日記・コラム・つぶやき

2018年7月15日 (日)

お静かに!

Aさんは平日の身内のお葬式に参列するために
有給休暇を取って会社を休みました。
身内と言っても直接の関係者ではありません。
嫁の親戚関係に当たる人だったらしいのです。
Aさんにとっては言い方は悪いけど、
縁もゆかりもない人、全く知らない人の集まりなんです。
それでも参列しなければいけない理由がありました。
人って縁もゆかりもない人だけど、
それなりの付き合い方を身につけなければ
回りまわっていつの間にか
自分の身に降りかかるかもしれません。

その理由とは・・・
めんどくさがり屋のAさんが落ち込まない理由・・・
それは孫の面倒をみることです。
目に入れても痛くないってAさん自身が言っているように、
本当に子煩悩ならぬ孫煩悩だからです。
初孫とあって孫のおもりは自分の唯一の趣味と言っています。
ただ孫が帰った後の疲労感は半端ないそうです。

前ふりがとても長くなりましたが、
張り切って葬式に参加したAさん。
火葬している1時間ほどの時間、
孫と一緒に遊んでいました。
そしたら娘がAさんのところに来て
小声で耳元でこう言ったのです。



子供の面倒を


見てくれるのは


本当に


ありがたいけど・・・


もう少し


場所を


わきまえてくれない?



孫と遊んでいるうちにだんだん声が大きくなり、
あちこち走りまわったりして
周りの人に迷惑をかけてしまったのです。
しかもお葬式です。


すみません。


娘に謝ったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年7月12日 (木)

中高一貫教育

最近中高一貫教育が見直されています。
3年+3年の別々の教育より
6年間、一貫したプロセスで教育するのです。
私立では当たり前ですよね。
どちらかというとお金持ちが通う学校というイメージです。
私の独断と偏見な意見でスミマセン。
この流れは公立の学校に波及して
静岡県では沼津市立、清水南、浜松西それに該当します。

Aさんは私立の中高一貫校に通っていました。
特別裕福な家庭ではないけど、
家が近かったのでそこの学校に決めたそうです。
この中高一貫教育って別名を“エレベーター”と言いますよね。
そんな話が出ていた矢先、Bさんはこんな事を言ったのです。

お前、エレベーター式の


学校を出ているんだろう?


うん。


高校2年の時に


そのエレベーターが


壊れなかった?



最初何の事を言っているのかわからなかった。


つまり壊れる=ダブル

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年6月30日 (土)

7月のカレンダー

「2018.7.A3calender.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年5月 9日 (水)

お酒  その1

何回か同じ記事を掲載しました。
今巷を騒がせている一番の話題。
あえて詳細は言いません。
ボクがあえてあ~だこ~だ言う事はないし、
その部分はマスコミにお任せします。

酒に関してはボク自身はスタンスを大きく変えました。
以前は毎晩飲み、日曜日は昼間から飲んでいました。
こんな日が続いていたある日、ふと気がつきました。

休みの日にボクは何をしたんだろう?


昼間から酒を飲めば昼寝をして
気がつけば夜になってしまっていました。
もちろん車の運転はできません。
平日だってバルーンがある日も
帰宅してから飲み始め、
12時を回ることだって珍しくはありませんでした。
当然、飲みつぶれて家族に
人にたたき起されてしまう始末でした。
こんな日が相当続いて一念発起しました。


これでは自分が酒を飲んでいるのではなくて

酒に呑まれているsign03


タバコはやめましたが、
酒はさすがに辞める勇気がなかったので
飲むのは週末だけにしました。
そんな生活になって3,4年の月日が過ぎました。

そこへアイドル(でも年齢は46歳なんですね。)の
泥酔、キス事件。
退院した当日の夜の出来事だったらしいのです。
降って湧いた事件ではなく、
予兆はあったらしいのです。
周囲の人が彼に注意をしていたそうです。
ある意味酒って麻薬と一緒です。
でも酒は本人の強い意志さえあれば
やめることだって可能です。
事の重大さに気がつくかどうかです。
メンバーの発言にありましたが、
「崖っぷちにいる。」ではなくて
「崖から落ちている。」事に本人が
気がついていなかったと言っていました。
まさにその通りだと思います。

自分自身の軽率な行動が
被害者はもちろんのこと、
メンバー、家族、所属会社、スタッフ・・・
自分にかかわってくれた全ての人に迷惑をかけてしまった事。
事件後の行動のすべて
警察の事情聴取、周囲の人に黙っていた事、
自分で処理できなくなってしまってようやく一部の人に相談。
誰に相談していいかって言ってたけど、
事務所の社長はもちろんのこと、
なぜ一番近いはずの他のメンバーに
一番最初に相談しなかったのでしょうか?

記者会見でもその甘えた考えがうかがえる発言が
何回か飛び出しました。
まずは自分は犯した罪の大きさを知るべきです。
スタートはそこからだと思います。

人に意見をした以上、
自分自身も改めて襟を正して行動したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月30日 (月)

5月のカレンダー

「2018.5.A3calender.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月19日 (木)

体力不足

入院、手術から約半年の月日が過ぎようとしています。
仕事は閑職から元の部署に戻り、
バルーンもフルに参戦しています。
でも心配の種があります。
それは体力不足。
言いかえればスタミナが持たないのです。
一日の体力は気力でなんとかカバーできるものの
帰宅すると風呂に入って、夕食を摂ると
疲れが一気に噴き出してきて
部屋で死体のように横たわってしまいます。
先日その状態でウトウトと眠ってしまった事が
何度かあったために風邪をひいてしまいました。
のどが痛くて、咳が出て、タンが絡んで・・・
体力が低下しているうえに風邪をひいたものだから
休めばいいのにと思う自分がいましたが、
やっぱり会社を休むことは
よっぽどの事が無い限りは出来ないのです。
昭和の人間ですね(>0<)

今まではオーバーワークすることによって
自分の体力がつき、
持続力アップにつながっていたのですが、
一向に代わり映えがしません。


ああ


聞こえる ・ ・ ・ 


トシだって


声が ・ ・ ・



(落)










| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月12日 (木)

交通事故 その4 体調

木曜日に事故にあって、
金曜日は仕事をして、
土、日曜日は体を休めて
再び月曜日に仕事をしたけど
どうも体の調子が悪い。
頭痛と右肩と首が痛い。
結局、病院へ行く事を決意しました。

担当医は半分心配して、半分笑っていました。
ようやくコルセットが取れて
晴れて自由の身になる事が近づいたのに ・ ・ ・
レントゲンと今度は脳外科に行ってCTを撮影。
両方とも異常はなかったので一安心。
年齢が年齢だけに一通りきちんとした検査をして
異常が無くてホッとしました。
脳外科で脳が委縮しているなんて余計な事がわからなくてよかった
痛み止めの薬と湿布薬をもらって終了。

でも結局右肩と首の痛みはとれないので
今も接骨院に通っています。
症状は悪くはならないものの良くもならない。
現状維持って感じかな?

接骨院の院長に


鉄棒にぶら下がるのもいいと思うよ。


と言うアドバイスを受けて
一日一回ぶら下がるようにしたら
少しずつ良くなっているみたい。
最初は肩が痛くてぶら下がる事も出来なかったけど
4,5回足を地面に着いてぶら下がっていたら
ぶら下がった瞬間、肩が伸びる感覚になってきました。
また、単に肩を廻してストレッチするより、
野球のバットを持ってぐるぐると振り回したほうが
より遠心力がついてこのほうが効果があると思う。
もちろん周りに人がいない事を
確認することは言うまでもありません。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月 9日 (月)

交通事故 その4 激怒

交通事故で必ず経験すること。
それは現場検証。
事故の相手はボクが救急車で
運ばれた後にやったらしいのですが、
ボクは数日後・・・1週間ほど過ぎた日でした。
今回は現場で検証しないで警察署で
直接ボクの言い分を聞いて
事故の相手と主張が違わないか確認することです。

さすが官僚!!!!
平日の昼間しか対応できない。
何とか頑張って17:30に着くと言ったけど
それさえも受け付けてくれない。
一般の会社員は有給を取って行くしかありません。
これも事故のやられ損と言うしかありません。
幸いに腰の手術の定期検診が近かったので
午前中は病院に、午後に警察署に行く事にしました。

個人的に警察って好きではありません。
悪い事をしたわけじゃないのに
警察署に行く事だけで妙な緊張感を感じます。
交通課に言って担当者に会いました。
年齢の多い人を想像していましたが、
20代くらいの若者でした。
こんな雑用的な事は若い者の担当でしょうか?

話した場所は部屋に入ってではなく
なぜか廊下で話をしました。

事故の状況を自分の記憶を頼りに正直に話していきました。
状況は事故相手が話した内容と
大きな違いはないと言われました。
警察的判断ではボクに落ち度はないと言っていました。
もちろん、ヘルメットをかぶっていたし、
ヘッドライトも点灯していました。
今のバイクはヘッドライトのON,OFFのボタンがありません・・・
スクーターだけ?
つまりエンジンをかけると強制的にヘッドライトが点灯します。

法定速度を守っていた事は事故状況かは判断できるし、
避けようとして最大限の処置をした事は認められました。
でも問題があります。

この若い警官、人の話を最後までキチンと聞かずに
ボクが話している最中に自分の意見を話し始めます。
その話し方も超高圧的で、


まるで



犯罪者への尋問



みたいな感じでしゃべるのです。
相当我慢しましたが、
段々ボクも語気が荒くなってしまって



いい加減にしろsign01



人の話を最後まで聞けsign03



俺は被害者で



犯人じゃないんだぞsign03sign01




だから



警察官って



大嫌いなんだbombpunch







仏のSugichanもブチ、ぶち、ブチッと切れてしまいました。
さすがの警官もこの言葉に参ったらしく、
おとなしくなってしまいました。
普通に落ち着いて話す事が出来るようになりました。


まだまだこの年になってもおとなになりきれないですね。
自分自身も反省です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年4月 3日 (火)

交通事故 その3 根性

なんとSugichanは翌日仕事に出ました。
グループで仕事をするので
一人欠けると全員に影響が出るからです。
前もって休むことがわかっていれば
それなりにシフトを組むけど
当欠(当日欠勤)することは大変なことなのです。
しかもとんでもなく忙しかったので
人員配置担当者は四苦八苦していたのです。
それを知っていたから、なおさらこんな事で(爆)
休むなんてありえなかったのです。
事故にあったのが木曜日だったので
一日仕事をして土、日休めば回復するからいいや!
くらいのつもりだったのです。

朝、仕事に出てみるとみんな驚きました。
救急車で運ばれたから
当然休むと思っていました。
でもどうしても仕事に穴を
あけるのは嫌だったのです。
顔や唇に擦り傷があったので
マスクをしての出勤でした。
その日は比較的楽な仕事と
代わってもらいました。

バイクはと言うと事故現場は
中華料理店の前だったので
誰かがそのお店の人にお願いして(事故相手?)
バイクをそこに置かせてもらいました。
金曜日の夜に引き取りに行きました。
バイクの損傷の程度は暗くて
詳細は分からなかったけど、
たぶん外傷だけでエンジンなどの
主要パーツには大丈夫のようです。
もちろんエンジンはかかるので
同僚に運転してもらって持って行きました。

でも自分の考えが甘かった。
土、日休んでやっぱり
体の調子がおかしいbearing
落ちたのは左側からで
頭の左側を何度か地面に打ったけど、
頭痛と言うより14,5年ほど前に患った
“偏頭痛”のような痛さなのです。
それと事故によるむち打ちかわからないけど
右肩と右首筋が痛い。
結局、腰の手術でお世話になった病院hospitalに行く事になりました。

つづく













| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月31日 (土)

4月のカレンダー

「2018.4.A3calender.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧