2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

バルーンバレーボール

2017年7月30日 (日)

Sステージ大会を終わって

今回初めて参加したSステージ大会。

実は前々からSステージのチームを自分で作りたいと思っていましたhappy01
でもそこまでたどりつくにはたくさんの問題があります。
それをクリアする時間的、体力的な余裕がなくて
今日まで来てしまいましたcoldsweats02
来年度から本格的に実施されるのを踏まえて
もうひとつモチベーションのギアをあげてupwardright
来年度の参加を目指してチームを作ってみようかな?
なんて気持ちが今回の参加で沸々と湧いてきましたnote

一番のネックは参加者を集めることとユニフォームcoldsweats01
人を集める事がまず先決ですね。
母体となるチームが無いので一からのチーム作りは
相当のエネルギーを使います。
チームメイト同士の相性もあります。
もうひとつ、金銭的にはユニフォーム代が一番かかります。
最低2枚用意しなければならないので
1枚5、000円としても合計10、000円は
初期投資として掛かってしまいます。
知人にスポーツショップと仲がいい人がいるので
その人を通せばもっと格安で済むと思います。
それと救急用品などの備品ですが
これは自腹を切って用意したいと思っています。

現在まだ誰にも声をかけていません。
内に秘めていたささやかな思いですからねsecret
実はチーム名だけは決まっています(笑)

誰かやりたいって人がいないかな?

2017年7月27日 (木)

Sステージ大会第1節@南部体育館

ある人からメールmailがきました。
Sステージ大会に出てくれないかと。
晴天の霹靂、思いもよらない連絡でした。
その方がある事情で大会に出場できなくなった、
もう一人の男性は他のチームで参加することになったので
出場できる男性が一人になってしまった・・・という事です。
ボクが参加する事は何ら問題がありません。
ただ大会までにメンバーがわからず、
全く練習なしのぶっつけ本番なので大きな不安がありました。
でもお世話になっている人なので参加することにしました。

Sステージは今年も試行大会なので
ユニフォームをそろえなくてもいいのですが、
一旦登録したら今年度一杯は移籍ができません。

大会当日、初めてチームの人との対面です。
男性2人、女性4人のギリギリの人数です。
相棒の男性はかなり昔から知っていて
某チームの練習に一緒に参加した事もある人なので
その点は安心できました。
このチームはその男性が所属する某チームの選手が多いので
前述の某チームとは違います
そのチームのシステム(フォーメーション)で
大会に臨むことにしました。
とにかくケガだけは避けたいと思いました。

結果は3試合目まではすべてストレート負け。
試合前に立てた目標の2勝2敗は不可能な状態に。
でもひとつは勝ちたいその思いが選手全員の
心に刻み込まれていきました。

ラストの試合。
これまでの試合で相手はひとつセットを取ったものの
ウチと同様に全敗。
そう、全敗同士の対戦となりました。
第一セットを取ったものの第二セットはボクの不調から
セットを落としてしまいました。
迎えた第三セット。
ボクのスタミナはすでに切れていて
気迫、そしてどうしてもひとつは勝ちたいと思う
強い気持ちだけで臨みました。
メンバー全員にもその気持ちが伝わったようで、
それまで出なかった励ましなどの声がプレー中に出たのです。
これは本当にうれしかったですね。
両チームの実力では互角。
でもプレー中の声は絶対ウチがまさっていました。
これは苦しくなった時には最大の栄養剤です。
14-13で迎えた相手のサーブ。
すでに気力、体力とも限界を超えていたのでどうしてもジュースにしたくなかった
レシーブ、トス、そしてボクのアタック。
この試合ではストレートはすべて拾われていたので
クロスを最初から狙っていました。
アタックがキチンとヒットせずややフラフラっと
クロスにボールが飛びました。
なんとかエンドラインぎりぎりにボールが落ちゲームセット。
この日の6人、そうギリギリの人数で
この日の熱い暑い体育館で試合をした仲間が
円陣で一つになって喜びあいました。
まるで優勝したかのような喜びようでしたcrown

結果は13チーム中11位。
ひとつしか勝てなかったので仕方のない成績です。
しかもフルセット勝ちだからね。
でもウチのメンバーにとって全勝チームにも劣らない
勝った喜びを強く、強くかみしめる事ができましたshine

2017年6月15日 (木)

ヘトヘト

10日からのスペシャル・ウィークに突入しました。

10日 少年野球・練習日、チーム練習
11日 エリア大会
12日 チーム練習
13日 整体
14日 少年野球・練習日
15日 協会の某お仕事、チーム練習
16日 整体
17日 少年野球・公式戦、チーム練習
18日 少年野球・公式戦、某チーム練習参加

9日間で5回のバルーン。
若いならともかく、
この年齢で、このスケジュールは過酷すぎます。

エリア大会はあまりほめられた成績ではありませんでしたが、
ウチのエリアはレベルが高いので
こんなもんではないでしょうか?
個人的にはやや満足しています。
不安だった足の状態も気にならなかったし、
決定力不足は否めないものの、
きっちり打ったアタックが多かったような気がします。

もちろん整体に通っているし、
この頃再びストレッチを事あるごとに
マメにやるように心がけています。
風呂でも足をさすったりしています。

これで大会は10月のステージ大会までありません。
これを機会に新しいフォーメーションの練習を開始ました。
やや攻撃的な布陣もあって、みんなで
声をかけあって楽しくやっています。
平均年齢が高いので覚えるのに時間がかかってしまいます
思考錯誤しながら当分は練習しなければいけません。
これは脳トレにもなるし、認知症の予防を兼ねて頑張っています。
頭と体が一致しないのが何よりも難しいweepsweat01sweat01
特に女性陣はレシーバー、セッターの区別をなくして
どこのポジションでもどんなフォーメーションでもこなせるように
練習を繰り返ししていきます。
年齢層が高いのでこれくらいの期間が無ければ覚えきれません。
前述したとおり、頭で覚えるのではなくて、
感覚ですぐに動けて、体がすぐに反応できるまで
繰り返し、繰り返し、何度でもやっていきます。

常に向上、常に新しい事を取り入れる。

2017年6月 3日 (土)

Bステージ大会 @第1節

いよいよステージ大会の個人的な開幕です。
いきなり第一試合からの登場でしかも当番チーム。
泣きっ面に蜂とはこういう事でしょうか?crying
しかも女性陣はギリギリ。
ケガだけは注意しないとね。
早めに集合してコンビニで昼食を
各自買って会場に到着しました。
いつものように会場の設営を手伝いました。
皆さん協力的で進んで手伝っていただけるので
本当に助かります。happy01

そして開会式。
この瞬間がくると大会が始まる実感が沸々と湧きます。
何年経ってもこの緊張感は慣れないですね。weep
その後早速試合のためのアップ。
ここのところ足の状態が思わしくないので
それだけが心配の種でした。

初戦の対戦相手は男女合わせた
平均身長が170cmを越える大型チーム。
今まで何度か対戦した事がありますが、
相性は全く良くないですね。
今回もフルセットで負けてしまいました。

ここでサプライズ。
病欠していた女性の一人が昨晩じっくり寝た結果
症状が回復したので自力で会場に来てくれました。
人数がギリギリと一人控えがいるのは
精神的にも肉体的にも楽になります。
まあ、本人いわく

“病み上がりではなく、病みあがったばかり”

それでもみんなこのチームが好き、
女性陣に活力を、活気を与えてくれました。
チームの雰囲気は最高潮に達しました。

2試合目は若いチームとの対戦。
何とかストレート勝ちを収める事ができました。
この試合でようやく足の状態を気にすることなく
プレーする事ができました。good

第3試合はフルセット勝ち。
第4試合はフルセット負け。

結果、2勝2敗、Point50の8位でした。
ウチのチームのポリシーである
明るく、楽しくバルーンをプレーしようsign01が実現して
チーム全員がこの一日を楽しみました。

相手チームのアタッカーが完璧に打ったアタックを
これまた完璧にボクがレシーブし、
アタッカーがズバッと決めてくれた時、
コートにいた6人が集まって円陣を組んで喜びあいました。
他のチームにはない、このまとまった感は
特筆すべき事項だと思います。

そしてキャプテンの陰謀で
何と前衛からスタートした事もありました。
何年ぶりでしょうか?
私の記憶が正しければ
藤枝武道館でCDEトーナメント大会が開催された時に
その初戦で前衛からスタートして以来でしょうか?
ステージ大会ではいつ以来か全く記憶がございません。
自分では自分をほめたいくらい
今の実力以上にプレーできたと
絶賛、自画自賛しています。(爆)

6月11日はエリア大会。
この調子が続いているとは思いませんが、
年齢と相談しながら頑張りたいと思います

2017年5月27日 (土)

今年度初戦

今年度も早2ヶ月を過ぎようとしています。
今年度のバルーンの公式戦は
体育館の天井改修工事のために
十分に体育館を取る事ができませんでした。
よってAステージ5節、BCDEは4節と
変則的になってしまいました。
よって今期はAステージからの開催となりました。
ウチのチームはメンバーを毎年シャッフルをします。
ボクは今期はBステージの参加となりました。
そのステージ大会が明日第1節を迎えます。

ここのところ体の調子がよくありません。
特にあの病院通いから腰から下の右足全体が
痛くて、しびれて満足なプレーができません。
ジャンプしようとする瞬間におしりの筋肉が

“ピキッ”

っと痛くなって飛ぶ事ができませんでした。
最近ようやく痛みは治まりつつありますが、
それでも完全・・・には程遠い状態です。
ですからベンチウォーマーで頑張りましょうか?

もうひとつ。
女性陣に体調の悪い人が多いのです。
一人はドクターストップで不参加となってしまい、
もう一人は参加が微妙な状態です。
ですから恒例の打ち上げは中止となってしまいました。
これを楽しみにしていたのですが、
お楽しみは第2節にとっておきましょう。


PS
バルーンも16年目のシーズンを迎える事ができました。
チーム創設時から参加ですからチームもボクも16年目となります。
飽きやすい性格のボクがここまで長くできたのは
もちろんスポーツとしてバルーンが楽しい事もありますが、
チームの雰囲気もいい事があげられます。
チームができては消える事が多いのですが、
ウチより長いチームは数えるほどしかありません。
今期登録会で登録したチームの中で11,2チームほどでしょうか?
少しずつ新陳代謝をして次の世代に受け継いでいってもらって
遂には一番の老舗チームとして今まで同様に
仲良く、そしてちょっとだけ強いチームとし
続けてもらいたいと思います。

2017年4月12日 (水)

Aステージ大会@第1節

新年度が始まりいよいよ最初の公式戦のAステージ大会が
9日に南部体育館で開催されました。
当番のボクは7:30に会場につきました。

南部体育館から駐車に関しての指導がありました。
駐車場は行って左のスペースには3台、
右折して道路沿いの駐車スペースは
入口近くは止める事ができなくなりました。
その奥に9台、出口付近に5台(うち軽専用のスペースあり)
停める事ができます。
その奥の駐車スペースには25台置けますが、
入らない場合は詰めて置くことになります。

0006


体育館に入って大会の準備に取り掛かります。
さすがAステージの人は手慣れたもので
てきぱきと会場を設営していきます。
そして準備も整い開会式。
久しぶりの司会だったためカミカミとなってしまいました。

そして会計の女性と書類の整理。
新年度最初の大会なので
昨年度の書類と今年度の書類の入れ替えをして、
大会選手登録名簿のチェック。
多少の書類の書き間違いを見つけました。
名前の変換ミス、昨年のデータをコピーしたために
今年は登録していない人の名前があったり・・・
その確認作業があったりして、いつもの3,4倍の仕事量でした。

そんな事をしている時に不穏な空気を感じました。
主審の審判台に双方の対戦チームの選手が集まっていました。
そして一人の選手が足早にコートを去っていきました。
ユニフォームを脱ぎながら・・・
どうやら主審のジャッジに不満があった選手が
主審の胸ぐらをつかんで審判台から
引きずりおろしたそうです。
いくらジャッジに不満があっても暴力、暴言は
絶対に許されない行為です。
結局そのチームは0-15、0-15となりました。
人数もギリギリだったので後の試合も棄権となってしまいました。
自分自身だけに降りかかるならまだしも、
チームのメンバーにまで迷惑がかかってしまったことになります。
翌日の役員会でも取り上げられました。

大会はBステージから初昇格したチームが
オールストレート勝ちの快挙を達成しました。
惜しくも優勝とはいかなかったものの
健闘をたたえたいと思います。
また若手で構成されたチームも6位タイに入り、
新鮮な大会になりました。
終了時間も4時で20チームが参加した大会なのに
こんなに早い時間で終わるなんてすごいですね。

2017年4月 3日 (月)

バルーン協会 新年度始動

いよいよ平成29年度が始まりました。
協会でも登録会が終わり新たな年度のスタートを切りました。

今年度は少し例年と少し変わりました。
いつもは全5ステージの5節+ABとCDEトーナメントが通常ですが、
昨年度はトーナメント大会の中止、
今年度はAステージのみ5節で、
B、C、D、Eステージは4節になってしまいました。
というのも体育館の天井の改修工事があって昨年度は北部、
今年度は4月1日から10月末日まで中央体育館、
続けて長田体育館が11月1日から3月末日まであります。
ステージ大会を全ステージを5節開催するには
5ステージ×5節=25大会ですが、
今年度は23回しか体育館を取る事ができませんでした。
また毎年1,2回開催された藤枝武道館は
今年度は“なし”という結果になってしまいました。
トーナメント大会どころかレギュラーシーズンを
例年通り行えない状態となってしまいました。
そんな事情で上記のとおりにA~Eステージを開催し、
Sステージを2節開催する事になりました。(予定)

昨年末から作成していた新規チームのマニュアルbookが完成して
HPにアップupする予定です。happy01scissors
今までは協会に所属していた人が
新たにチームを立ち上げるパターンが多かったのですが、
ここ最近、仲間内やPTA大会の延長線で
チームを立ち上げる事が多くなりました。
マニュアルを作ることによって少しでも多くのチームが
協会に登録し、試合に参加して
バルーンを楽しんでいただきたいと思います。
また、協会員の間でも感違いなどで間違った知識を
是正するためにマニュアルを作りました。
細かく書くと際限のない事になってしまうので
あくまでもガイドライン的な事を
念頭に置いて作成しました。
是非、一読する事をお勧めします。

2017年1月30日 (月)

新規チームマニュアル(仮)

年度末も近くなり周囲が慌ただしくなってきました。
年度末、新年度当初、9月半期決算、年末・・・
こう並べると年中世の中って忙しいんですね。
忙しいって本当にいい事です。
ヒマでヒマで困っている人より
猫の手も借りたいほど忙しい人のほうが
一日が充実しているし、人間的にもいいじゃあないかと思います。

昨年末に遠い知り合いが来年度協会に登録したい
という話がありました。
そういえばここのところ協会に登録した事のないメンバーで
構成されているチームが登録するケースが増えてきました。
副会長に相談したら誰でもわかりやすいマニュアルを作ろうという事で
まず素案をボクが作ることになりました。

軽い気持ちで請け負ったもののなかなか大変な
作業である事に気がつきました。
まず基準が協会の事についてまるっきりわからない人でも
なるべくわかりやすいようにすること。
次にあまり細かく書き過ぎると膨大な量になるし、
焦点がぼけるのであくまでもガイドラインに徹すること。
人によって理解が違う事にならないような文面にすること。
文章を平易にする事(この表現ではいけない)。
この作業で年末年始の休みはこの事で終始してしまいました。
ヒマを見つけてはPCに向かい、
ルールブック、過去の議事録、総会資料、
そしてインターネットでバレーボールを検索したり・・・
あらゆる資料を参考にして1月初旬に副会長にメール送信しました。
2月中には協会のHPにアップしたいと思っています。
これを機会に新規で多くのチームが
登録していただければありがたいと思っています。
また、協会に既に登録してあった人でも
勘違いをしていた人もいると思います。

ただ今鋭意作業中でございます。
どうかよろしくお願いします。

2017年1月24日 (火)

Aステージ大会@第4節

1月22日東部体育館でAステージ大会が行われました。
この日の結果でおおよそ降格チームが絞られます。
1~3節まですべて2勝2敗、順位もほぼ真ん中の10位。
初めて経験するトップカテゴリーでこの順位は予想外sign02
でも今回、油断をすると降格ラインに入ってしまう恐れがあるので
第4節はウチのチームにとって大切な大会でもあります。
しかも対戦相手は協会発足当時からAステージに君臨している
老舗2チームを含めて強豪ぞろい。
どう考えても正念場と考えるのが妥当です。

会場の準備をしていたら第1試合で対戦するチームが
欠席という朗報が入ってきました。
この日の目標も2勝2敗ですから労せず1勝をGETできました。
そのチームを含めて2チームが欠席・・・
淋しい限りですね。

結果は3勝1敗、69ポイント獲得しました。
順位も2段階昇進、シングルの8位まで上昇しました。
これでAステージ残留は確定しました。
今年度当初こんなにいい成績は予想できませんでした。
突出してすごい選手はいないし、
平均年齢もたぶん一番高いと思います。
でも一人一人の高い意識と一体感でここまでこれたと思います。

第5節も試合を楽しんで、笑っていけたらいいなと思います。

2016年11月24日 (木)

PTA大会

事情があって記事が大変遅くなりましたが、
11/3にこのはなアリーナでバルーンの
PTA大会が行われました。
正式名称は第11回静岡市立小中学校バルーンバレーボール大会です。
役員の集合時間は7:30だったけど
少し早く着き過ぎてコンビニで時間を潰しました。
会場入口に着いたら職員の人に
“バイクbicycleはあっちへ停めてください”と
室内練習場横に停めることになってしまいました。
これじゃあ車rvcarで行って駐車場に止めたほうがずっと近かったsweat01
バイクを専用駐輪場に置いてこのはなアリーナにに向かいます。
旧県営草薙体育館があったところはすでに更地となっていました。
なんか淋しさを感じましたねweep
色々なイベントで利用しました。
個人的にはこのはなアリーナよりも
いい体育館だった気がするのは僕だけでしょうか?

P_20161103_072607


それはさておき、まずは事務室で照明の時間や
使用する控室の事やネットを張るクランクや
アンテナを受け取ったり打ち合わせをしました。
準備は昨年よりも順調に進んだ気がしました。
今年は協会の名前が入った横断幕を
昇降式の棒にくくりつけて飾る事ができました。

P_20161103_135713


開会式も終わり、さあ大会の始まり、始まり・・・
私は本部役員として昨年よりも
本当に忙しく、あわただしく過ごすことになりました。
相変わらず忘れ物の問い合わせなどがありました。
迷子も一人・・・
無事に母親に渡す事ができましたshine

問題点もありました。
説明会の時にお弁当は試合をしていても
いつでも自分たちで対応できるようにしてください
とお願いしたのに連絡がつかなくて困った挙句に
本部に問い合わせる事が3件もありました。
そのチームがどこに陣取っているかは
全く分からないので対応のしようがありません。
本部は基本的に二人しかいないので
これには本当に困りました。

非常口から出入りしていると体育館のほうから指摘がありました。
非常口はあくまでも非常口で通用口ではありません。
普通に出入りしてはいけません。
館内放送と張り紙で注意を促しました。

その日の草薙は陸上競技場、野球場、ラグビー場で
催したあったのでこのはなアリーナ関係者とは分かりませんが、
競技場すご横にある○ース・フェースに
車を置くふとどき者がいるそうです。

優勝は葵小学校でした。
年々レベルが高くなっていくのが手に取るように分かります。
閉会式が終わってこのはなアリーナを去ったのが
6:30頃でしたので昨年よりも早くなったと思います。
この後見ているばっかりでプレーできない
欲求不満bearingになっていたSugichanは
夕食も取らずにチーム練習に参加しましたhappy01

来年もたくさんのチーム、選手の参加を願っています。
結果はこちら
http://www.s-bva.jp/pta_kekka.pdf

P_20161103_134544


P_20161103_135330

より以前の記事一覧