最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 表現方法 | トップページ | 気持ちわるっ・・・ »

2019年5月 9日 (木)

危険度Max

年齢が50歳を過ぎると体のあちこちが痛くなってきます。
代表格が腰、ヒザなどの関節の痛みでしょうか?

Aさんもボクと同世代の人で普段からヒザの痛みで
日々の生活に支障が出るようになってきました。
仕方なく整形外科に行ったことです。
そこの医者はズバズバと歯にきせぬ言葉で言うことで
有名なところです。

先生、結果はどうですか?

ヒザに少々変形が見られますね。
これが原因の一つだと思います。

こんなことは医者に言われるまでもなく
わかっていることとAさんは思ったそうです。

何かいい薬でもありませんか?

その質問に医者はこう答えたのです。

まずは薬よりも体重を減らしたほうがいいですね。

20歳の時点からかなり太ったということは

加齢とともに新陳代謝が落ちていることもありますが、

食生活を見直したり、運動をするなりして

長い時間をかけて体重を落とすことが一番いい薬です。

それに加えて

太った人は自覚が足りない人が多い。

痩せてもそれに喜んで油断してリバウンドして

逆に以前の体重より多くなってしまうことが多いのです。


痩せてもリバウンドしないことのほうが、

つまり、適正な体重をずっと維持することのほうが

大切で難しいことなのです。


まずは自分の意識を変えることから始めてください。

あなたは危険なくらいの肥満体です。

Aさんの体重は100kg近いのです。

« 表現方法 | トップページ | 気持ちわるっ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 表現方法 | トップページ | 気持ちわるっ・・・ »