2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2018年9月21日 (金)

びっくり

仕事が終わって自宅に戻る途中の出来事です。
帰り道、幹線道路に出るために
多くの車で渋滞するところがあります。
道幅は5mほどの細い道路。
センターラインはなく、対面通行の道です。
対面通行に気を使うほど細い道なので
車は左隅に並んでいます。
そうなると我々バイク族は車の右側を通行して
交差点まで行ってしまいます。
これって交通違反なんですよね。
正式には通行区分違反、2点減点、
7000円の罰金だと思います。

Sugichanは当然毎日のように
渋滞の車の右側を走っていました。
この日もそこにたどり着く前に
異様に遅い車にイライラしていて
その車が渋滞にたどり着いた途端、
右側を走って交差点に向かいました。

すると渋滞の列の中、
前方にパトカーがいるじゃあ~~~りませんか!!
思いっきり急ブレーキをかけて
何とかパトカーの後ろに着く事ができました。
タイヤがロックしてキーーーーで止まりました。
幸いにもパトカーの後ろの車がかなり車間距離を開けて
止まっていたのでその間に入る事ができました。
そうしたら次々とバイクが止まっていき、
ついには4台のバイクがパトカーの後ろについてしまいました。

そしてその直後、一瞬で詳しくは分かりませんが、
レプリカのバイクがかなりのスピードで過ぎ去っていきました。



impactウ~~~~~~~impact



パトカーはそのバイクを追いかけていきました。
本当に助かりました。
パトカーに気がつかなければ捕まっていたところでした。
今、違反すると軽微なものを除いて
最低でも2点、7000円の罰金です。
個人的には罰金よりも減点のほうが痛いですね。
もちろん点数が加算されてくると免停になってしまいますが、
その後の講習でほぼ一日つぶれてしまうし、
講習料も払わなければなりません。
忘れた頃にやってくる悪魔みたいで
後々まで引きずる痛みですね。

2018年8月30日 (木)

9月のカレンダー

2018年8月 6日 (月)

LGBT発言

ここで今日は入院日記を一休みしてsleepy
巷で起こった出来事についてボクが思った事を書きたいと思います。

ある衆議院議員の一言。


LGBTには生産性がないsign01


最近は英語で言ったり頭文字で言ったりするので
なかなかそれなりの知識がないと理解できない事が多いですね。

まずLGBTとは・・・
esbian(レズビアン⇒女性同性愛者)
ey(ゲイ⇒男性同性愛者)
isxual(バイセクシュアル⇒両性愛者)
ransgender(トランスジェンダー⇒出生時に診断された性と自認する性の不一致)
の略称です。

ボクの子供のころからそのような人はいました。
当時は確かに一種の偏見的な目で見られる事が多かったですね。
でもそれに対して国会議員など地位が高い人が
発言することはなかったか少なかったような気がします。
ですから社会的問題には発展しなかったと思います。
今ではSNSが発達して当時とは比べ物にならないほど
多種多様な情報を発信する事が出来ます。
当時の情報発信はマスコミだけだったのが
個人レベルでも発言できるようになりました。
マスコミは会社組織で発言をチェック出来ます。
でも個人ではその人の知識やモラルによって
いい事も独断と偏見を持った発言を発信する事が出来ます。
ボクもささやかなその一人として気をつけるようにしています。
最近失言が多いような気がしまします。
どうして学も地位もある人がそのような
配慮に欠けた発言を発するのでしょうか?
根本はそこにあると思うのです。
それを解決しない限り失言、暴言はなくならないと思います。


愛の形って色々あると思います。
人として尊敬出来る人、いとおしく思う人・・・
その人がたまたま同性であったりしたり。
また何らかの原因で自分の性に対して違和感を持ったりする。
そんな人たちの心をひどく傷つける発言のように思います。
もっとそれなりの知識や経験や
人に対する思いやりや優しさや心遣いがあったなら
あんな発言は出なかった気がします。
それも国会議員と言う立場を踏まえての発言ですから
仮にボクが言ったとしてもその影響力は
大きな違いが出るのは火を見るよりも明らかです。


もうひとつ。
子どもを産むことは生産する事sign02
出産=生産なの?
この人は結婚して(今はどうかわかりませんが)
子どもがいるようですが、
生産したいと思って子どもを産んだのでしょうか?
愛する人も子供を産みたいって人間の根本の感情で
子どもを産んだではなく、子供を生産したいと思って生んだのでしょうか?
出産=生産と考えるとその意見は正しいかもしれませんが、
人間の幸せって子どもを産む事がすべてではないと思います。
ボクの周囲にも子どもがいなくて困っている人がいますし、
第一、総理大臣の安倍さんにも子供はいないじゃないですか?
ボクは安倍さんの支持者ではありませんが、
安倍さんに対しても非常に失礼とは思わないのでしょうか?
安倍さんは生産性がない人なの?
たとえ男女で結婚しても子どもを産まなければ
生産性がないってことなの?
ボクには3人の子供がいますが、国の生産性に寄与したってこと?
個人的にすごく、すごく嫌な表現方法ですね。

2018年7月30日 (月)

8月のカレンダー

「a3calender_8.pdf」をダウンロード

2018年7月21日 (土)

飲酒運転

しばらく前の話ですが・・・
こんな事件がありました。

酒気帯び状態で車を運転し
踏切内で電車と衝突する事故を起こしたとして、
静岡中央署は1日、
道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、
静岡市駿河区の会社員、○○容疑者(26)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は1日午前0時ごろ、
酒気帯び状態で乗用車を運転して
遮断機の下りた静岡鉄道日吉町踏切(同市葵区鷹匠)内に進入し、
2両編成の回送電車と衝突したとしている。
事故当時、乗用車の助手席には同僚の男性が乗っていたが、
電車の運転士を含めけが人はいなかった。
同署によると、○○容疑者の呼気からは
基準値を上回る1リットル当たり0・5ミリグラムの
アルコールが検出された。
同乗の男性からもアルコールが検出されており、
同署が事故に至ったいきさつを調べている。

もちろんこの男性は道路交通法違反(酒気帯び)の罪がありますが、
他にも罪が考えられます。

電車往来危険妨害(危険)罪

器物損壊罪

金銭的にも反則金を払わなくてはいけないのと、
電車の修理代も請求されるだろうし、
破損状況が分からないから根拠はないけど
100万円以上は払わなくてはいけないと思います。

たった1回の事故で大きな罪と
多額のお金を払うはめになったと思います。
時間的に終電後なのでダイヤの乱れによる
損害賠償は避けられたような気がします。
同乗者やお酒を提供した所も処罰の対象です。
この人たぶん飲酒運転の常習者だと思います。
しかも飲酒運転なので保険金は払われないと思います。
全額自腹で処理しなければいけません。
昔聞いた言葉で電車の事故は


3代つぶす


ってことを聞いた事があります。
その人だけでは払い切れずに子や孫の代までに渡って
払い続けなければならないってことです。
一番幸いだった事はケガ人が無かった事じゃあないでしょうか?

2018年7月18日 (水)

無念

ウチのすぐそばに川と呼ぶにはおおげさな
用水路っぽい川があります。
川幅はせまく、両岸と川底はコンクリートで固めています。
普段は小川ほどのせせらぎ程度の水量しかないのですが、
一旦雨が降ると3倍~4倍、
いや、それ以上と思われるほどの茶色い濁流に代わります。
勾配も急なのでかなりの勢いで流れていきます。

ある日、帰宅途中に異常に混んでいました。
上を見上げると電線の工事をしていて、
レスキューの車が2台いました。


電線の工事中に何か事故があったのかな?


でも平然と作業員は作業しています。
その先を左折して家の前に来てみると
レスキューの車が再びいるではありませんか?

用水路の上流には調整池があります。
その護岸はコンクリートになっていて
周囲は柵で囲っていて人が入らないようになっていました。
その日は梅雨の中休みで晴れてかなり暑かったのです。
どうやら中学生がその柵を越えて入って
足を滑らせて頭をぶつけて脳しんとうとなって
溺れて亡くなってしまったそうです。
まだ小学校を卒業したばかりの地元の中学一年生。
親御さんの悲しむ気持ちはボクが想像出来ないほど、
計り知れない大きなものがあると察します。
しかも突然の出来事。
起こった事を理解出来ないし、受け入れられないと思います。

これから本格的な夏になると思いますが、
入ってはいけないところ、泳いではいけないところ
禁止するにはそれなりの理由があります。
若いからって冒険したい気持ちは分かりますが、
最悪の事態を想定する事が必要と思います。
今回の件、柵があるということは
入ってはいけない場所である事は認識できると思いますが、
なぜ入っては行けないか、
入るとどのような危険がおこりうるかを
表示してあってもよかったかもしれません。
若い命を失った事は世の中にとっても大きな損失です。

合掌

2018年7月15日 (日)

お静かに!

Aさんは平日の身内のお葬式に参列するために
有給休暇を取って会社を休みました。
身内と言っても直接の関係者ではありません。
嫁の親戚関係に当たる人だったらしいのです。
Aさんにとっては言い方は悪いけど、
縁もゆかりもない人、全く知らない人の集まりなんです。
それでも参列しなければいけない理由がありました。
人って縁もゆかりもない人だけど、
それなりの付き合い方を身につけなければ
回りまわっていつの間にか
自分の身に降りかかるかもしれません。

その理由とは・・・
めんどくさがり屋のAさんが落ち込まない理由・・・
それは孫の面倒をみることです。
目に入れても痛くないってAさん自身が言っているように、
本当に子煩悩ならぬ孫煩悩だからです。
初孫とあって孫のおもりは自分の唯一の趣味と言っています。
ただ孫が帰った後の疲労感は半端ないそうです。

前ふりがとても長くなりましたが、
張り切って葬式に参加したAさん。
火葬している1時間ほどの時間、
孫と一緒に遊んでいました。
そしたら娘がAさんのところに来て
小声で耳元でこう言ったのです。



子供の面倒を


見てくれるのは


本当に


ありがたいけど・・・


もう少し


場所を


わきまえてくれない?



孫と遊んでいるうちにだんだん声が大きくなり、
あちこち走りまわったりして
周りの人に迷惑をかけてしまったのです。
しかもお葬式です。


すみません。


娘に謝ったそうです。

2018年7月12日 (木)

中高一貫教育

最近中高一貫教育が見直されています。
3年+3年の別々の教育より
6年間、一貫したプロセスで教育するのです。
私立では当たり前ですよね。
どちらかというとお金持ちが通う学校というイメージです。
私の独断と偏見な意見でスミマセン。
この流れは公立の学校に波及して
静岡県では沼津市立、清水南、浜松西それに該当します。

Aさんは私立の中高一貫校に通っていました。
特別裕福な家庭ではないけど、
家が近かったのでそこの学校に決めたそうです。
この中高一貫教育って別名を“エレベーター”と言いますよね。
そんな話が出ていた矢先、Bさんはこんな事を言ったのです。

お前、エレベーター式の


学校を出ているんだろう?


うん。


高校2年の時に


そのエレベーターが


壊れなかった?



最初何の事を言っているのかわからなかった。


つまり壊れる=ダブル

2018年6月30日 (土)

7月のカレンダー

「2018.7.A3calender.pdf」をダウンロード

2018年5月 9日 (水)

お酒  その1

何回か同じ記事を掲載しました。
今巷を騒がせている一番の話題。
あえて詳細は言いません。
ボクがあえてあ~だこ~だ言う事はないし、
その部分はマスコミにお任せします。

酒に関してはボク自身はスタンスを大きく変えました。
以前は毎晩飲み、日曜日は昼間から飲んでいました。
こんな日が続いていたある日、ふと気がつきました。

休みの日にボクは何をしたんだろう?


昼間から酒を飲めば昼寝をして
気がつけば夜になってしまっていました。
もちろん車の運転はできません。
平日だってバルーンがある日も
帰宅してから飲み始め、
12時を回ることだって珍しくはありませんでした。
当然、飲みつぶれて家族に
人にたたき起されてしまう始末でした。
こんな日が相当続いて一念発起しました。


これでは自分が酒を飲んでいるのではなくて

酒に呑まれているsign03


タバコはやめましたが、
酒はさすがに辞める勇気がなかったので
飲むのは週末だけにしました。
そんな生活になって3,4年の月日が過ぎました。

そこへアイドル(でも年齢は46歳なんですね。)の
泥酔、キス事件。
退院した当日の夜の出来事だったらしいのです。
降って湧いた事件ではなく、
予兆はあったらしいのです。
周囲の人が彼に注意をしていたそうです。
ある意味酒って麻薬と一緒です。
でも酒は本人の強い意志さえあれば
やめることだって可能です。
事の重大さに気がつくかどうかです。
メンバーの発言にありましたが、
「崖っぷちにいる。」ではなくて
「崖から落ちている。」事に本人が
気がついていなかったと言っていました。
まさにその通りだと思います。

自分自身の軽率な行動が
被害者はもちろんのこと、
メンバー、家族、所属会社、スタッフ・・・
自分にかかわってくれた全ての人に迷惑をかけてしまった事。
事件後の行動のすべて
警察の事情聴取、周囲の人に黙っていた事、
自分で処理できなくなってしまってようやく一部の人に相談。
誰に相談していいかって言ってたけど、
事務所の社長はもちろんのこと、
なぜ一番近いはずの他のメンバーに
一番最初に相談しなかったのでしょうか?

記者会見でもその甘えた考えがうかがえる発言が
何回か飛び出しました。
まずは自分は犯した罪の大きさを知るべきです。
スタートはそこからだと思います。

人に意見をした以上、
自分自身も改めて襟を正して行動したいと思います。

より以前の記事一覧