健康

2020年4月 3日 (金)

自腹

Aさんの会社は年2回の健康診断があります。
普通の会社は1回だと思うのですが、
実に丁寧な会社です。
その会社で今度は歯科検診がありました。
ただ、年2回の健康診断は無料なんですが、
歯科検診は2,000円かかるそうです。
それも強制的に・・・・
それなら歯医者に行った方が
安いかもしれませんが、
自ら進んで検診のために
歯医者に行く人は少ないでしょう。

Aさんが歯科検診を受けて結果は
なんと虫歯が4本もあったのです。
もちろん自覚症状は全くなかったらしいのです。
家に帰って奥様に報告したそうです。


今日の歯科検診で


虫歯が4本もあるって・・・



奥様は忙しいみたいで、
話半分で聞いているような態度です。


それで・・・?


近々歯医者に行こうと思うんだ。


ちょっとした間があって奥様はこう言ったそうです。



この時期に流行る



風邪とか、


インフルエンザとかならわかるけど




虫歯でしょう!?



それはあなたが


キチンと歯を磨かないからです。



自業自得、



自分のお小遣いで



払いなさい!!!

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

コロナウィルス その1

最近流行りのコロナウィルス。
遂に静岡市でも患者が出てしまいました。
あのクルーズ船の乗客だった人です。
検査で陰性とされ下船して
公共の交通機関で帰宅したそうです。
ところがその人は帰宅した翌日に
スポーツクラブに行ったそうです。
そればかりでなく近所のドラッグストアとか
病院にも行ったそうです。
(場所も特定できますが、ここはあえて伏せておきます。)
たとえ検査で陰性と判断されても
病原菌が体の中に全くいないとは限らないのです。
陽性と判断されない程度に体の中に
潜んでいる可能性もあるからです。
だから2週間程度は家にいなければならないと思うのです。
2週間以上も船内の抑圧された中にいて
ようやく解放されて、羽を伸ばしたい気持ちも
わからないではありません。
でも拡散する可能性があれば最大限の努力をすべきです。
この件で最も大きな被害を受けたのは本人ではなく、
本人が行ったドラッグストア、スポーツジム、病院、
家族に大きな迷惑と損害を与えたと思います。
スポーツジムは新聞に大きく写真とともに
一面に掲載されていました。
多分ドラッグストアもスポーツジムも
損害賠償を請求できないと思います。
その人が原因で人が来なくなり、売り上げが落ちて、
風評被害を被ってもそれを実証できないからです。
その本人も某会社の社長というではありませんか⁉
(その会社もわかっています。)
もしかしたらその会社の売り上げにも影響があるかもしれません。

一刻も早く終息してほしいですね。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

恒例行事

いよいよ恒例行事の時期になりました。
これが終わらないとボクの春はやってきません。
そう、花粉症。
先週からムズムズとなってきて、
18日に発症の日を迎えてしまいました。
一番タチが悪いのは鼻水。
自分の意志と関係なくダラッと流れてきます。
それも止めどなく水のように流れるから
止めようがないし、鼻をかんでもかんでも追いつかない。
ひどい時は2週間くらいで
ティッシュひと箱なんて事もあるくらいです。
それとくしゃみ。
風邪のくしゃみと違うのは
つ~~~んと鼻が痛くなって
大きく息を吸い込むからくしゃみの声が大きい。
これから鼻のかみすぎで頭が痛くなったり、
ボ~~~ッとしたり・・

早く時期が過ぎるのを待つしかありません。
ボクは一切市販薬を飲んだり、
医者には行きません。
自力で、自然治癒力で毎年乗り切っています。
今年も頑張るぞい‼

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

安心!?

Aさんは糖尿病です。
糖尿にも二通りあって1型と2型。
簡単に言うと前者は遺伝、
後者は生活習慣によって発症するものがあります。
Aさんは1型。
1型は発症年齢が低くて体形は痩せているか普通。
日本人の多くは2型が約90%を占めているそうです。
糖尿病の怖さは自覚症状があまりないことと
合併症を引き起こすことです。
Aさんもそのせいかまだ50代前半というのに
歯がボロボロで上の前歯は1本しかありません。
インスリンを自分で打っていますが、
即効性ではなく、復活するのに
2時間近くかかることも珍しくないそうです。
だから車の運転中に調子が悪くなると
事故になりかねないほど危ないそうです。

そのAさんの席のBさん。
時々顔色がよくなかったり、
調子が悪そうだったりすると落ち着かないそうです。
でも糖尿病は伝染性の病気ではないので
席が隣だからってうつることは決してありません。
でもそんなAさんを見ていると
やっぱり落ち着かないそうです。

病は気から・・・!?

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

検診、おまけ

腰の手術をして早1年と半年が過ぎました。
今は検診が半年ごとになりました。
5月某日検診にいた時のことです。
腰のほうは順調ですね。
まあ疲れがたまったり、
重いものを持つ作業が多くなると
それなりに痛くはなりますが、
以前のようなひどい状態にはなりません。
経過順調といったところでしょうか?

ところが検診の2週間ほど前から
右手、左手に異常がみられるようになりました。
右手は中指の甲側の第一関節に膿がたまり始めました。
日を追うごとに成長していきました。
半球状に直径約1㎝ほどまで大ききになりました。
手の皮の間で成長するのでそんなにひどくはありませんが、
チクチクとした痛みを感じることがありました。
この手の症状になったらいつも自分で針や
カッターで穴をあけて自分で出しますが、
今回はどうも深いところで溜まっているようで
かなり皮が厚いようでなかなか穴をあけることができません。
ボクもおっかなびっくりしながらですからできないわけです。
左手は手のひら側の中指の根本付近が膨らんできました。
こっちは全くと言っていいほど痛みを感じることはありません。
検診のついでに主治医に見てもらおうと算段したわけです。

まずは腰。
いつの通り放射線科に行ってレントゲンを撮って整形外科に。
もちろん経過順調のお墨付きをいただきました。

次に右手
見た瞬間〇〇だってい言ったのです。
すみません、忘れてしまいました。
早速ベッドに寝て両手を伸ばして施術。
見えないのでなにをしたかはわかりませが、
膨らんだ膿に何らかの道具で穴をあけてたのです。

これは液体状ではなくてゲル状に近いので

押し出さないと出ないので、

少し痛いかもしれませんが

我慢してください。

痛みの刺激にはとっても弱いSugichan。
いたた~~~ぁ
となるべく小声で叫びました。
大の大人がこれくらいのことで声を上げるのは
非常にハジなことです。
術後、女性の看護師が絆創膏を貼ってくれたけど
これが全くツキが悪くてすぐにとれてしまった。

P_20190525_153639-1 P_20190524_105818-3

最後に右手。
驚いたことに後日改めて来院してMRIを撮ることになりました。
MRI自体は何度も経験しているので何ら問題はありませんが、
そんなにひどいのか、骨が異常なのか・・・・?
7月にまた病院にGO!
そして二日後に結果判明。
寄る年波のせいか・・・

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

からだ

昨年の7月に頭の手術で入院したSugichan。
当時の症状が後遺症として残るかもしれないと言われました。
術後半年を経過した今は・・・
頭(片頭痛)、口(うまくしゃべれない)、
頬(右頬の違和感)、右手(しびれ)、ヒザ(力が入らない)
の症状がありました。
これらの症状は手術をしてすぐにほぼ完治しました。
最後まで残っていたのが右手、右腕のしびれでした。
これはあきらめ状態で一生付き合っていこうと思っていました。
血行が悪くなってしびれるあのしびれと一緒で、
不定期にビリビリと感じていました。
その後何回か検診があって担当医も
後遺症が残ることは否定しませんでした。

最近、ふと感じたことがあります。
思い出したように・・・
しびれがだんだん少なくなってきていることを。
間隔が少なくなってきているし、
しびれの度合いもだんだん軽くなってきていました。

それは今年になってほぼ気にならない程度まで回復していました。

自分の体の異変を感じて、すぐに医者に行って、
医者は大したことがないと言っていても
半分無理やりCT検査してもらって症状が発覚。
今度は医者がすぐに手術をしないと命にかかわると言われ、
1週間後に入院手術。

ボクなりの結論は体に異変を感じたらすぐに医者に行く。
自分の納得する結論までに至るまで医者と交渉するということです。
これくらいなら我慢できる、まだ大したことがない、
医者に行くのがめんどくさい、放置しておけば自然に治る・・・
もう無理の利かない、棺桶に半分足を突っ込んでいる年齢だからこそ、
早め早めに医者に行って結論が何事もないって言われても
結果オーライと思うことだと思います。
今は昔と比べて有給休暇を取りやすい雰囲気になっています。
そこは一発決心して、一念発起して行くべきです。
自分一人の体ではない、家族の大切な一員として
そこは守るべきマナーのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

裏技?

前回インフルエンザについて書きましたが、
意外な事を知りました。
なんと、予防には歯磨きが有効という事を!!
口の中の細菌がインフルエンザを
促進する可能性があるらしいのです。
詳しい事は理解できないのですが、
ボクにとっては朗報なのです。
というのもボクは一日3回歯を磨くからです。
朝、夕に磨く人は多いと思いますが、
会社での昼食後に歯を磨いているのです。
磨きだした当初はボクを含めて10人弱くらいいましたが、
今は3人くらいになってしまいました。
その一人がインフルエンザにかかってしまったので
その信ぴょう性は不確かなものがありますよね。

磨きだしたきっかけは当然のごとく虫歯予防と、
子どもの頃は歯磨きが嫌いだったのと
歯並びが悪かったので、しょっちゅう歯医者に通っていました。

スポーツマンは歯が命と思ったからです。
おかげさまでここ数年来は歯医者は
以前に虫歯で治療した詰めたものが
取れていった以外は行った事がありません。

意外な事実を知って余計にしっかり歯を磨こうと思いました。
歯の隅々までじっくり時間をかけて磨くようにしなくちゃ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

猛威

インフルエンザが猛威を振るっていますね
うちの会社も例に漏れず、
先週は月曜日から始まって
火曜日、水曜日と次々に
朝一に当欠(当日欠席)の電話があって、
ついに1割に当たる5人が休んでしまいました。

基本的に二人か三人のグループで仕事をするので
人員の配置に苦労しています。
もちろんこれだけ休むと、仕事量を減らさなければ
とても、とてもこなせなくなってしまいました
後回しにした仕事も近々にやらなければならず、
一刻も早い復帰を期待しています。
でもそこはインフルエンザ。
熱が下がって2,3日過ぎないと出社できませんから、
あきらめの境地です。
テレビを見ていたら警報レベルを超えてしまったとか。・・・
しかも静商(静岡商業高校)ではクラス閉鎖ならぬ
学校閉鎖になってしまったとか・・・

インフルエンザは3年連続にかかったことがありますが、
本当に苦しんだ思いでしかありません。
40度近い熱、痙攣するほど体が震える。

お~~い早く復帰してくれよ~~~~



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

別荘ライフ 再び

復活①~③の続編です。

結果は再び入院、手術となりました。
半年ちょっと(約8ヶ月)の間に2回の手術、
1月には交通事故と不幸を一人で背負った感じです。
病名等はこの場では控えさせていただきます。
術後の経過にもよりますが、10日間の入院となります。

実はMRIの結果を見て医者は即入院、
翌日手術を言ってきました。
軽い気持ちでMRIを撮ったのに
心の準備、気持ちの整理が全くできません。
もちろん薬で治る病気ではなく、
手術しか治す手段はない病気なのです。
時間が経過すればするほど症状は悪化するのです。
場所が場所だけに心配は大きいのです。
腰の手術前と気持ちは同じです。
今更ジタバタしたって何も解決しないし、
手術としてはごく初歩的で簡単な手術らしいので
その点では安心しています。

15日にSステージ大会のメンバーのチームがで参加する
フレンドリー大会があります。
それに参加できないのは本当に残念でなりません。
医者にその事を告げたら


命の保証はしない



と、はっきり言われました。


床やメンバーに


ぶつかったりして


頭に強い刺激があると


即死も覚悟しなさい




もちろんバイクも禁止です。
これは決して脅しでもなんでもありません。

楽しい別荘ライフを送ってきます。
今度はタイトルを前回の入院日記から
別荘ライフにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

復活③

整形外科の先生の衝撃的な言葉で
かなりショックを受けてしまいました。
年齢的になってもおかしくないし、
自分自身「もしかして?」という不安は感じていました。
でも医者からあえて言われると正直落ち込んでしまいました。

銀行や買い物に行くつもりでしたが、
バイクを運転中に脳梗塞が起こってしまったら・・・
当然のごとく考えましたが、
ここは開き直るしかありません。

用事を済ませ、昼食を済ませて再び神経内科に。
幸いなことに午後の診察は3番目。
あまり待たないで名前を呼ばれました。
診察室に入ると先生が待っていました。
この人、年齢は70歳後半から80歳くらいのおじいちゃん。
話し方がすごくゆっくりだけど、
なんか一言一言に含蓄があっていやし系の人でした。
こちらがちょっとした冗談を言っても
まともに返してくるので全く冗談が通じません。

一過性の脳梗塞ってあまり?(ほとんど?)ないような事を言っていました。
MRIを撮れば仮に脳梗塞になって治っても
痕跡が残るので大事をとって7月5日に撮ることになりました。
交通事故の時に撮った写真を見たけど
異常は見られないようでした。
たぶん心配ないと思うけど、どうするかどうか聞かれたけど、
心配性のボクは念のためもあって撮ることを決断しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧