« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

3月のカレンダー

ダウンロード - 2020.3.pdf

 

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

3月

今年度も終わりが近づきましたね。
3月にはウチのチームの大会が二つもあります。
一つはフレンドリー大会。
昨年に初めて参加したけど、
女性の欠席者が多くて助っ人を呼んで
急造チームで参加しました。
まあ、平均年齢も高いのも相まって
成績はビリから2番目。
最後の最後にようやく勝つことができました。

29日にはボクが主催する3回目のアラフィフの大会。
10チームでスタートしたんだけど、
1チームが解散してしまって
今、ある人に頼んで参加をお願いしてしています。
本当は参加したいチームが多くて
12チームでやりたいんだけど、
年齢が高いので昼休みが必要で(笑)
10チームが限界です。
しかも5時過ぎまでやることができません。(爆)
フレンドリー大会なのでユニフォームもルールもゆるゆるで、
体育館内には笑い声が絶えません。
3回目なのでボクの準備もだいぶ慣れてきました。
3月に入ったら徐々に本格的に準備を進めて
当日参加者全員が楽しかったという大会にしたいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

恐妻家Aさん ~やっぱり・・・~

恐妻家Aさんの記事を何度かアップしました。
相変わらず・・・というより
ボクの個人的な感想ですが、
年々、時間が経過するにつれて
Aさんの奥様の行動がエスカレートしているような気がします。
それを見ている子供の言動もAさんを
さげすんで見ているような気がします。

ある日同僚とこんな話をしていました。
ボクと同年代のBさんは今でも奥様と一緒に
お風呂に入っているそうです。
ボクも新婚当初は一緒に入っていました。
今ではややぬるめのお湯に長く浸かっているのが
自分では至福のひとときになっています。

Aさんに聞きました。


奥さんと一緒にふろに入っている?


当然答えは



NO


でした。


もし仮に


奥さんが


一緒に風呂に入ってと


言って来たらどうする?


・・・


答えが出るまでに少しの間がありました。
そして出た答えは


たぶん


入るでしょうね。


ちょっと予想外の答えでした。
入るわけがない
と言うと思っていました。
あれだけ奥様にストレスを感じ、
怒り心頭なのに・・・


何だかんだで奥様を愛しているんだな
と思いました。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

恒例行事

いよいよ恒例行事の時期になりました。
これが終わらないとボクの春はやってきません。
そう、花粉症。
先週からムズムズとなってきて、
18日に発症の日を迎えてしまいました。
一番タチが悪いのは鼻水。
自分の意志と関係なくダラッと流れてきます。
それも止めどなく水のように流れるから
止めようがないし、鼻をかんでもかんでも追いつかない。
ひどい時は2週間くらいで
ティッシュひと箱なんて事もあるくらいです。
それとくしゃみ。
風邪のくしゃみと違うのは
つ~~~んと鼻が痛くなって
大きく息を吸い込むからくしゃみの声が大きい。
これから鼻のかみすぎで頭が痛くなったり、
ボ~~~ッとしたり・・

早く時期が過ぎるのを待つしかありません。
ボクは一切市販薬を飲んだり、
医者には行きません。
自力で、自然治癒力で毎年乗り切っています。
今年も頑張るぞい‼

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

芸は身を助く

ボクがまだ社会人駆け出しのころは
上司との飲み会で

おまえ、何か芸をしろ!

と言われました。
特段そんな芸を持ち合わせていないボクは
上司が若かりし頃の歌を歌ったものでした。

Aさんの特技は腹話術です。
子どもの頃に演芸のテレビを見て感動し、
独学ながらなんとか様になったのです。
でも早々発表する機会に恵まれていないのが実情です。

先日Aさんは歯に激痛を覚えました。
見る見るうちに頬がはれ上がって
まるでこぶとり爺さんのようになってしまいました。
翌朝、会社を休んでは医者に行きました。
結果、
親知らずが原因で処置をしたそうです。
翌日Aさんはまだ腫れの引かない頬を隠すために
マスクをして出勤しました。
でも歯はまだ相当痛いし、口もろくに開けません。
そんな状態でもAさんは
普通に近い状態で話すことができました。
そう、腹話術の芸がここで生きたのです。

芸は身を助く、
人生何が幸いするかわかりませんね。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

自動ブレーキ義務化

最近の車のテクノロジーの発達は
目を見張るものがあります。
その中で個人的に一番だと思うのが自動ブレーキです。
その自動ブレーキを新型車から
取り付けを義務化する方針を固めたそうです。
早ければ2021年度内からだそうです。
この背景には高齢者ドライバーの相次ぐ事故の増加が
含まれていると思います。
車に限らず色々なものが日本だけではなく
グローバルに考えなけらばなりません。
つまり国際的な基準がなければなりません。
昨年6月に決まったそうです。

①時速40km/hで走行中に
 前に停車している車にぶつからずに止まる。
②時速60km/hで走行中に
 前を走っている時速20km/hで走る車にぶつからない。
③時速30km/hで走行中に
 時速5km/hで前を横切る歩行者にぶつからずに止まる。

ただ現状はメーカーや車種によって性能がまちまちなのです。
ですから自動ブレーキを搭載していても
すべての車が国際基準を満たしていないのです。

ボクも近い将来、高齢者ドライバーの仲間入りをします。
ボクの車は古いので今の先進技術は搭載されていませんが、
安全第一で運転したいと思います。

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

五十にして・・・

AさんとBさんは犬猿の仲です。
大人ですからけんか腰とはいかないにしても
どうしてもお互いうまくいきません。
そんな二人が同じ職場ってことも
二人の仲の悪さを助長してしまいます。
ある時仕事でミスをしたら
お互いの責任にしあってしまいました。
まあ、第三者から見ればどっちもどっち、
犬も食わないくだらない言い合いなんです。

ある日、Aさんが上司にこう言ったそうです。


今日、スーパーに行く用事があるから


定時で帰ります。


残業は強制できませんから
上司もうなづくしかありません。
その日定時で帰ったAさん。
翌日上司がBさんからとんでもないことを聞いたのです。
定時で帰ったAさんは会社の近くの公園で
ドラクエをやっていたところを
Bさんに見つかってしまったそうです。
その時Aさんは完全に開き直って
Bさんに言ったそうです。


お前のことだから


どうせ、上司に言うんだろう!


考えてみれば
最近のスーパーって遅くまでやっているところが多い。
上司はもちろん定時で帰ったことは怒っていません。
嘘をついたことをAさんに問い詰めたのです。
ちなみにAさんはもうすぐ50歳、上司は40歳半ば。
この年で怒られるような内容ではありませんよね。

子、曰
吾十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順う。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

恐妻家 Aさん

度々恐妻家Aさんのことを書いていますが、
これからはシリーズ化しようかな?

Aさんがまだ奥様と結婚する前のことです。
当時、まだ彼女だった彼女の家に
ご両親にあいさつに行った時のことです。
もちろん緊張の極みで行ったAさんですが、
彼女の両親から意外なことを言われたそうです。


本当にうちの娘でいいの?


Aさんは社交辞令と思っていました。
さらにこう言われたそうです。


考え直した方がいいよ!


やめた方がいいよ!!


ふつう初めて交際相手の家にあいさつに行って
こんなことを言う両親は聞いたことがありません。
Aさんは社交辞令だと思ったそうです。
両親の言葉の意味が分からず、
あいさつは半信半疑のうちに終わったそうです。

結果・・・


Aさんは恐妻家となってしまいました。
そう、奥様は猫をかぶっていました。
気が強いのは薄々わかっていました。
気弱なAさんは少々気が強いくらいの方が
自分に合っていると思っていたそうです。
でもいざ結婚したらとんでもないことが待ち受けていました。
炊事、洗濯、掃除、風呂洗い・・・
仕事から家に帰ってからやることは山のようです。
なんと奥様の下着も洗って、たたんで、
タンスにしまっているそうです。
そんな時奥様はテレビを子どもと見ているそうです。
そんな奥様が唯一することは夕食を作ることだけだそうです。
でもカレーを作ってもたくさん作って
余ったカレーは翌日、翌々日もAさんはカレーですが、
奥様や家族は焼き肉・・・
なんてことは日常茶飯事だそうです。

ある時、Aさんと奥様の両親だけになった時に
日頃の愚痴を言ったそうです。
そうしたら奥様の両親は


だから言ったでしょう?

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

自転車部品交換

昨年末から探しているものがありました。
某100円ショップで売っているとのことでしたが、
どの店舗に行っても目的の商品がありません。
ドン・キホーテで同じものを見た人がいたけど、
値段が350円だか400円もしたそうです。

今年になってようやく感動の対面となりました。
自転車用のバルブです。
大きな文字で

虫ゴムの10倍長持ち

と書いてあります。
100円ショップだからまあ誇大広告と考えても
所詮100円だからもしすぐに壊れても
元に戻せばいいので躊躇なく購入しました。

家に戻って早速取り付けます。
工具も特に必要がないので
簡単に作業ができます。
取り付け終わって空気入れで空気を入れます。
多分虫ゴムの時よりハンドルの上下の回数は少ないかな?
すぐに空気がいっぱいになりました。
その時気が付いたのですが、
タイヤにヒビが入っていました。
これはタイヤも替え時ですね。
自転車には一ヶ月に1,2回しか乗らないので
少々高い買い物になるかもしれませんが、
いざ乗るとき乗れないのは困ります。
タイヤっていくらくらいするのかな?

Img_20191126_073648

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

人生訓

Aさんは料理が大好きです。
早い、簡単、うまいがAさんの料理のモットーです。
世間で言われている凝った男料理ではありません。

ある日酒のつまみにナマコ酢を
食べている時にふとひらめいたそうです。
早速ナマコを買ってきて料理を始めました。
Aさんの発想はナマコのバター炒め。
ナマコを切ってフライパンに火を入れて、
バターを入れて、さあ本日の主役の登場です。

ジャ~~

バターのいい香りが台所を包みます。
しばらくするとAさんの顔色が変わっていきました。
なんとナマコはだんだん小さくなって
しまうじゃ~~~あ、ありませんか!!
目が飛び出るほど驚いたそうです。

フライパンのナマコはだんだん
小さくなっていくのではありませんか!!!

ナマコは水分量が約90%です。
フライパンで熱せられることによって
炒めるとともに水分が減って
だんだん小さくなってしまったのです。

料理は100の失敗と1の成功にある

Aさんの教訓です。

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

安心!?

Aさんは糖尿病です。
糖尿にも二通りあって1型と2型。
簡単に言うと前者は遺伝、
後者は生活習慣によって発症するものがあります。
Aさんは1型。
1型は発症年齢が低くて体形は痩せているか普通。
日本人の多くは2型が約90%を占めているそうです。
糖尿病の怖さは自覚症状があまりないことと
合併症を引き起こすことです。
Aさんもそのせいかまだ50代前半というのに
歯がボロボロで上の前歯は1本しかありません。
インスリンを自分で打っていますが、
即効性ではなく、復活するのに
2時間近くかかることも珍しくないそうです。
だから車の運転中に調子が悪くなると
事故になりかねないほど危ないそうです。

そのAさんの席のBさん。
時々顔色がよくなかったり、
調子が悪そうだったりすると落ち着かないそうです。
でも糖尿病は伝染性の病気ではないので
席が隣だからってうつることは決してありません。
でもそんなAさんを見ていると
やっぱり落ち着かないそうです。

病は気から・・・!?

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »