2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2017年11月15日 (水)

入院日記 ~手術~

いよいよ入院当日、天気は台風が接近していて雨rain
でも不思議なくらい気持ちは落ち着いていましたconfident
これから起こる事は初めての経験、未知の世界。
今更ジタバタしたって仕方がないし、まな板のコイって感じかな?
なるべく濡れないように大きめの傘を持ってバス停busで待っていました。
かなり早くバス停についてしまったけど手持ち無沙汰にはになりませんでした。

約20分ほどで病院に到着。
この日は日曜日なので裏の警備員室から入って入院の事を伝えました。
何とこの日は設備点検があって16:00まで電気が使えないとのこと。
もちろん部屋に入ってもテレビや冷蔵庫は使えません。
ヒマつぶしに本を多く持って行ったけど、結局部屋の照明もつかないのでng

しばらく経って部屋に案内されました。
検査入院の時は6人部屋だったけど今回は同じ広さで4人部屋に昇格sign02
6人部屋と違ってかなり幅に余裕がありました。
そして色々と説明を受け、色々な同意書にサインをしました。
翌日に手術のため食事はこの日の夕食まで、
水分は明日の6:00までをきつく言われました。
たぶん全身麻酔をするので手術中に小・大便を垂れ流しにしない事かな?。

そして手術当日。
バスローブみたいな手術着に着替えたり、薬を飲んだり、
手術前に色々とやったけど忘れてしまいましたcoldsweats01

いつ、どのタイミングでやったかは忘れたけど、
左足の付け根で採血をしました。
足の甲でも採血をしたけどこれは看護師がやったのです。
確かかどうか、どこが境目かは分かりませんが、
心臓に近くなると医師でないと採血が出来ない事を聞きました。

本当にたくさんの事をやっていよいよ手術室へdash
部屋のベッドごと移動しました。
その時も看護師さんに


手術中に途中で起きて執刀医に


そこじゃないよsign01もう少し右だよsign03


なんて言っちゃわないかな?



それうけるぅ~~~



なんて冗談をいう余裕さえありました。
手術室入る手前で奥さんと別れて手術室内部に侵入。
手術室はウナギの寝床みたいに細長く、いくつもありました。
ボクが入ったのはNo.10の部屋。
そこで手術台に乗り換えて心電図や血圧は測る器械などを装着しました。
最後に口に酸素マスクを着けられました。
何回か呼吸をして酸素マスクの中に何か霧状のものが入ってきました。
そして


“大きく息をを吸って吐いてください。


と言われて息を大きく吸って吐いている途中に意識を失いました。
いや、麻酔が効いたのです。
そして再び意識を戻して気がついた時は手術は終わっていて
元の自分のベッドに横たわっていました。

2017年11月12日 (日)

入院日記 ~プロローグ②~ 点滴

検査は腰に造影剤を打って、レントゲンを撮って終了しました。
その夜、点滴をするので看護師がよくテレビに出てくるあの点滴セットが
ベットの横に置いてセットをしました。
基本、翌日まで移動は車椅子なので看護師付添わなければならない。
夜中にトイレに行きたくなったのでナースコールをプッシュ。
そしてかけ布団をめくってみたらとんでもない事に気がつきました。
セットしたはずの点滴が外れている。
でも点滴の袋の液体は減っている。
何と体に差し込んだ針のチューブと点滴のチューブが連結されていなかったのです。
点滴の液体は床にダダ流れ状態。
口をあんぐり開けた看護師は
“ちょっと待って下さい”とどこかへ行ってしまった。
まあ、それはそれでいいんだけど、
ボクはトイレに行きたくてナースコールを押したのに
こんな事で放置状態になってしまった。
10分ほどして新しい点滴を持ってきました。
そして床に流れてしまった点滴を拭いたのです。


あの~~ぉ


スミマセン、トイレに行きたいんですけれど・・・



そう、ボクはトイレに行きたくて看護師を呼んだのです。
結局20分ほど遅れてようやくトイレに行って用を済ませました。
こんな状態なので従来なら21:00ころ終わる予定だった点滴が
夜中の1:00頃になると言ったのです。
仕方ないじゃありませんよね。
しぶしぶ了承して夜中に起こされて無事点滴は終わりました。

2017年11月 9日 (木)

入院日記 ~プロローグ①~  筋肉注射

10月上旬に三日間の検査入院を医者から言われました。
この世に生を受けて50数年。
今まで大きな病気はした事がないし、
骨を折った事もないし、入院の経験もありません。
要するに精密に検査して手術をするか、しないかを決めます。

日曜日に入院。
でもこの日は何もする事がありません。
たぶん体を精神的、肉体的に落ち着ける事、休めること、
病院の雰囲気に慣れることだと思います。
血圧や体温を測定したり、点滴の針を打ったり・・・
言ってみれば検査の下準備期間ですね。
まあ、大嫌いな注射は覚悟しましたが、
こんなにもたくさんするんですね。
でもこれは序の口で入院したら注射の嵐で本当に参ってしまった。
その中で一番痛かったのは筋肉注射だった。
なぜ腰が痛いのに腕に、しかも利き腕の右に
打ったかは今でも理解が出来ない。

注射を打つ時に看護師が

この注射は痛いですよぉ~~~

なんて言ったからもう危機感、憎悪感で体が緊張。
注射が嫌いなのは子供のころからずっと。
何が嫌かというとあの“チクン”とした刺激、
痛い針が何食わぬ顔でずっと自分の体の一部として
君臨している嫌悪感。
そして針を抜く時の感覚。
どれをとっても何度やってもこれだけは克服する事が出来ない。

高校生の頃、学校に献血車が来て献血を募った。
嫌いな注射のはずなのにこの日はなぜか
異常なボランティア精神が降臨して
世の中のために一肌脱ごうと決意して車に向かったのです。
この行動が全く裏目に出てしまいました。
横になって腕を差し出したら見た事もない太い針が出てきたのです。
今までの延長線上と思っていたのでびっくり。
これに懲りて嫌いがますます増長してしまった。

閑話休題。
話を元に戻して筋肉注射の針が腕に刺さった。
刺した後筋肉の筋に注射の液体が入っていくのが分かりました。
筋肉の筋に無理やり入ってきて確かに痛い。
ギャーギャー騒ぐほどではないものの多少痛かった。
しばらくして注射は終わりました。
でもこの痛さと違和感は1週間くらい続きました。

2017年11月 8日 (水)

退院しました

昨日の夜にようやく退院しました。
奥様が仕事のため17:30に病室に来て支払いを済ませた後
背中に張るテープの説明を受けて晴れて退院となりました。
TOTAL17日間の入院生活となりました。
もちろん初めての経験でした。
本格入院、翌日手術、リハビリ・・・
何もかも初めての経験で人間の幅が広がりました。

お世話になった看護師にあいさつを済ませて帰路に向かいました。
夕飯を聞いてみると“お寿司を買っておいたよ”と言うので
途中コンビニによってビール(スーパードライ)と
レモンの缶チュウハイを買いました。
昼間さんざん寝ている生活を送ったので夜眠れないと困るし、
今まで何度も夜中に起きて(2,3時間ごと)しまったりして
集中して眠る事が出来なかったので寝酒ですね。

家について臭いがするのがわかりました。
今まで気づかなかった家の臭いです。
決して臭いという事ではありません。
荷物は奥様に持ってもらって真っ先に風呂場に行きました。
まだ湯船につかることはできませんが、
落ち着いて体を洗う事ができました。

そして夕食。
まずはビール。
ごくりと一口飲むとキンキンに冷やしたビールがのどを通り、
胃に入ってくのがわかりました。
真夏に飲むビールもそんな感じがしますが、
また違った感覚のおいしさでした。
今までと違ってゆっくりと、一口一口味を確かめるように噛んで
ごくりと飲み込む。
これ以上の至福の時間は感じた事がないくらいの感覚でした。
その夜は途中で一回だけ目が覚めましたが、
ほぼ熟睡できる事ができました。
17日ぶりの熟睡です。

翌日朝、コンビニにスポーツ新聞を買いに出かけました。
小雨でしたが本当に気持ち良かった。
これを日課の一つにしました。
でもまだ完璧に歩くことはできません。
もちろんジャンプもできません。
歩くには右足と左足の間隔がやや広めに開いて
左右に重心を移動しながら歩いている感じです。
一歩一歩踏ん張りながら歩いている感じ・・・?
昔のロボットの人形が歩く様に似ている感じがします。
昼間は小雨模様だったので近くのショッピングセンターに行って
ウォーキングを兼ねてウィンドウショッピングに。
ボクは目的もなく近所一周したりして歩く事ができないので
これなら天気を気にせず歩くことができます。
ただ、今日術後の翌日にすぐ運転することは多少危ない思い、
追い越し車線を走らず走行車線をゆっくり走って目的地に着きました。

病院から持ち帰ってきた荷物もボチボチ片付けて行きたいと思っています。
一番悪いのは根を詰めたり、頑張ってしまうことと思っています。
時間は十分にあるし、少しやったら休憩、また少しやったら休憩と
体力や疲れと相談しながらやりたいですね。

これからと当分の間入院日記を書き綴って行きたいと思います。
書き留めたB5のノートに13ページほども溜まってしまいました。
まあ、ヒマでヒマで仕方がなかったからね。
どうぞ、お付き合いください。

2017年9月30日 (土)

10月のカレンダー

「A3calender.2017.10.pdf」をダウンロード

2017年9月12日 (火)

おやすみ

何回目になるでしょうか?
体力的にも精神的にも限界に近づき
ブログを一時お休みさせて頂きます。

体が変調を起して半年近く経過しました。
睡眠が浅くなって常時眠い状態が続いています。
色々な事が多く重なって精神的にも
正常な状態を保つのがやっとという状態になってしまいました。

記事を書くネタはあるのですが、
時間的にも、精神的にも、体力的にもムリな状態です。

そんな訳でここは思い切って中断する事を決心しました。
再開のメドは立っていませんが、
なるべく早く復活したいと思います。


では


お休みなさいsleepy


_ノフ○ グッタリ

2017年9月 6日 (水)

スリーブロック

Aさんは40歳を超える年齢です。
会社には若い人が多くて
彼は話題についていくのに精いっぱいですcoldsweats02sweat01

最近Aさんの会社ではツーブロックが流行り始めました。
これがAさんよりもっと年齢をお召しになられた上司も
全く恥ずかしげもなく、髪形をツーブロックにしてしまいました。

ボクのあくまでも個人的な見解ですが、
ツーブロックってボクの世代では
“刈り上げ”と言ったほうがわかりやすいと思います。
双方がどう違うかは全く分かりません・・・coldsweats01
輪廻転生、時代回帰、
流行はめぐりめぐってぐるぐる廻って元に戻る・・・sign05

当然周囲からは似合わないのオンパレード。
何を血迷ってそんな髪形にしたのか・・・
案の定、家族の評判はよくありませんngbearing
そんな事には全くお構いなしのAさん。

ところが同期の男性にこう言われてしまいました。

その髪型って

ツーブロックって言うんだろう?

ウン。



床屋さんにカットする前に

お願いしたんだろう?

そうだよ。



でもおまえのその髪型は

ツーブロックじゃあないよ。

何で?



だって

つむじのところがはげているから

スリーブロックになっているよ

2017年9月 3日 (日)

突然、前触れもなく・・・

2,3年前でしょうか?
うちの近所にコンビニができました。
近くにも他系列のコンビニがありましたが、
そのコンビニより150mほど近くに、
交差点の角に出来て
立地的に条件がいい所に出来たのです。

少年野球の朝が早い集合の時だったり、
ネットショッピングの支払いだったり、
急な買い物だったり結構利用頻度が多くて
本当に重宝していました。
最近になって今はやりの新聞紙や雑誌、雑紙などを
いつでも捨てられるボックスが設置され
ますます利用頻度が高くなりました。
町内でも月に一回集めますが、
いつでも捨てられる魅力のほうが高かったですね。
しかもボクがよく利用しているTポイントが使える事も
魅力の一つですね。
この手のポイントカードはたくさんありますが、
Tポイントカードは利用できる店舗が多いし、
色々なジャンルで利用できるし、
一番いいような気がします。

ただ店員の対応がなんか気になりました。
横柄まではいかないものの
入店しても“いらっしゃいませ!”の一言が少なかったし、
愛想が決していいほうとはお世辞でも言えませんでした。
そんな事はボクはあまり気にならなかったのですが、
一つ気になった事がありました。
今年になってからでしょうか?
商品の欠品が目立つようになりました。
これはコンビニにとって、いや物を売る商売にとって
致命的な欠点ではないでしょか?
ネットでチェーン店の本部に投稿してしばらくしたら
欠品が無くなってホッと一安心しました。

そんな事があって2、3ヶ月ほど過ぎた先日、
驚く事がありました。
2,3日前に買い物をしたばかりのそのコンビニが
突然、閉店ngしていたのです。
客足が悪かったのでしょうか?
繁盛しているとは言えなかったものの、
そこそこのお客さんの数はそこそこいたような気がします。
いやぁ~~参りましたねcoldsweats01
そういえば会社近くでよく利用していたコンビニの
商品棚の商品が半分以上なかったと思ったら
閉店した事を思い出しました。
こちらの場合は近くに売り上げ高一番のコンビニが
出来た事が原因と思われます。
駐車場の広さや使い勝手もこちらのほうが断然よかったですね。

これからは少し遠くなったけどそこに行くようにします。
あの店は何になるんだろう?

2017年8月31日 (木)

9月のカレンダー

「A3calender.2017.9.pdf」をダウンロード

2017年8月30日 (水)

すでに・・・

8月も終わりを迎えようとしています。
今年の夏は私の体には例年以上に非常にきつくて
すでに夏バテと言うより疲労困憊のピーク。
いや、それを越えて体に変調をきたしています。
休みの日には少しでも時間に余裕があれば
眠ってしまっているcatfacesleepy事なんてザラsign01
単に眠るというより『眠りをむさぼる』
と言ったほうが表現が正しい。

先日の休みの日に久々に
何も予定がなかったその日は
こんな事って何ヵ月ぶりだろうか?
朝いつもの時間に起きて洗濯、朝食。
そして寝る。
起きて昼食、PCを1時間ほど。
そして寝る。
起きて入浴、夕食、テレビを少々。
そして寝る。
一日24時間のうち起きていたのは
4,5時間だったような気がします。
そんなダレ切った一日を終えて
翌日に起きた時はまだまだ寝不足気分。
寝起きが悪い。
寝過ぎとお思いの貴兄もいるでしょうが、
やっぱり寝不足には間違いない。

早く夏が終わらないかなぁ~~~

より以前の記事一覧