすや鳥たちのさえずり。
さわさわと竹の葉が風でこすれあってたてる音。
うす曇りでやわらかな日差し。
汚れていない新鮮な空気。
五感をリフレッシュするにはこんないいところはありません。

P_20170505_102857

山門から見た庫裡です。

P_20170505_102539

庫裡の入り口をくぐるとこんな大きな玄関(?)になっています。
左奥に行くと祖父が住んでいた部屋があります。

山門近くで20分ほど何も考えず
ぼ~~~っとした時間を過ごしました。
そのあと祖父のお墓に行きました。

P_20170505_095226

亡くなって40年以上の時間が経過していますから、
お墓もそれなりの貫禄があります。
どなたかわかりませんが、花を添えてあったのはうれしかったですね。


つづく

2017年5月12日 (金)

ゴールデンウィークのSugichan その1

みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
天気も良くて出掛けたりして有意義に過ごしたと思います。

3日
少年野球チームのBBQがありました。
昨年は不覚にも酔い潰れてしまって
後半は全く機能しませんでした(爆)
自転車をこいで会場に到着。
近所の高校のブラスバンドの生徒と保護者のグループや
これまた同じ少年野球チームがいたり
地元感満載の会場でした。

監督の乾杯の音頭で試合開始(激爆)
やっぱり屋外で食べる症児はおいしいですね。
天気がいいのと(うす曇り)思いがけない高級料理sign01
保護者会の会長夫人の実家が近所のヒラメ専門店、
という事でヒラメのお造りの差し入れ。
これにはテンションがupupup
それも子ども用と大人用の二匹。
しかも40cmは超える大きさでした。
本当においしかった。

アルコールも程よく入り、お腹も満たされてまったりしていたら
隣のバスケットボールを持ってきて、
隣にあったゴールでランニングシュートや
子どもを交えて3vs3などをやって楽しみました。
バスケットをやるのは何年ぶりでしょうか?
本当に楽しかった。

4日
この日は何もなかったので午前は車の室内清掃。
徹底的に掃除機やコンプレッサーで掃除。
そのあとダッシュボードやドアの内側の
プラスティック部を“タイヤ&レザ-ワックス”をかけて
新品のような輝きに復活。
車とオーナーは古いけどこの輝きは
新車時と何ら変わらない光沢になりました。
ついでに汚れも落ちたし一挙両得heart01

午後は押入れたんすの修理。
引き出しのレール部分がとれてしまったので
くぎ打ちをして修理完了。

夜はチーム練習。
と言っても参加者が少なかったので助っ人を呼んで
一回一回じゃんけんをしてチームを変えて楽しみました。

つづく

2017年5月 9日 (火)

お腹に詰まっているもの

Aさんはもすぐ臨月を迎える妊婦です。
しかも第一子ですから、
もうじき両親となる若い夫婦はもちろんのこと、
初孫となる双方のジジ、ババも期待しています。

そんなAさんが実家に戻った時のことです。
夕方になって夕食の支度に
取りかかっている時でした。
古い家なのでキッチンはお世辞にも
広いとはいえない状態です。
すれ違うのに結構気を使います。
ましてや妊婦さんとなると細心の注意を払って
すれ違わなくてはいけません。
それでもどうしてもぶつかってしまいます。


「どうしても


ぶつかってしまうよね。」

と、Aさん。



「私が気を使ってよけるか


待っていればいいのよ。」


そしてなぜかAさんの突き刺すような一言。



のお腹には


希望が詰まっているけど、


おかあさんのお腹には


脂肪が詰まっているよね。」




2017年5月 6日 (土)

生まれ変わったら・・・

Aさんの子供は幼稚園児。
子供らしくじっとしている事が嫌いで、
常に何かをしているのです。

そんなAさん(女性)の子供が幼稚園で
節分の行事を行った時のことです。
有志の保護者が幼稚園に行って
鬼の面をかぶって子どもたちを
驚かす事が毎年の恒例の行事です。
今年はAさんが参加しました。
張り切って家を出たAさん。
内密に職員室に通されて
早速、鬼の衣装と面をかぶってスタンバイokです。
衣装と言っても普段着の上に
トラ模様の服を着ただけなんですが・・・
もちろん毎年使っているこん棒も準備しました。
ただ年1回この日のためだけに
毎年使っているのでかなりくたびれたこん棒らしいのです。
打ち合わせ通りに先生が右手をあげたので
そぉ~~~~っと教室に入りました。




がお~~~っpoutsign04




と彼女はいきなり大きな声で
しかも最高で迫真の演技で教室に入ったのです。
園児は突然の大きな声と
得体のしれないお化けみたいなものが
教室に入ってきたのでパニックに陥り
泣き叫ぶ子供が続出しました。



先生の言う事を聞かない



悪い子供はどこにいる~~~ぅsign03





おとうさん、おかあさんに


いつも怒られている


子供はどこにいる~~~~ぅ




Aさんは満足して自宅に帰りました。
そしてこの事を夫に報告しました。



私の迫真の演技を


見せたかったなぁ~~~




さらに


私って


生まれ変わったら


女優に


なれるかもしれないなぁ~~~sign03sign03





冷静に妻のいう事を聞いていた
Aさんの旦那さんはこう言ったのです。



たかが幼稚園児相手でしょうsign02



さすがに女優は言い過ぎじゃない?



さらに・・・


生まれ変わったら



女優じゃなくて


鬼のほうが


素質があるんじゃない?




今でも・・・


鬼嫁なんだからね。

2017年5月 3日 (水)

世界の将来を考える

認知症がちらほらと垣間見られるようになったAさんの母親。
物忘れかどうかは迷うこともありますが、
その方は昔の人間らしく曲がった事が嫌いで、
几帳面で、頑固で、人の意見を聞かない人です。

このところ朝早起きだったのが
次第に起きてくる時間が遅くなってきました。


なんで最近


朝起きるのが遅くなったの?




この言葉に母親の機嫌スイッチが
悪いほうに入ったようです。



何でってsign02


私は毎朝


早く起きているのよsign03




これが血の通った親子同士の会話。
売り言葉に買い言葉の応酬です。


だって、


時計をよ~~く見てよ。


もうこんな時間だよpout



ここで母親の決定打が飛び出します。


あなたたち夫婦の事、


孫のこと、


そしてこの家族の将来の事、


ひいては


トランプ政権による


日本の影響や今後まで


布団の中で


考えているからだよ。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »