最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2019年6月24日 (月)

リケジョの料理

Aさん(女性)は料理が苦手で
ほとんど作らずもっぱら旦那さんが作っているそうです。

不幸というのは重なるもので
旦那さんは長期の出張となり、
頼みの実母は手にケガをしてしまったので
自分の分はおろか、子供の分まで
作らざるを得なくなってしまいました。
実の両親と同居に甘えていたバツかもしれません。
とりあえず簡単な料理を教えてくれと
母親に頼み一緒に台所に立ったそうですが・・・
でも母親の指示に閉口してしまいました。

「塩はこのくらい」

「醤油はたら~っとね」

こんなあいまいな表現ではAさんには理解できません。
まあAさんがリケジョ(理系女子)ということも
関係しているかもしれません。
ついに母親のアドバイスをあきらめて
ハカリを買って台所に置き、
スマホのレシピを見て作ったそうです。
このおかげで料理はそこそこの味で
作ることができたそうです。
でもその様子はまるで化学者や薬剤師が
化学物質や薬剤を調合するみたいで
母親は笑いを隠せなかったようです。
母親のケガが治って使命は終わったそうです。

「食事作りはこれをきっかけに

続けようと思わなかったの?」

と尋ねると

「あんなに面倒なこと、

全然楽しくない」

でもいつまでも親は元気でいません。
今はいいけどもし万が一のことがあったら
この家庭の食事事情はどうなるのでしょうか?
他人事ながらちょっぴり心配になりました。

やっただけ ましか?




2019年2月 9日 (土)

Sugichan@ラーメン その2

ボクはラーメンの中でワンタンラーメンが好きですね。
ツルッとした食感がなんとも言えません。
でもあまり勢いよく口に入れると
口の中を大やけどをしてしまうので要注意ですね。

今度はワンタンラーメンが無性に食べたくなって
先日伺ったラーメン店のすぐそばのお店に行きました。
同じ清水区袖師の丸岩ラーメン。
あのグルメ番組の『くさでか』にも
取り上げられた事があります。
入ってみて店内が奇麗で明るいのには驚きました。
前回の事があったので券売機を探しましたが、
無かったのでカウンター席に着きます。
ホールは70代くらいの男性が担当しています。
これは珍しいですね。
お冷を頂いてワンタンラーメンを注文しました。
ふと横を見るとこぶし大くらいの
ポンカンがかごに入れてあって
ご自由にお食べくださいと書いてありました。
何か田舎のラーメン屋さんみたいな感じですね。
客層は家族連れあり、カップルありで様々でしたが、
ホールの男性はあちらこちらとお客さんに
親しげに話をしているのを見ると、
どうやら常連客が多いようですね。
老舗のラーメン店ならではの光景と思いました。

ボクのラーメンが来ました。
麺は極細ちぢれ麺、スープは昔ながらの中華そばでした。
ちょっと濃い目が好きなボクにとって
インパクトに欠ける感じがしましたが、
食べていくうちに満足していく気がしました。
ワンタンも美味しくいただきました。
食後ポンカンを食べました。
甘くておいしかったのですが、どうも種が邪魔ですね。

ごちそうさまでした。
P_20190203_115252

2019年2月 3日 (日)

Sugichan@ラーメン その1

ちょっと気分を変えてラーメン店の報告。
同僚から「この店のラーメンは美味しいよ」
と言われ早速行ってみました。
場所は清水区袖師。
湾岸通り沿いの前が駐車場で
店はちょっと奥まったお弁当屋さんの隣です。
○さ商店。
時間は12時ちょっと前でしたが結構混んでいました。
訳が分からずカウンターに座ろうとしたら
ホールの女性に「入口の職権を買ってください」
と言われました。
当然初心者と言う事がわかって一通りの説明を聞きました。
始めて入った店なのでベースの魚介豚骨ラーメン(750円)を
チョイスしました。
あとから同僚方聞いて知ったのですが、
この店のお勧めは塩ラーメンと渚の坦々麺だそうです。
しばらく時間が過ぎてきました。

P_20190127_114338_2

プ~~ンと魚介系のダシの香りがしました。
これは食欲をそそります。
香り通りのスープで濃い味が好きなSugichanにとっては
ちょうどよい濃さでした。
以前食べたSBS通り沿いにある田ぶしに似ているような気がしました。
麺は細麺のストレートでスープがよくからんで美味しかったです。
あまりのおいしさに勢い用食べてしまって
スープまで完食してしまいました。

ごちそうさまでした。

ふと富士山を見ると傘をかぶっていました。
それにしても今日はとっても暖かった。
3月の陽気だそうです。
少雨の今日この頃、安倍川では瀬切れで
アユが遡上できなくなっているそうです。

P_20190203_121629




P_20190203_122842

昼間はこんなにきれいに晴れていたけど
夕方には雨が降ってきました。
天気予報も自然現象も大当たりです。

PS ボクはグルメではないので、つたない報告でスミマセン。

2017年2月12日 (日)

くらげ?たこ?

2月に入って寒い日が続きますね
こんな日には熱燗でキュ~~~っと一杯
なんてことはしません。
ボクは熱燗、お湯割りなどの暖かいアルコールが苦手なんです(+_+)
アルコールは気が向いたときだけ、それも週末限定。
こんな生活が始まって2,3年の月日が過ぎました。

そんなある週末。
この日は少々特別な事があってうれしさのあまり
飲むことを決めていました
ビール、缶チュウハイ、そして220mlの焼酎。
缶チュウハイはレモン、グレープフルーツなどの
柑橘系をいつも飲みます。
でも最近は甘くて口に残るものが多いのに閉口しています。
かえって安くて、味は薄いけど口に残らないプライベートブランドの
缶チュウハイが好みになってきています。
焼酎はペットボトルのお茶で割って飲みます。

さてつまみは何にしましょうか?
寒い日はおでんを食べたくなります。
コンビニに行ってひと品所望しましょうか?
私の好みはこんにゃく系。
この日は糸コン買いました。
以前はコンビニでは自分で器に入れて
店員に差し出して清算するシステムだったのですが、
最近は店員が器に入れるシステムに変わりました。
どうも具を重ねてごまかす輩が多くて
感情が合わない事が多いからだそうです。

自宅に戻ってさて祝宴の開始。
トリビ~~~
なんて言葉は今の若者には通じない言葉になってしまったけど
いいんじゃない?おじさんはこれが一番うまいんだから・・・
さてここでツマミの出番。
容器のふたを開けて驚いてしまいました。
確かに糸コンですが・・・
何か違う食べ物の風情なんです。
P_20170112_210026

クラゲ?  たこ?
そんな風に見えません?
食べても結んでいないところ(タコの足?)が非常に食べにくい。
味はまあまあ満足できる範疇にはあるんだけど。
見た目がねぇ~~~

2017年1月21日 (土)

インスタントラーメン

インスタントラーメンが発明されてから
はや60年の月日を迎えようとしています。
私とほぼ同年齢なんですね。
個人的には週に1~2食、週末に頂く事が多いですね。

公正競争規約上の正式名は「即席めん」である。
また、食器として使用できる容器(カップ状の耐熱耐水容器等)に
入れてかやくを添付したタイプは
カップラーメンと呼称され、
公正競争規約上の正式名は「即席カップめん」である。

2006年
度に全世界で消費された量は約916億食(カップ麺を含む)。
うち日本の消費分は約53億食だった。
現在では、世界各地で作られており、ほぼ製造国にて消費される。
主な生産・消費地は
東アジアおよびアメリカ合衆国である

(Wikipediaより)

ちょっと気になったので色々と調べてみました。

日本即席麺食品工業会に登録してある会社は58社あります。
その中でトップに君臨するのは日清食品です。
日清食品と言えば美智子皇后様。
いわゆる世間的に見れば、日清製粉の社長令嬢です。


日本国内の即席めんの出荷額シェア
2005年度

1位 日清食品(チキンラーメン、カップヌードルなど)    40.4%
2位 東洋水産(赤いきつねなど)                19.2%
3位 サンヨー食品(サッポロ一番など)             11.5%
4位 明星食品(チャルメラ、一平ちゃんなど)         9.9%
5位 エースコック(ワンタンメン、スーパーカップなど)    8.3%
その他                                  10.7%

圧倒的な日清食品の一人勝ちです。
2位との差は2倍になります。
単純計算でその他の10.7%を50社余りが
ひしめいているということにもなります。

その中で私の一押しメーカーはニュータッチ。
ご当地のカップ麺があり、わが静岡県のラーメンもあります。

0804102517_57a2997d4b05e


そして私の一押し商品。おしメンですね(笑)

0804152703_57a2e037669f4


どちらもおいしいです。
特に仙台は最近トンと食べなかったみそ味。
まず味噌がうまい。
結構なピリ辛だけどちょうどいい辛さ。
味噌の味も赤みそっぽくてうまい。
もちろん面もうまいんだけど具が凝っている。
調理済みの生タイプの具材(もやし、ニンジン)が入っている。
特にもやしのシャキシャキ感が絶妙でうまい。
本当に満足した一品でした。

2016年12月15日 (木)

消されたうんちく

知り合いにグルメを自称する人がいます。
ここだけの話ですが私はグルメが好きではありません。
飽食の時代だからこそ言える言葉で
世界には食べることもままならない人が
多い事を忘れてはいけません。
また、テレビでうんちくを語る某有名グルメ俳優が
芸能人格付けチェックで一流品と三流品を
食べ比べて間違えることに代表されるように
うんちくをいくら語っても一流品と三流品の違いがわからない
自己満足的な食通が多い事を忘れてはいけません。

話を本題に戻して
グルメを自称するAさんが某ラーメン店に行った時のことでした。
夕方の静岡ローカル版のグルメコーナーに
そのラーメン屋さんが取材に来る事を店主から知ったそうです。
そしてテレビスタッフがその店に来て取材を始めました。
店主に話を聞いたり、もちろんラーメンがおいしく映るように
丼から湯気が立ち込めるように照明を工夫したりしたそうです。
時間がしばらく経過したところでAさんにインタビューをしたそうです。
ところが、ところが・・・
ここぞとばかりにAさんは自分のラーメンに対する知識とうんちくを
滔々(とうとう)と話し始めたそうです。
話した時間が15分以上といいますからすごい知識の持ち主です。
放送当日、Aさんは同僚にこの事を言ったそうです。
もちろん当の本人はテレビの録画予約をして準備万端です。

で、OAされた翌日、
Aさんは嘲笑の的となってしまいました。
OAされたのは5,6秒だけ。
しかも内容は


「この店のラーメンの味は


店主のやさしさが出ていますね。」


彼が滔々と語ったうんちくはどこに行ってしまったのでしょうか?

2016年6月21日 (火)

ペット用缶詰 Part.1 食べてはいけません

貧乏食でたびたび取り上げられる物。
それはペット用の缶詰。
今は色々な味があって
買うほうも食べるほうも(?)迷ってしまうほど
たくさんの種類があります。
ペット産業の売上はウナギ登りだそうです。

そんなペット用の缶詰ですが、
人間は食べてはいけません×とよく言われています。
色々な理由があるとは思います。
私の知人がペット用の缶詰を作る工場に行ったそうです。
思わず閉口してしまったそうです。
人間が食べる物に関しては
食費衛生法で衛生的に管理徹底が義務付けされています。
それに引きかえペット用に関しては
食品衛生法が適用されないので
全くに近いほど考慮されていないそうです。
特ににおいがきつくて参ってしまったそうです
服に臭いが染み付いたのはもちろんのこと、
にも臭いが染み付いてしまったそうです。
ですから食べると体に変調をきたす恐れがあるそうです。




みなさん、くれぐれも気をつけましょう。

2015年4月27日 (月)

玉子焼き

主婦にとっ、て朝は戦場と化します。
主婦の方々、毎朝お疲れ様ですm(_ _)m

ご主人が起きてきてテーブルに着きました。
今日のおかずは定番の卵焼きです。


一口卵焼きを口に入れてみたら・・・


んっ・・・?


なんじゃ・・・


これっ・・・は



まだ半分眠りの中にいた

ご主人の目がパッチリと覚めました。



わかったぁ~~~?



と台所から奥様の声。



なんとこの玉子焼き、
異常なくらいなまでに、しょっぱかったのです。
この奥様甘い玉子焼が大好きなんですが、
この日は砂糖と塩を間違えて入れてしまったのです。
定番の間違いですね。
ご主人からすれば間違って作ってしまったものを
何も言わずに食卓に出す意味がわかりません。
あとから起きてきた子供たちにも何も言わなかったので
当然ブーイングの嵐。


そしてもっとすごかったことがあります。


この玉子焼。


なんとお弁当のおかずに堂々と鎮座していたのです。
ご主人はこの玉子焼を同僚にこういったのです。



今日調子が悪くて

食欲がないんだ・・・

この玉子焼き食べてくれない?



同僚がこう言いました。



その玉子焼って、


まずくない?


しょっぱくない?




なぜ知っている・・・?



この同僚

以前にもその方から玉子焼をもらって

異常なまでにまずかったことがあったらしいのです。

それも今度で3回目だったのです。

2015年3月30日 (月)

豪華な食事

Aさんの会社の食堂のテレビは
定番のNHKが放送されています。
一昔はNHKの“昼のプレゼント”だったのですが、
いつの間にか“笑っていいとも”に変わってしまいました。
これは女性上位と言いましょうか、
事務の女性の力によるものです。
その“笑っていいとも”も終了したので、
いつの間にかNHKに戻っていました。

そのNHKの番組で“サラメシ”というのがあります。
サラリーマンのヒルメシ(昼飯)・・・略してサラメシ。
いろいろな会社に行って業務を紹介するのと、
サラリーマンの昼食(サラメシ)から
、多彩な職業の人々の様々なランチまで
つぶさにウオッチングして、
ランチに隠された仕事へのこだわりや
感動のエピソードなど、働く人の今を楽しく鋭く見つめます。
そんな番組なのです。


Aさんがこう言ったのです。


この番組、アポなしで


行っているわけがないから、


奥さんや母親は大変だろうな




そりゃそうです。
アポなしで会社訪問なんてできるわけがありません。
この番組が大好きなAさん。
新婚さんやベテラン夫婦、
そして独身で母親に作ってもらっていたり・・・
一口にお弁当といっても愛情表現の一つの形としてみると
大変面白いものがあると言っています。
でも、ため息をつくようににAさんはこう言ったのです。



この番組に出る弁当、



うちの夕食より


豪華だな

2014年11月 9日 (日)

コカ・コーラ

最近、炭酸を飲みたいという欲求に駆られることが多いのです。
特にコカ・コーラがベストですね。
コカ・コーラで自販機のいろいろな写真を撮りました。

まずはこちら。
Cimg01783_2

500mlのペットボトルです。
定価は150円なのですが、20円安くなっています。


Cimg01762

すぐとなりの自販機ですが、
300mlのペットボトルも500mlと同じ130円???
これは実際は100円で購入できます。

Cimg01721

そして最近見なくなってしまったレギュラー缶。
今は350mlの缶が主流ですが、
昔は250mlの缶をレギュラー缶、
350mlの缶をデブ缶と言っていました。
これは表記通り100円で買うことができました。
若かりし頃は350mlでちょうど良かったのですが、
今は量的には250mlがちょうどいいですね。

より以前の記事一覧