2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 1年経過 | トップページ | ごね得 その2 »

2017年6月21日 (水)

ごね得 その1

Aさんがホームセンターに買い物に行った時のことです。
商品の前で手にとって色々と確認していました。

買おうか、買わまいか・・・それが問題だbearing

長考の末、買うことに決めました。
ふと頭の中によぎった事がありました。
恐る恐る財布を取り出して中身を確認したら
何とお金が足りない事に気がつきました。
仕方がないので商品を棚に戻して
財布をズボンの腰ポケットに入れました。
そしてホームセンターを出たところで店員に呼び止められました。


ちょっと、来て頂いてもいいですか?




いったい、何の用ですか?



内容はあとでお話ししますから
事務所まで来てください。



いいでしょうok 行きましょうdash




あまりにも不可解な事に気分を悪くしたAさん。

事務所に入って見ると
応接用のイスに店長らしき人が座っていました。
その人の向かいに座ったAさん。
すると店長らしき人がこう言ったのです。



スミマセンが

バックやポケットに入っている全部を

このテーブルに出してください。



言葉はやさしいけど口調は犯罪者を問い詰める
刑事ドラマの1シーンみたいな状況に。
この一言に遂に心に火がついたAさん。


ボクを万引きと

疑っているんですか?




いいから何も言わずに

素直に出してください。



こうなると二人は刑事と犯人。
あれこれ言っても信じてくれない状況と判断したAさんは
バックの中身をすべて出し、
ポケットに入っているものをすべて出しました。


その状況を見て店長らしき人の顔色が
徐々に青くなっていくのをわかったそうです。
漫画の出てくる顔の隅に縦線が数本入っていく
そんな顔になっていきました。


つづく

« 1年経過 | トップページ | ごね得 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/70853242

この記事へのトラックバック一覧です: ごね得 その1:

« 1年経過 | トップページ | ごね得 その2 »