最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 検診、おまけ | トップページ | 罪の方向性 »

2019年6月 3日 (月)

満タン YES or NO?

今回は車のガソリンについてです。
満タン派❓ 定量派❓
ほとんどの人が満タンにガソリンを入れると思います。

満タンにすると重量が増えるので
燃費が悪くなると考える人は少なくないと思います。
満タンを推奨していないメーカーもあります。
フォルクスワーゲンなど
ガソリンの重さは1リットルで約750g(軽油は820g)
タンクの容量が50リットルとして
50ℓ入れた時と半分の25リットルを
入れた時の重量の差は18.75kg。
この重量の差が燃費に与える影響は1%未満、
つまり100km走っても1リットルも
変わらないことになります。

最近はガソリンスタンド(GS)が減ってきていて、
すぐ近くにGSがあればいいけど、
そうでない人は無駄な燃料消費を減らしたいために
回数を減らすためになるべくギリギリまで粘って
満タンで給油したほうが効率がいいと実行している人も
少なからずいると思います。

通勤で車を使っている人はともかく、
ボクのように基本的に週末しか車を運転しない人、
つまり車の使用頻度が極端に低い人は
多くの燃料を入れたままで長期間
ガソリンを入れないことは勧められません。
なぜかというとガソリンは揮発性が強いので
劣化しやすいのです。
つまりガソリンの成分が酸化したり、変質したり・・・

あまり知られていませんが、
ガソリンは夏仕様と冬仕様があることを知っていますか?
夏仕様のガソリンは高温時の揮発性を低めて
「ペーパーロック」の発生を抑えています。
冬仕様のガソリンは逆に低温時の揮発性を高めて
エンジンの始動性を高めるようになっています。
こうした事情を勘案すると
少なくても半年以内に使い切るのが
無難ということがわかります。

燃料が少なくなるとエンプティランプがつきますよね。
要するにガス欠寸前の状態です。
この状態で坂道などでガス欠気味になると
燃料ポンプが空気を吸って空回りして
一気にポンプの寿命を縮めるので
なるべくエンプティランプが
点灯する前に給油をしたほうが
給油をしたほうがいいと思います。

満タンがいいか?、定量給油がいいか?
鮮度が新しいガソリンを使い続けるのが
愛車を長く快調に保つ秘訣。
前述のとおり車の使用頻度を考えて
ガソリンを入れたいものです。
1~2ヶ月でガソリンを使い切るくらいが
最適な給油量と思います。

 




YAHOOニュース改

« 検診、おまけ | トップページ | 罪の方向性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 検診、おまけ | トップページ | 罪の方向性 »