« 着々と・・・汗 | トップページ | 物持ちはいいけれど・・・ »

転倒

運動会の花形種目といえば徒競走ではないでしょうか?
特に最終種目のリレーは勝負を決める最終種目として
またチームが一番盛り上がる種目ですよね。
しかし意気込みに反して走ったものの
起こってしまうのが転倒してしまうことです。
周囲の笑いを一番誘う格好の種目でもあります。

いったなぜ転倒してしまうのか?
考えられるのは二つあります。

①筋力低下型
昔は厳しい環境で鍛えられたが、
今は何も運動はしていない。
やっていても近所をジョギングするくらい・・・
一番大切なのは足が地面に着いた時、
体を支えられるかということです。
短距離走のダッシュは通常の5,6倍の負荷がかかります。
これはジョギングにないものです。
当然年齢的な筋力の衰えもあります。
そうした状態で全力疾走すると
負荷に耐えられずに腰が下がり、
一歩一歩進むうちに目線んもどんどん下がっていきます。
結果、つま先が地面に当たって転んでしまいます。

②意識先行型
やはり前のめりになって転ぶのが原因ですが、
速く走ろうと意識だけが前に進んでしまう。
そうしているうちに上半身が前に出て、
下半身が後ろになってしまうために
体の軸が自然と前傾に傾いてしまいます。
やがて進んでいくうちにどんどん前傾姿勢が
傾いていってしまって
最後はバランスが崩れて足がもつれて
倒れてしまうパターンです。

ではどうすればいいか・・・
とにかく姿勢が大事なのです。
走っている状態で接地して片足になった時に
姿勢がまっすぐになっているようにすることです。
先述のとおり速く走ろうとする気持ちが強すぎると
上体が倒れてしまうので常に上体が
まっすぐになっていることを意識して
地面を蹴るのも先に蹴ろうとするのではなく、
真下に力を加え続ける事を意識することです。
とりわけ現代人特に日本人は猫背が多い民族なので
どうしても重心が前になりやすいのです。
仕事でもデスクワークの人は猫背が多いらしい。

無事に完走しても翌日ひどい筋肉痛で
苦しんだ経験がある人も少なくないと思います。
転んでも完走してもいいことなしの運動会。
この際、日頃から運動に励んでみたらどうでしょうか?

|

« 着々と・・・汗 | トップページ | 物持ちはいいけれど・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着々と・・・汗 | トップページ | 物持ちはいいけれど・・・ »