2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

バスケットボール

2013年11月 6日 (水)

ウィンターカップ 準々決勝、準決勝

「wintercup6semifinal_2013.pdf」をダウンロード

2013年11月 4日 (月)

ウィンターカップ 4、5回戦 最終章

ついに終わってしまいましたbearing
FM高がインターハイで準優勝したため、
静岡県代表校の枠がひとつ増えました。
最有力校となったのがインターハイ県予選準優勝校となったHG高です。
そのチームと5回戦でSH校が対戦しました。
いつも立ち上がりが悪いSH校がな、な。なんと
序盤3Pシュートなどが決まってリードする展開となりましたが、
自力に勝るHG高はすぐに追いつき、突き放して
ついに敗戦となりました。
そして長男Mはこの日の夜から受験生となりましたbookpencil

試合終了後すごく爽やかで年齢のせいで弱ってしまった
涙腺から水分は出ませんでしたsweat01
私達親もミニバスから始まった子供との
バスケット生活はこの日で終了となりました。
進学してもバスケットを続けるようですので
年に一回くらいは観戦に行くことができればいいなsign02と思っています。

この12年間で色々な経験をすることができました。
笑いhappy01、怒りpout、涙したりcrying、大きな感動happy01heart01もしました。
もし子供がバスケットをしなければ
こんな経験をすることができなかったですね。
子供から教えてもらったこともたくさんありました。
親って子供からも教えられることがたくさんあります。
親子の関係って親の風を吹かせて子供と接するより、
友達関係じゃあ近すぎなので
子供のよきアドバイザーで美味しい食事を作って
心身ともに成長させることが一番いい関係だと思います。

さあ、これから4ヶ月あまりはバスケットにかけた情熱を
勉強に振り向けて4月には志望校に合格するように
親も子も頑張っていきたいと思いますscissors

「wintercup452013.pdf」をダウンロード

2013年10月31日 (木)

ウィンターカップ1、2、3回戦

ウィンターカップ静岡予選が開幕しました。
SH高には3人の3年生がいましたが、
長男Mだけが残りました。

SH高は本人の意思で残るかどうかは決めることができます。
本人は相当悩んだようですが・・・



最初の試合は緊張のせいか
プレーが噛み合わずやきもきしました。
しかし徐々に点差を開いていき、
勝利を収めることができました。

2試合目もシーソーゲームとなりました。
後半の3Q以降足が止まってきて
シュートの精度が落ちてきた相手に対して
まだ余力のあるSH高の選手が得点を重ねていって
薄氷の勝利を掴むことができました。

11/3からいよいよシード校が登場します。
SH高も4回戦を勝つとシード校のHG高との対戦です。
調子をもっと上げてBEST8に駒を進めて欲しいと思います。


相手の実力はかなり上ですが、悔いのない試合になって欲しいと思います。



「wintercup1232013.pdf」をダウンロード


2013年6月 6日 (木)

インターハイ

「 ピ ー sign01

初夏を思わせる体育館にホイッスルが鳴った。

そして爽やかな風が体育館の中を通り過ぎた。

試合終了。

SH高のインターハイが終わった。

このメンバーでのSH高籠球部の終わりを告げるホイッスルでもあった。

短かった。

あまりにも短すぎる高校のバスケット生活。

長期休暇には泊まり込みの遠征があったり、

楽しく、苦しく、充実した部活だったと思う。

お疲れ様でした。

そしていい思い出をありがとう。




PS

個人的な都合により、一ヶ月ほどブログを休みます。

2013年5月 6日 (月)

インターハイ 中部予選 2、3日目

記事が遅くなってしまいましたが、
4月末にインターハイの予選が行われました。
SH高はシードで3回戦からの登場でしたが・・・
相手チームが強かったのか、うちのチームが弱いのか・・・?
動きが悪かったし、シュートは入らないし・・・
勝つことはできましたが、以前戦った時のように
スッキリと勝つことができませんでした。
これがインターハイの恐ろしさだと思いました。
一日で修正できるかが心配でした。

翌日はサッカーで例えると清水ダービーとでも言いましょうか。
終始リードされて試合が進み、
4Qの残り3分くらいで3Pシュートで追いついたものの、
最後には力尽きてしまいました。

続く5位決定戦の初戦も同様の内容でした。
でもこの試合では最後に粘ってなんとか勝つことができました。
M先生の指示は終始“止まるな、動け!”でした。
DFもOFも足が止まってしまえば試合に勝つことはできません。
そこは普段練習や遠征でかなりハードで鍛えられているので、
シーソーゲームを制することができました。

さあ、県大会です。
GWは今回の試合の反省を踏まえて遠征してきたと思います。
選手のガンバリに期待します。

「h25_interhigh_chubu_23.pdf」をダウンロード

2013年4月24日 (水)

インターハイ 中部地区予選 1日目

「h25_interhigh_chubu_1.pdf」をダウンロード

2013年4月18日 (木)

インターハイ 中部地区予選

いよいよインターハイの予選の組み合わせが
協会のHPにアップされました。

http://sbba.beblog.jp/blog/files/25kouchuudansi.pdf

東部地区の組み合わせが4月7日にアップされていたので
今か今かと首を長くして待っていました。

SH高としてはなんとか勝ち進んでファイナリストに
なって欲しいものです。
仕方がないけど反対側はFM高だと断言出来ますね。
まだFM高とは一度も対戦していないので
ぜひ実現して欲しいものです。
一年生も加わり、ようやくほぼフルに
ベンチ入りできる人数になったSH高。
長男Mが最後の大会となるかはわかりませんが、
おそらくこのメンバーで試合をする最後の大会となると思います。
在り来りな言葉ですが、
悔いのないように頑張ってください。


2013年3月24日 (日)

インターハイに向けて

3月末から4月にかけて色々なチームが集まって
静岡市内でバスケットボールの大会があります。
試合形式は極めてゆるくて
練習試合の延長とでも言いましょうか、
監督同士の話し合いでレギュラーにしたり、
サブメンバーにしたり、時間調整があったりしたりします。
参加チームは県内はもとより神奈川、
岐阜からの参加があったり、
地元のS大や何と関東大学バスケットボール一部、
あのY.K君が進学するW大が参加します。
暫定的な日程ながらSH高は残念ながら
大学生との試合はありません。

インターーハイに向けて最後の調整の試合になると思います。
選手層の底上げはもちろんのこと、
ネクストレベルを目指してこの大会をきっかけに
さらなるステップアップを目指して欲しいものです。
インターハイは長男Mたち次期3年生にとって
最後の試合となるかもしれません。
おそらくこのメンバーで望む最後の大会となることでしょう。
精一杯頑張って悔いが残らない試合にして欲しいものです。

本当に高校バスケットって短いですねhappy02

2013年3月18日 (月)

ドリームマッチ

3月9日(土)に静岡中央体育館でドリームマッチが行われました。
ドリームマッチとは簡単に言うと国体に出場する選手の選考会です。
協会のHPを見たら何とミニバスで一緒だった
今や全国区の選手に成長したY.K君の名前も載っていました。
結局この日は彼と直接話しをすることができませんでした。


大学生や一般の選抜チームと対戦したあと
高校生選抜の3チームによる総当たり戦を行いました。
NC高が広島に遠征だったため不参加となり、
一人がケガ(?)のために試合には出なかったため、
長男Mが所属する少年男子Aチームは10人となってしまいました。

NC高の二人と長男Mの3人で何かよからぬこと(?)を企んでいたそうです。
あのFM高のS野くんと一緒のチームでした。

Y.K君が所属する成年チームとの試合では
彼とマッチアップしていました。
彼と同じコートに立ったのはミニバス以来ではないでしょうか?
真剣勝負ではないのでお互い微笑みながら試合を楽しんでいました。
成年や大学生チームはやはりひと味もふた味も違いました。
高校生相手では余裕で試合をしていました。

長男Mは後半の高校生同士の対戦になってようやくエンジンがかかり、
3Pシュートは入らなかったけど、
少し監督にアピールできたような気がします。

3月20日に練習会があるようです。
この日の結果を踏まえて何人かが選抜されると思います。
それに残ってほしいな・・・(祈)

2013年2月 3日 (日)

新人戦 ふぁいなる

「h2_sinjinsenfanal.pdf」をダウンロード

より以前の記事一覧