最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ボーリング大会 | トップページ | もう少し・・・ »

2019年2月18日 (月)

からだ

昨年の7月に頭の手術で入院したSugichan。
当時の症状が後遺症として残るかもしれないと言われました。
術後半年を経過した今は・・・
頭(片頭痛)、口(うまくしゃべれない)、
頬(右頬の違和感)、右手(しびれ)、ヒザ(力が入らない)
の症状がありました。
これらの症状は手術をしてすぐにほぼ完治しました。
最後まで残っていたのが右手、右腕のしびれでした。
これはあきらめ状態で一生付き合っていこうと思っていました。
血行が悪くなってしびれるあのしびれと一緒で、
不定期にビリビリと感じていました。
その後何回か検診があって担当医も
後遺症が残ることは否定しませんでした。

最近、ふと感じたことがあります。
思い出したように・・・
しびれがだんだん少なくなってきていることを。
間隔が少なくなってきているし、
しびれの度合いもだんだん軽くなってきていました。

それは今年になってほぼ気にならない程度まで回復していました。

自分の体の異変を感じて、すぐに医者に行って、
医者は大したことがないと言っていても
半分無理やりCT検査してもらって症状が発覚。
今度は医者がすぐに手術をしないと命にかかわると言われ、
1週間後に入院手術。

ボクなりの結論は体に異変を感じたらすぐに医者に行く。
自分の納得する結論までに至るまで医者と交渉するということです。
これくらいなら我慢できる、まだ大したことがない、
医者に行くのがめんどくさい、放置しておけば自然に治る・・・
もう無理の利かない、棺桶に半分足を突っ込んでいる年齢だからこそ、
早め早めに医者に行って結論が何事もないって言われても
結果オーライと思うことだと思います。
今は昔と比べて有給休暇を取りやすい雰囲気になっています。
そこは一発決心して、一念発起して行くべきです。
自分一人の体ではない、家族の大切な一員として
そこは守るべきマナーのような気がします。

« ボーリング大会 | トップページ | もう少し・・・ »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からだ:

« ボーリング大会 | トップページ | もう少し・・・ »