グルメ・クッキング

美味しい!!!

ボクにはほとんど好き嫌いがありません。
むしろ嫌いな食べ物より
好きな食べ物のほうが断然多いのです。
ですから奥様は料理にあまり困ることがありません。
でも子供はそれなりに好き嫌いはありますが・・・

好きな中でも大好きな食べ物の一つに
刺身(寿司)があります。
でも最近スーパーで買う刺身が
おいしく感じられなくなりました。
で、同僚に近所に昔ながらの
おいしい魚屋はないかと聞いたところ
帰り道からやや遠回りになるけど
ある魚屋さんを教えてもらいました。
どんなお店か聞いてみたら量はあるし、美味しいけど
盛り方がうまくないことを聞きました。
魚屋が切り方が上手でないって・・・

少々不安がありましたが、
その店に行ってみました。
昔は賑わっていただろう商店街の一角にありました。
確かにたたずまいは昔ながらの魚屋さんです。
まるで昭和にタイムスリップした感じです。
店主は70歳を超えた背が低く、やせ型で
腰の曲がった男性でした。


すみません、刺身の盛り合わせを頼みたいのですが・・・


どういう風に作ったいいのかね?


予算は1,000円でお願いしたのですが・・・


ネタは何がいいのかね?


そうですね、マグロの赤身は外せないですね。


それとイカとタコと・・・


サンマみたいな青い魚がいいですね。


サンマはないよ。


じゃあアジでお願いします。


それと・・・


1,000円じゃあそこまでだね。


それではそれでお願いします。


今日が金曜日なので明日の土曜日に取りに来ますが、


何時まで開いていますか?


明日は2時までだね。


それじゃ昼頃取りに来ます。


お代はどうしましょうか?


明日でいいよ。


こんなやり取りで注文しました。
物腰が柔らかく対応も至極丁寧で好感が持てました。
魚屋さんってともすると職人肌で
べらんめえ口調を想像しますが、
全くそんな要素はありませんでした。


翌日、1時ころを行きました。
名前を告げると奥の大きい冷蔵庫から
白い袋を取り出してきました。

Img_20200919_174135

パッと見で1,000円にしては大きなたずまいでした。
1,000円を渡して家路に。

待ちわびた夕食の時間が来ました。
酒はビール(一番搾り)と焼酎と炭酸水とお茶。
焼酎ハイとお茶割で楽しむ算段です。
缶酎ハイだと味が付いていて
せっかく刺身の味がわからなくなるからです。


プシュ🍺

まずはビール。
この日は少々暑くてビールは最高のアルコールです。
そして刺身を開封。


Img_20200919_174357-2


スーパーよりも照りと言いましょうか、
一切れ、一切れの輝きが全く違います。
特にアジはスーパーものとは輝きはもちろんのこと、
比べ物にならないくらい大きいですね。
同僚が言った通りちょっと盛り付けに難がありますね。
もう少し見た目よく揃えて盛り付けていればいいですね。
一口で新鮮さと歯ごたえは抜群です。
スーパーの赤身は時間が経過しすぎているせいか
歯ごたえがあまりなくドロッとした感じだけど、
これさすがにサクッとして美味しかった。
グルメはないボクでさえ如実にわかります。
わさびが全く辛くないし味もなかったので、
冷蔵庫からわさびを取り出して使いました。
あと個人的にはみんなが嫌うパセリが欲しかったですね。
これはボクのわがままで仕方のない所ですね。
久しぶりにおいしい刺身を頂くことができました。
今度は貝類をお願いしようと思います。

| | コメント (0)

缶酎ハイ

ボクは以前は毎日お酒を飲んでいましたが、
ここ数年週末しか飲んでいません。
やっぱり年齢を重ねてくると
健康志向に自然と少しずつ
考えがシフトしていきます。
それがそう思っても、
いいことと思っていても
実行できる人とできない人がいます。

その週末に飲むのが缶酎ハイと
お茶か濃縮レモンで割った焼酎。
缶酎ハイは今までいろいろな種類を飲みました。
一時は売っている商品も多いのですが、
柑橘系の缶酎ハイ。
特にレモンをよく飲んでいました。
でも最近おいしいと思うのは
ほんの最初の一口だけで
後はだんだん味が濃いように感じてきて、
最後の方は惰性で飲んでいる状態でした。
これならいっそドライ系を試してみようと思い、
数は少ないのですが、色々飲んでみました。
で、一番おいしいと思ったのは

麒麟特製

(これって正式名称なのかな?)

味はホワイト、ドライ、レモン、コーラ
グレープ、パイナップルの6種類。
どれもすごくおいしいです。
もちろんその中でお気に入りはドライ。
名前のとおり特に何味というのはないけど、
さっぱりしていて、後味が良くて、口に妙に残らない。
とっても飲みやすいし、あきない。
最近の缶酎ハイで一番のお気に入りです。

Md_img_drysour

| | コメント (0)

正月のある日

まだまだ正月の記事ですみません。

今年のウチの会社のお休みは
カレンダーの並びがいいせいか
12/28~1/5までと珍しく世間一般並みの休みとなりました。
でもボクは12/30,1/4は仕事でした。
ボクは長い休みが嫌いなんです。
やっぱり肉体的にだれることもありますが、
精神的に緩んだゴムを再生することは
かなりつらいことですね。
しかも仕事始めが月曜日だから
1/5からの一週間がかなりつらいものとなります。

その実質12/31~1/3までの休みの一日を使って
バイクで走ることにしました。
正月休みは基本起床が8:00なので
9:00に自宅を出発。
ひたすら東へ東へと走らせました。
この日は天気も気温もよくて
快晴の最高気温が20度近い日でした。
まさにこの時期としては最高のツーリング日和。

Img_20200102_094508

やっぱり富士山は雪がかぶっていないと貫禄がありません。
しかも静岡の人間なら右に宝永山がないと富士山とは言えません。

三島まで走らせて母方の祖父のお参りを済ませました。
やっぱりここは一番気持ちが落ち着くところです。
すぐ近くでご家族一同で大きなスペースのお墓に生えている木を
チェーンソーで切っていたので静かにとはいきませんでしたが・・・

正午になってお腹がすいたのでラーメン屋に寄りました。
二代目丸源。
丸源との違いは創業者かチェーン店かの違いらしいのです。
座ってまずトイレに行こうとしたら隣の人が先に立って
トイレに向かったのです。
それを見て出てくるのを待って入ったのですが・・・
とってもいやな気分になってしまいました。
流していないのです。
仕方がないから流してから自分の用を足しました。
席に戻って後ろから叩きたい気分で一杯でした。
注文は一番ベースメニューの”きゃべとん”

Img_20200102_123629

こりゃ大きなチャーシューだなと思ったら・・・
見事に神業と思われるほどの薄切り。
まずはスープから。
結構おいしいけどぬるぬる、べとべとした油がとっても不快。
口の中が油でコーティングされた気分。
麺はちぢれの細麺でこれはボク好み。
味変でこの店のオリジナルの
どろだれラー油を隅っこに投入。
これがなかなかおいしい。
油のぬるぬる感が消えていい感じに。
この辺で替え玉を頼むといいタイミングだったけど、
そこまでは入らないのでこのまま食べ続ける事に。
この後、揚げニンニクも投入したけど
ラー油ほど効果なし。
しいて言えばカリカリとした食感がいいかな?
きゃべとんというネーミング通り
キャベツが結構入っていました。
トッピング程度と思っていたら
どんぶりの下の方まできっちり入っていた。
少し入れすぎかもしれない。
ラーメンって主役はあくまでも麺と
スープのような気がします。

隣の若い人はラーメンにから揚げをつけて
その上替え玉を注文した。
それを見てボクも若い頃はそのくらいは
余裕で食べられたけど、今は絶対ムリ。
若いってうらやましい・・・

食後やっぱりラー油で消えていたぬるぬる感が復活。
年齢のせいか油っぽいものがダメなボクは後味もよろしくない。
それさえ感じなければとってもおいしいラーメンでした。

| | コメント (0)

リケジョの料理

Aさん(女性)は料理が苦手で
ほとんど作らずもっぱら旦那さんが作っているそうです。

不幸というのは重なるもので
旦那さんは長期の出張となり、
頼みの実母は手にケガをしてしまったので
自分の分はおろか、子供の分まで
作らざるを得なくなってしまいました。
実の両親と同居に甘えていたバツかもしれません。
とりあえず簡単な料理を教えてくれと
母親に頼み一緒に台所に立ったそうですが・・・
でも母親の指示に閉口してしまいました。

「塩はこのくらい」

「醤油はたら~っとね」

こんなあいまいな表現ではAさんには理解できません。
まあAさんがリケジョ(理系女子)ということも
関係しているかもしれません。
ついに母親のアドバイスをあきらめて
ハカリを買って台所に置き、
スマホのレシピを見て作ったそうです。
このおかげで料理はそこそこの味で
作ることができたそうです。
でもその様子はまるで化学者や薬剤師が
化学物質や薬剤を調合するみたいで
母親は笑いを隠せなかったようです。
母親のケガが治って使命は終わったそうです。

「食事作りはこれをきっかけに

続けようと思わなかったの?」

と尋ねると

「あんなに面倒なこと、

全然楽しくない」

でもいつまでも親は元気でいません。
今はいいけどもし万が一のことがあったら
この家庭の食事事情はどうなるのでしょうか?
他人事ながらちょっぴり心配になりました。

やっただけ ましか?




| | コメント (0)

Sugichan@ラーメン その2

ボクはラーメンの中でワンタンラーメンが好きですね。
ツルッとした食感がなんとも言えません。
でもあまり勢いよく口に入れると
口の中を大やけどをしてしまうので要注意ですね。

今度はワンタンラーメンが無性に食べたくなって
先日伺ったラーメン店のすぐそばのお店に行きました。
同じ清水区袖師の丸岩ラーメン。
あのグルメ番組の『くさでか』にも
取り上げられた事があります。
入ってみて店内が奇麗で明るいのには驚きました。
前回の事があったので券売機を探しましたが、
無かったのでカウンター席に着きます。
ホールは70代くらいの男性が担当しています。
これは珍しいですね。
お冷を頂いてワンタンラーメンを注文しました。
ふと横を見るとこぶし大くらいの
ポンカンがかごに入れてあって
ご自由にお食べくださいと書いてありました。
何か田舎のラーメン屋さんみたいな感じですね。
客層は家族連れあり、カップルありで様々でしたが、
ホールの男性はあちらこちらとお客さんに
親しげに話をしているのを見ると、
どうやら常連客が多いようですね。
老舗のラーメン店ならではの光景と思いました。

ボクのラーメンが来ました。
麺は極細ちぢれ麺、スープは昔ながらの中華そばでした。
ちょっと濃い目が好きなボクにとって
インパクトに欠ける感じがしましたが、
食べていくうちに満足していく気がしました。
ワンタンも美味しくいただきました。
食後ポンカンを食べました。
甘くておいしかったのですが、どうも種が邪魔ですね。

ごちそうさまでした。
P_20190203_115252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sugichan@ラーメン その1

ちょっと気分を変えてラーメン店の報告。
同僚から「この店のラーメンは美味しいよ」
と言われ早速行ってみました。
場所は清水区袖師。
湾岸通り沿いの前が駐車場で
店はちょっと奥まったお弁当屋さんの隣です。
○さ商店。
時間は12時ちょっと前でしたが結構混んでいました。
訳が分からずカウンターに座ろうとしたら
ホールの女性に「入口の職権を買ってください」
と言われました。
当然初心者と言う事がわかって一通りの説明を聞きました。
始めて入った店なのでベースの魚介豚骨ラーメン(750円)を
チョイスしました。
あとから同僚方聞いて知ったのですが、
この店のお勧めは塩ラーメンと渚の坦々麺だそうです。
しばらく時間が過ぎてきました。

P_20190127_114338_2

プ~~ンと魚介系のダシの香りがしました。
これは食欲をそそります。
香り通りのスープで濃い味が好きなSugichanにとっては
ちょうどよい濃さでした。
以前食べたSBS通り沿いにある田ぶしに似ているような気がしました。
麺は細麺のストレートでスープがよくからんで美味しかったです。
あまりのおいしさに勢い用食べてしまって
スープまで完食してしまいました。

ごちそうさまでした。

ふと富士山を見ると傘をかぶっていました。
それにしても今日はとっても暖かった。
3月の陽気だそうです。
少雨の今日この頃、安倍川では瀬切れで
アユが遡上できなくなっているそうです。

P_20190203_121629




P_20190203_122842

昼間はこんなにきれいに晴れていたけど
夕方には雨が降ってきました。
天気予報も自然現象も大当たりです。

PS ボクはグルメではないので、つたない報告でスミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらげ?たこ?

2月に入って寒い日が続きますね
こんな日には熱燗でキュ~~~っと一杯
なんてことはしません。
ボクは熱燗、お湯割りなどの暖かいアルコールが苦手なんです(+_+)
アルコールは気が向いたときだけ、それも週末限定。
こんな生活が始まって2,3年の月日が過ぎました。

そんなある週末。
この日は少々特別な事があってうれしさのあまり
飲むことを決めていました
ビール、缶チュウハイ、そして220mlの焼酎。
缶チュウハイはレモン、グレープフルーツなどの
柑橘系をいつも飲みます。
でも最近は甘くて口に残るものが多いのに閉口しています。
かえって安くて、味は薄いけど口に残らないプライベートブランドの
缶チュウハイが好みになってきています。
焼酎はペットボトルのお茶で割って飲みます。

さてつまみは何にしましょうか?
寒い日はおでんを食べたくなります。
コンビニに行ってひと品所望しましょうか?
私の好みはこんにゃく系。
この日は糸コン買いました。
以前はコンビニでは自分で器に入れて
店員に差し出して清算するシステムだったのですが、
最近は店員が器に入れるシステムに変わりました。
どうも具を重ねてごまかす輩が多くて
感情が合わない事が多いからだそうです。

自宅に戻ってさて祝宴の開始。
トリビ~~~
なんて言葉は今の若者には通じない言葉になってしまったけど
いいんじゃない?おじさんはこれが一番うまいんだから・・・
さてここでツマミの出番。
容器のふたを開けて驚いてしまいました。
確かに糸コンですが・・・
何か違う食べ物の風情なんです。
P_20170112_210026

クラゲ?  たこ?
そんな風に見えません?
食べても結んでいないところ(タコの足?)が非常に食べにくい。
味はまあまあ満足できる範疇にはあるんだけど。
見た目がねぇ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インスタントラーメン

インスタントラーメンが発明されてから
はや60年の月日を迎えようとしています。
私とほぼ同年齢なんですね。
個人的には週に1~2食、週末に頂く事が多いですね。

公正競争規約上の正式名は「即席めん」である。
また、食器として使用できる容器(カップ状の耐熱耐水容器等)に
入れてかやくを添付したタイプは
カップラーメンと呼称され、
公正競争規約上の正式名は「即席カップめん」である。

2006年
度に全世界で消費された量は約916億食(カップ麺を含む)。
うち日本の消費分は約53億食だった。
現在では、世界各地で作られており、ほぼ製造国にて消費される。
主な生産・消費地は
東アジアおよびアメリカ合衆国である

(Wikipediaより)

ちょっと気になったので色々と調べてみました。

日本即席麺食品工業会に登録してある会社は58社あります。
その中でトップに君臨するのは日清食品です。
日清食品と言えば美智子皇后様。
いわゆる世間的に見れば、日清製粉の社長令嬢です。


日本国内の即席めんの出荷額シェア
2005年度

1位 日清食品(チキンラーメン、カップヌードルなど)    40.4%
2位 東洋水産(赤いきつねなど)                19.2%
3位 サンヨー食品(サッポロ一番など)             11.5%
4位 明星食品(チャルメラ、一平ちゃんなど)         9.9%
5位 エースコック(ワンタンメン、スーパーカップなど)    8.3%
その他                                  10.7%

圧倒的な日清食品の一人勝ちです。
2位との差は2倍になります。
単純計算でその他の10.7%を50社余りが
ひしめいているということにもなります。

その中で私の一押しメーカーはニュータッチ。
ご当地のカップ麺があり、わが静岡県のラーメンもあります。

0804102517_57a2997d4b05e


そして私の一押し商品。おしメンですね(笑)

0804152703_57a2e037669f4


どちらもおいしいです。
特に仙台は最近トンと食べなかったみそ味。
まず味噌がうまい。
結構なピリ辛だけどちょうどいい辛さ。
味噌の味も赤みそっぽくてうまい。
もちろん面もうまいんだけど具が凝っている。
調理済みの生タイプの具材(もやし、ニンジン)が入っている。
特にもやしのシャキシャキ感が絶妙でうまい。
本当に満足した一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消されたうんちく

知り合いにグルメを自称する人がいます。
ここだけの話ですが私はグルメが好きではありません。
飽食の時代だからこそ言える言葉で
世界には食べることもままならない人が
多い事を忘れてはいけません。
また、テレビでうんちくを語る某有名グルメ俳優が
芸能人格付けチェックで一流品と三流品を
食べ比べて間違えることに代表されるように
うんちくをいくら語っても一流品と三流品の違いがわからない
自己満足的な食通が多い事を忘れてはいけません。

話を本題に戻して
グルメを自称するAさんが某ラーメン店に行った時のことでした。
夕方の静岡ローカル版のグルメコーナーに
そのラーメン屋さんが取材に来る事を店主から知ったそうです。
そしてテレビスタッフがその店に来て取材を始めました。
店主に話を聞いたり、もちろんラーメンがおいしく映るように
丼から湯気が立ち込めるように照明を工夫したりしたそうです。
時間がしばらく経過したところでAさんにインタビューをしたそうです。
ところが、ところが・・・
ここぞとばかりにAさんは自分のラーメンに対する知識とうんちくを
滔々(とうとう)と話し始めたそうです。
話した時間が15分以上といいますからすごい知識の持ち主です。
放送当日、Aさんは同僚にこの事を言ったそうです。
もちろん当の本人はテレビの録画予約をして準備万端です。

で、OAされた翌日、
Aさんは嘲笑の的となってしまいました。
OAされたのは5,6秒だけ。
しかも内容は


「この店のラーメンの味は


店主のやさしさが出ていますね。」


彼が滔々と語ったうんちくはどこに行ってしまったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペット用缶詰 Part.1 食べてはいけません

貧乏食でたびたび取り上げられる物。
それはペット用の缶詰。
今は色々な味があって
買うほうも食べるほうも(?)迷ってしまうほど
たくさんの種類があります。
ペット産業の売上はウナギ登りだそうです。

そんなペット用の缶詰ですが、
人間は食べてはいけません×とよく言われています。
色々な理由があるとは思います。
私の知人がペット用の缶詰を作る工場に行ったそうです。
思わず閉口してしまったそうです。
人間が食べる物に関しては
食費衛生法で衛生的に管理徹底が義務付けされています。
それに引きかえペット用に関しては
食品衛生法が適用されないので
全くに近いほど考慮されていないそうです。
特ににおいがきつくて参ってしまったそうです
服に臭いが染み付いたのはもちろんのこと、
にも臭いが染み付いてしまったそうです。
ですから食べると体に変調をきたす恐れがあるそうです。




みなさん、くれぐれも気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧