2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 別荘らいふ ~手術、その夜~ | トップページ

2018年8月12日 (日)

別荘らいふ ~手術③~

病室のベッドでOPE室手前まで運ばれたSugichan。
そこで事前に看護師と練習をした事を復唱します。
それは自分の氏名と手術個所、
簡単に手術の内容を言う事です。
テレビで報道されている手術のミスを防ぐためでしょう。
確認が終わっていよいよOPE室へ。
廊下を結構長い距離を移動して入りました。
いくつかOPE室があるようです。
手術の内容によって違うのかもしれません。
入ったOPE室は腰の手術の時と同じだったような気がします。

体の左側を下にして浮いたところにバスタオルのようなものを入れ、
今度は右側を下にして背中にタオルを引きました。
再び同じような段取りで今度は
プラスティック製らしき板を体の下に敷きました。
これはOPE用のベッドに移りやすくするためです。
数人の看護師でいとも簡単にベッド移動が完了しました。

ここからいよいよ手術の開始です。
①頭をさわって開く位置を決め、マーキングする。
②その周囲をマスキングする。
③手術するところの髪の毛をバリカンで切った。
④開く周囲を注射で数か所麻酔を打つ。
⑤メスで頭皮を切る。
⑥頭蓋骨に穴をあける。
⑦この時噴水のように血が噴き出したらしい。
⑧生理食塩水(?)で洗う。
⑨縫合。
専門家ではないし、自分の目で手術を見ているわけでもないし、
局所麻酔をしてあるので正しいかどうか分かりませんが、
流れ的にはこんなもんでしょうか?
頭蓋骨に穴を開けた時は砂のようなジャリジャリとした音がしました。

手術の時間は27分で看護師が早い、早いと言っていました。
それだけ無事に終わったということでしょうか?

« 別荘らいふ ~手術、その夜~ | トップページ

入院日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037202/73926289

この記事へのトラックバック一覧です: 別荘らいふ ~手術③~:

« 別荘らいふ ~手術、その夜~ | トップページ