« カタコト | トップページ | 45年ぶりの再会 »

2019年11月12日 (火)

あれから一ヶ月

史上最大規模の台風19号の被害は凄まじいものでしたね。
一ヶ月を経過した今でも復興どころか
住むところさえもままならない人がたくさんいます。
心からお見舞い申し上げるとともに
一刻も早い復興を祈っています。

わが静岡県も例外でもなく、
特に上陸した東部も甚大な被害を被ってしまったようです。
こう言っては失礼かもしれませんが、
静岡市は大きな被害はなかったようです。
友人・知人と話したのですが、
普通の台風って感じでした。

でも場所によって非常に危険なところがありました。
清水区を流れる巴川です。
両岸には護岸工事が施されていて
流れもほとんどないような川なのです。
台風が最接近した日、
河口付近の住宅は床上浸水となってしまいました。
その上、氾濫するギリギリのところまで
水位が上がってしまったようです。
河口付近に住んでいる知人が写真を送ってくれました。
この人の家も床上浸水となってしまって
畳がダメになってしまったそうです。
この写真を見ると危険・・・どころの騒ぎではない、
即避難の状態なのがわかります。
自治体も危険情報を多分発令したとは思いますが、
こんな状態なのに住民を避難させない・・・
今後もこれ以上なことが起こりうると思いますが、
ハザード・マップを作っても住民にとっては
全く意味がないことがわからないのかな?
そんなことで満足していて
マスターベーション的な施政よりも
もっと、もっと現実的な方策を模索してほしい。



 1573165514581-1   

Image_20191112210002 
1573165445949-1 
1573165395811-1


 

 

 

 

|

« カタコト | トップページ | 45年ぶりの再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタコト | トップページ | 45年ぶりの再会 »